半数が仕事でハラスメントを受けた経験あり - パワハラは何割?


日本労働組合総連合会はこのほど、「働き方に関するホンネアンケート」の結果を明らかにした。同調査は4月27日・28日、「ニコニコ超会議2019」に出展し、連合ブースに来場した1,232名を対象に実施したもの。

我慢できる残業時間は月に何時間までか尋ねたところ、最も多い回答は「11~40時間」(37%)だった。次いで「1~10時間」(33%)、「41~80時間」(12%)、「0時間」(11%)となっており、8割以上もの人が我慢できる残業時間は40時間以下と回答していることがわかった。

給料や雇用形態が原因であきらめていること、不安なことについて聞くと、「自分の老後」(32.3%)が最も多かった。2018年調査時に5位だった「不安はない・給料に満足」(25.0%)が2位に急上昇している。

仕事上でハラスメントを受けたことはあるか尋ねると、47.3%が「受けたことはない」、31.0%が「パワハラ」、13.7%が「お客様・取引先などからの暴言等」、4.7%が「セクハラ」と答えた。

職場で困ったことを相談できる相手を尋ねたところ、1位は「同僚」(25.1%)、2位は「家族」(22.8%)となった。18.6%は「いない」と答えている。

解決したい仕事の悩みについて聞くと、1位は「低賃金」、2位は「長時間労働」、3位は「ハラスメント」、4位は「相談相手がいない」となった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ