賀来賢人「共感できる役ではなかった」『死命』撮影を振り返る


俳優の賀来賢人が出演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『死命~刑事のタイムリミット~』が、19日(21:00~23:05)に放送される。

このドラマは、作家・薬丸岳氏の小説『死命』がを初めて映像化するもの。賀来が演じるのは、病で余命宣告を受けたデイトレーダー・榊信一。命のタイムリミットに直面した彼は、抑え込んできた殺人衝動に忠実に生きると決め、連続殺人に手を染める。

賀来は「榊は普通の人とは感覚が違うので、すごく難しい役でしたし、なかなか共感できる役ではなかったんです」と明かし、「だからこそ逆に、彼の心理を毎シーン想像しながら、すごく丁寧に作っていけた気がします。今回に関しては“その人になりきる”というやり方ではなく、台本を読んだときに僕自身が体感した恐怖みたいなものを、すごく大事にしながら芝居に乗せるような作業でしたね」と振り返った。

今回、『今日から俺は!!』と真逆の役どころを演じる賀来。「やっぱり難しいですよ。というか、どんなキャラクターの役も全部つらいです(笑)。それくらい、役を作っていくのは大変なんですよ。台本を覚えて、自分と全然違う人物に息を吹き込むわけですから…。楽な役はひとつもないです!」と語る。

また、「実は撮影で首を絞めた後、家に帰ったら、妻と子どもが楽しそうにしていて…。癒やされると同時に、あまりに環境のギャップがすごすぎて(笑)、変な気持ちになりました。そのくらい精神的なダメージの大きい役だったので、大変でしたね」とも。

共演の吉田鋼太郎については、「実は今回、鋼太郎さんとはあまりご一緒するシーンがなかったんですけど、最後に直接対決するシーンでの緊張感、鋼太郎さんと対峙したときの圧たるや…! 芝居のアプローチを含めて、改めて本当にすごい方だなと思いましたね。とにかく、圧がすごい(笑)! 僕もその圧を受けることで、鋼太郎さんに引き出していただいた部分がたくさんあるし、すごくいい勉強になりました」と感謝。

続けて「でも、鋼太郎さんも普段、控室で話しているときはものすっごいフラットなんですよ! その切り替えもまたすごいな、と思いましたね」と評した。

そして、「どのシーンもドキドキハラハラするサスペンス作品であると同時に、人間ドラマとしてのスケールがすごく大きいので、見た後にすごく考えさせられる作品になってると思います」と見どころを語り、「特に、鋼太郎さんと僕が面と向かって対話するシーンは、時間的にはホントに短いけれど、自分が最も集中したシーン。“あっちがこう来たら、僕はこう返そう”という理屈が通用しなかったシーンというか…記憶が曖昧なくらい集中できたシーンでした。そのシーンが視聴者の皆さんにどう届くのかなって、楽しみです」と呼びかけた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ