豊島将之二冠、平成生まれ初の名人なるか 1日目が終了 佐藤天彦名人が封じ手/将棋・名人戦七番勝負第4局

AbemaTIMES

2019/5/16 18:43



 将棋の名人戦七番勝負第4局が5月16日、福岡県飯塚市の「麻生大浦荘」で行われ、佐藤天彦名人(31)が74手目を封じ、1日目を終えた。2日目は午前9時に封じ手から再開する。

同シリーズは第1局に千日手による指し直しもあった中、名人初挑戦の豊島将之二冠(29)が、4連覇を目指す佐藤名人に3連勝。あと1勝で平成生まれの棋士としては初、さらに渡辺明二冠(35)以来となる、史上9人目のタイトル三冠達成となる。過去76期行われた名人戦七番勝負で、出だしから3連勝した棋士は必ずタイトルを獲得している。他のタイトル戦七番勝負を含めると、3連敗4連勝でタイトルを獲得した例が2つある。両者の対戦成績では、豊島二冠が14勝6敗と圧倒。現在は7連勝している。

持ち時間は各9時間の2日制で、先手は豊島二冠。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。

(C)AbemaTV

▶第77期 名人戦七番勝負 第四局 2日目 佐藤天彦名人 対 豊島将之二冠

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ