25歳の美人プロゴルファー大山亜由美さん死去。夢は賞金女王と20年東京五輪出場だった。

ViRATES

2019/5/17 10:12

画像出典:大山亜由美公式Instagram 

女子ゴルフの大山亜由美さんが16日午後、がんのため鹿児島市内の病院で家族に見守られながら亡くなった。25歳の若さだった。

2015年のプロテストに合格し、東京五輪に出場と賞金女王になることをずっと夢見ていたという。

鹿児島市出身の167センチの長身美人ゴルファーとして注目を集め、大手芸能事務所・オスカープロモーションと異例の所属&芸能マネジメント契約を結んだ。

16年1月の契約会見には事務所の先輩で女優の剛力彩芽と、俳優の金子昇も駆けつける破格の待遇だったという。

レギュラーツアー通算9試合、下部ツアー通算42試合出場で、昨年3月以降の試合から離れていた。

関係者によると『この1年は苦しい闘病生活』だったそう。

最近では自身の公式instagramで『マスターズ』で復活優勝したタイガー・ウッズの写真を投稿し祝福をしていた。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー
画像出典:大山亜由美公式Instagram 
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ