俳優・松坂桃李が変わり者すぎる ノブコブ吉村「しっかり変態」「本当にヤバイ」

しらべぇ

2019/5/17 10:00




人気カードゲーム『遊戯王 デュエルリンクス』ガチ勢であり、趣味は漫画。インドア派で地味な生活を過ごしていることでも有名な俳優・松坂桃李が、16日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に登場した。

この日は松坂の残念すぎる私生活が暴露され、大きな話題を集めている。

■メールを返さないタイプ


下積み時代の貧乏生活を経て、今でもロケ弁や飲み物を持ち帰るなどケチな一面も明かされた松坂。さらに驚きの私生活が暴露されていく。

友人の間でメールの返信が遅いと話題になっていた松坂に、高校の担任だった恩師は「担任の俺にならすぐ返信があるだろう」と思いメールを送ってみることに。映画やドラマの長文の感想を送ったが、「まったく返信がなかった」ことを明かす。

さらに保育士の友人も、保育園の園児たちが松坂の出世作・スーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』の主題歌を歌い踊る様子を松坂に送ったものの、一切返信はなかったという。

これらに松坂は「一言で返すのは申し訳ないと、いろいろ考えているうちに忘れた」と理由を吐露。周囲は「ほんとうにヤバイ」とドン引きしていた。

■打ち上げに参加しない理由


高校時代、松坂主演のスライドショームービーを文化祭で披露、文化祭も無事終わり打ち上げに行くことにしたクラスメイト達は松坂を誘った。しかし松坂は、「犬の散歩がある」という理由で打ち上げに参加しなかったことが暴露される。

3人姉弟の松坂は「家事が姉弟で当番制。犬の散歩は1日3回行かなければならずそこはちょっと外せなかった」と断った理由を告白。

これに平成ノブシコブシ・吉村崇らから「あんたしっかり変態だよ」とツッコミが飛んだ。

■視聴者は好印象


さらに「細かすぎる20の結婚の条件」なども明かされ、変わり者俳優としての地位を確固たるものにした松坂に、視聴者からもさまざまな感想が寄せられている。











NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』で注目を集め、日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を獲得するなど俳優業も順調の松坂だが、単なるイケメン俳優に留まらない個性は視聴者に好印象だったようだ。

■オタクは人気?


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,348名を対象に調査したところ、2割が「普通の人よりオタクの人のほうが魅力がある」と回答した。
((C)ニュースサイトしらべぇ)
イケメン俳優でありながら、オタク趣味を明かしている松坂は幅広いファン層を獲得している。「ただのイケメンじゃない」、そのギャップが松坂の大きな魅力なのかもしれない。

・合わせて読みたい→松坂桃李がキレた「俳優H」を実名告白 ネットでは賞賛の声も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ