中村倫也、ウィル・スミスの登場に興奮 熱い抱擁交わす<アラジン>

モデルプレス

2019/5/17 01:04

【中村倫也/モデルプレス=5月17日】俳優の中村倫也が16日、都内にて開催された映画「アラジン」(6月7日公開)のマジック・カーペットイベントに、米俳優のウィル・スミス、作曲家のアラン・メンケン氏、プレミア吹替版の声優を担当した山寺宏一、木下晴香、北村一輝と登壇した。

◆中村倫也、ウィル・スミスと軽快ステップ披露



イベントでは、メンケン氏のスペシャルライブが行われたが、途中でスミスが登場し、メンケン氏とスミスによるスペシャルコラボライブに。さらに、ダンサーとマーチングバンドも加わり、豪華なパフォーマンスも行われた。

パフォーマンスの途中で、青年・アラジンの日本語吹替を担当する中村ら日本人キャストたちも登壇。中村はステージ上で、スミスと向かい合って軽快なステップを披露し、スミスと熱い抱擁を交わした。

◆中村倫也、ウィル・スミス登場に興奮



ライブとパフォーマンスを終えると、スミスは、「本当に興奮しています」とにっこり。メンケン氏のスペシャルライブへの参加については、「アラン・メンケンさんとさっき決めて、急に僕が登場することになったので、ビックリしています」と興奮冷めやらぬ様子。MCからは思わず、「スタッフもビックリしていました」との声も。

中村は、メンケン氏とスミスに「今日は、ありがとうございました」と感謝。「日本のファンのためにこれだけのことをしてくれるアランとウィルは、みんなにとって『最高の友達』といってよいのではないでしょうか?」と呼びかけると、会場から大きな歓声が沸き起こった。そして「(イベントが行われた)恵比寿がこんなにはしゃいだ夜はないのではないですか。楽しかったね!みんな大満足でよかったです」と笑顔を弾けさせていた。

◆映画「アラジン」



同作は、映画史に残る珠玉の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだ名作アニメーション「アラジン」を、ディズニーが想像を超える空前のスケールで実写映画化。胸躍る冒険と真実の愛を描いた、豪華絢爛なエンターテインメントとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ