賀来賢人、先輩・吉田鋼太郎の色気にコロリ!?「いい匂いがする」と絶賛

テレビドガッチ

2019/5/17 05:00

5月19日(日)21時から放送される吉田鋼太郎と賀来賢人が扮する刑事と殺人犯の衝撃と感動の人間ドラマスペシャル『死命~刑事のタイムリミット~』(テレビ朝日系)。このほど、賀来からコメントが到着した。

「天使のナイフ」「友罪」「悪党」「刑事のまなざし」「Aではない君と」など、映像化もされた話題作を次々と生み出してきた作家・薬丸岳の小説「死命」が、ついに初ドラマ化。最期まで正義の道を貫き通そうと決めた刑事・蒼井凌(吉田)、そして最期にずっと抑え込んできた“殺人衝動”を解き放とうと決めた榊信一(賀来)。互いに病で余命宣告を受け、自らの死と隣合わせ状態の中、正反対の“使命”を見出した男たちが織りなす壮絶な追走劇。

大ヒット主演ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でのぶっ飛んだコメディ演技から一転、狂気と繊細さが同居するシリアスな芝居で、役者としての存在感を見せつける賀来が、撮影時の心境からプライベートの話までを赤裸々に語る。

――先日、主演の吉田鋼太郎さんが「賀来賢人はすごい!」と、お芝居を絶賛されていました。

ホントですか(笑)!? うれしいですね! そんなこと、会ったときには全然言ってくれないのに(笑)。

――ご自身の中でも手応えはありましたか?

う~ん……榊は普通の人とは感覚が違うので、すごく難しい役でしたし、なかなか共感できる役ではなかったんです。だからこそ逆に、彼の心理を毎シーン想像しながら、すごく丁寧に作っていけた気がします。今回に関しては“その人になりきる”というやり方ではなく、台本を読んだときに僕自身が体感した恐怖みたいなものを、すごく大事にしながら芝居に乗せるような作業でしたね。

――殺人衝動に抗えず、ターゲットを探して夜の街をさまようときなど、榊の目の表情に思わずゾクッとしました。演じるにあたっては、どんなイメージをもって臨まれたんですか?

榊は自分の死が迫る中、常に焦燥しているんです。だから街をさまようときは、人間の怖さといった強いベクトルよりも、人間の脆さや弱さを大事にしてましたね。殺人のシーンを一日にまとめて撮影したんですよ。そのときは、ものすごくつらくて苦しい気持ちになって…。榊を演じる上で、そのときの感覚は大事にしようと思いました。

――殺人のシーンの撮影を1日にまとめるとは……スタッフもドSですね!

ホントおかしいんですよ、この作品のスタッフは(笑)! でも、それくらいの勢いでやっていただいたので、逆に榊のスイッチが入ったというか……。榊という人間の弱さを理解できるようになったんです。

――『今日から俺は!!』の影響もあって、世間的に今は“賀来賢人=コメディ”という印象が強いと思いますが、今回は真逆の役どころですよね。シリアスな役だからこその難しさはありましたか?

やっぱり難しいですよ。というか、どんなキャラクターの役も全部つらいです(笑)。それくらい、役を作っていくのは大変なんですよ。台本を覚えて、自分と全然違う人物に息を吹き込むわけですから……。楽な役はひとつもないです!

――榊はそういった役作りのつらさに加え、役の設定自体のつらさもあるわけですよね。

そうなんですよ。実は撮影で首を絞めた後、家に帰ったら、妻と子供が楽しそうにしていて……。癒やされると同時に、あまりに環境のギャップがすごすぎて(笑)、変な気持ちになりました。そのくらい精神的なダメージの大きい役だったので、大変でしたね。

――芝居とはいえ、殺人を犯してしまった罪悪感も?

それはやっぱり、ありますよ。「でも、仕事だしな!」と思って(笑)。僕、この仕事には切り替えが大事だと思うんですよ。実際、僕が尊敬する先輩方は「直前までバカ話をしていても、本番に臨めるのが真の俳優だ」という人が多いし、僕もその感覚がすごく好きなんです。

――今回、吉田鋼太郎さんとも『今日から俺は!!』や現在放送中のCMとは毛色の違う作品・役柄での再共演となりましたが、いかがでしたか?

場数にしても、経験値にしても、オーラにしても、吉田鋼太郎さんはちょっとスケールが違う役者さんというか、自分にはない引き出しをたっくさん持ってらっしゃる方なんです。実は今回、鋼太郎さんとはあまりご一緒するシーンがなかったんですけど、最後に直接対決するシーンでの緊張感、鋼太郎さんと対峙したときの圧たるや……! 芝居のアプローチを含めて、改めて本当にすごい方だなと思いましたね。とにかく、圧がすごい(笑)! 僕もその圧を受けることで、鋼太郎さんに引き出していただいた部分がたくさんあるし、すごくいい勉強になりました。でも、鋼太郎さんも普段、控室で話しているときはものすっごいフラットなんですよ! その切り替えもまたすごいな、と思いましたね。

――逆に、ちょっと意外な部分を発見されたりはしましたか?

意外ではないんですけど、今回分かったのは、いい匂いがするなってこと(笑)。鋼太郎さんってイタリア人みたいな、ダンディで、いい匂いがするんですよ。これは視聴者の方には伝わらないかもしれないので、ここで言っておこうと思って(笑)。

――賀来さんもコロッといっちゃいそうなくらいの匂い?

そうです! カッコいい大人の色気が漂ってました。鋼太郎さんは包容力もあるし、優しいし、仕事モードに入るとクッとなるし……ホントにカッコいいです!

――今度、鋼太郎さんとガッツリ共演する機会があるとしたら、どんな役で共演したいですか?

何ですかね!? 最初が親子で、次が刑事と犯人でしょ。(しばらく考えて)……あ、それこそ中尾(明慶)さんが演じられていた蒼井の部下・矢部みたいな感じで、僕が部下、鋼太郎さんが上司という関係で共演してみたいですね。すごく楽しそうな予感がします。

――ちなみに、榊はずっと抑えてきた殺人衝動を解き放つという役どころですが、賀来さん自身が今抑えている衝動は何かありますか?

“東京から離れたい!”という衝動です。移住ではなく、海とか外国とか“1回どこかへ旅に出かけたい”という欲が最近強いんですよ。もともと旅とかは好きじゃなかったんですけどね。ただ、最近はありがたいことに忙しくさせていただいて、アウトプットが続いているので、ちょっと息抜きしてインプットする時間も必要だなって。ただ、なかなか休めない(笑)! だから、今は衝動を抑えながら、「いつかすごい旅をしてやる!」という思いをモチベーションに、仕事を頑張ってるんです。

――では最後に、『死命』の見どころと、絶対に見てほしいシーンを教えてください。

どのシーンもドキドキハラハラするサスペンス作品であると同時に、人間ドラマとしてのスケールがすごく大きいので、見た後にすごく考えさせられる作品になってると思います。特に、鋼太郎さんと僕が面と向かって対話するシーンは、時間的にはホントに短いけれど、自分が最も集中したシーン。“あっちがこう来たら、僕はこう返そう”という理屈が通用しなかったシーンというか……記憶が曖昧なくらい集中できたシーンでした。そのシーンが視聴者の皆さんにどう届くのかなって、楽しみです。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ