菊地亜美、第1子の予定に言及

モデルプレス

2019/5/17 00:47

菊地亜美/モデルプレス=5月17日】お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建とタレントの菊地亜美が16日、都内で行われたイベントに出席した。

◆菊地亜美、キル・ビル風衣装姿お披露目



イベントでは、和太鼓パフォーマンスやマグロの解体ショー、殺陣パフォーマンスなどが行われ、刀を持った男たちに囲まれた菊地は「最近痩せたから、私が助ける」と、突如浴衣を脱ぎ捨て、キル・ビル風の衣装に変身したが、男たちに立ち向かうことなくステージの裏へ逃げて行くという寸劇を披露。

イベント後の囲み取材で、キル・ビル風の衣装を着た感想を聞かれた菊地は「最初(キル・ビルを)知らなかったんですよ。これ、ジャッキー・チェンかと思って」と打ち明けると、渡部から「ジャッキー・チェンじゃなくてブルース・リーね。それ間違えてるから。ジャッキー・チェン着ないですよ。今日はいろいろと間違いだらけですけど大丈夫ですか?」と突っ込まれ、菊地は「こんなに大掛かりなイベント初めてだから緊張しちゃったのかもしれない」と苦笑していた。

◆菊地亜美、第1子の予定に言及



囲み取材では、新元号・令和になっての抱負を尋ねられると菊地は「令和ってこれからずっとじゃないですか。なので令和には子どもとか授かれたらなと思います。(夫には)今は全然言ってないですけど」と目を輝かせ、渡部の息子が8ヶ月と知ると「そんなのいたら大変。早く家に帰りたくなっちゃいますね」とコメント。

実際に、同イベントはこの時点で30分以上押していたが、渡部が「イヤイヤ、僕は仕事を一生懸命やります。一緒にしないでください」と反応すると、菊地は「私も早く帰りたいなんて思ってないです。私は子どももいないし、あと1時間でもできるし」と焦り気味に態度を急変させ、笑いを誘っていた。

◆菊地亜美、夫との夫婦エピソード明かす



また、最近スカッとしたことを質問されると、菊地は「旦那さんが関西弁で、普通のときは関西弁をなんとも思っていないんですけど、ケンカするときはすっごい嫌なんですね。関西弁の方が思ったことバーって言えるイメージで、私も言いたいのにまくし立ててくるんですよ。なので『怒ってるときは関西弁やめて』って言ったんです」と明かし、「そうしたら最近、すごくつたない標準語で言ってくるので、そのときは標準語VS標準語だったら私が勝つからスカッとします」とエピソードを披露。

同じ質問に渡部は「3・4日前にコンビで仕事をして、児嶋(一哉)が司会の人から『大島さん』って言われて『児島だよ!』って言ったんですけど、そんなにウケなかったですよ。ヨシと思いましたね」と笑顔を見せ、「とうとう終わるぞ、この時代が。もうウンザリなので。8年くらいやっているので、いよいよ陰ってきたなって。スカッとしましたね」と目を輝かせた。

ダイエット成功の菊地亜美、現状は?



さらに、最近ダイエットを成功させた菊地は、体型維持のためにやっていることについて「3食しっかり食べて、お腹が空いたときに炭酸水を飲むというのをすごくやっていて、普通のお水を飲むよりお腹にたまりますし、食べるよりもカロリーもないので、普通に飲んでいましたね」と告白。

リバウンドはしていないか聞かれると「ないんです。今も続けていますし、CMに出るために『わざと太ったんだろ』って言われるので、見返そうと思ってリバウンドはしていないです」と胸を張った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ