その服、死んでますよ?穴あきGパン、まだ履いてるとかありえない!GUの神デニムを即GETしなくちゃ!!!

モテモテだったあの頃の、あの服……。

いわゆる“全盛期のド定番キメ服”、2019年の今じゃ、もう時代遅れなんです!そんな、もう死んでしまったファッションをプロが華麗にチェンジ!!
流行りを抑えた今ドキアイテムの選び方を伝授しちゃいます。
しかもプチプラ価格ですよ~!

某マンガにちなんで、★7つでアイテムをチェックしました!

(執筆/スタイリスト 森田文菜 イラスト/チャン・モリモト

今回のアイテム「クラッシュデニム」

デニムといえばオールシーズン着られる万能アイテム。ですが毎年微妙にシルエットやデザインがアップデートされています。

少し放置しただけでも「あれ?これってもう時代遅れ?!」なんてことに陥るナンバーワンアイテムでもあります。

とりわけ一斉を風靡した穴あきがポイントのダメージやクラッシュデニム。

某歌姫や某モデルさんたちがクールに履きこなしていたあのデニムで攻める姿勢に憧れた女子多数!

筆者も例に漏れず、肌がこれでもかと露出するようなものを履いていました!履くときにクラッシュ部分に脚が引っかかって、履くのに無駄に時間がかかりました……(それで新しい穴が開くのも味!なんて時代でした……)

notクラッシュ!時代はきれいめに舵を切っているんです!

デニムに限らずの話ですが、今ファッションは全体的に上品なものが主流。

じわじわと再び注目されている古着でさえ、状態が良いものが求められる時代。ボロボロ、クタクタなデニム、すなわちクラッシュデニムはnotトレンド!

さらに見た目もあまり清潔感をあたえず、マイナスな印象をプラスしてしまうなんて悲劇も生んでしまいます。

というわけで、いつものあのお時間です。

「ぎゃーーー!!!」(履いていたデニムの穴あき部分を必死で隠す編集部員)

デニムでもきれいめに履ける&着こなすのが“今風”!な令和元年。

「穴あきなし。シルエットはストレート」が旬デニムの特徴

さて!お待たせしました!今乗り換えるべきデニムはきれいめに履けることが必須であることはわかったけど、どんなポイントを見て選べば良いのか?

ズバリ見るべきポイントは3つ。

・穴あき、過度なブリーチ(色褪せ)がない
・ぴったり脚のラインが露出しないストレートシルエット
・ハイウエスト

これらのチェックポイントを満たしたデニムはきれいめに履け、コーディネートできること間違いなしです!

上記のポイントを全ておさえ、さらに驚くほどプチプラでゲットできるデニムをご紹介。

それが、GUの「ハイウエストストレートジーンズ」(¥2,490+税)

高見え度:★★★★★★☆
今っぽ度:★★★★★★☆
着まわし度:★★★★★★★
※★の数が多いほど、評価が高い

“神デニム”とウワサのGUデニムは本当に“神”だった!

こちらは発売後、各メディアやSNSで話題になったもの!
脚のラインを拾わず、それでいてワイド過ぎない筒のようなシルエットが絶妙に細見え効果を生んでくれる美脚デニム

さらに今やボトムスのマストデザインであるハイウエストでスタイルアップも叶えてくれます。

ぽっこりお腹などウエスト周りが気になる人はいつもよりワンサイズアップさせてお腹をすっぽり入れ込むようにするとあら不思議!

お腹がスッキリ見えるではありませんか!

また、後ろポケットの位置も高めに設定されているのでお尻周りが気になる人も安心。

ヒップアップ効果も高いんです。

サイズがインチではなく、S・M・L展開なのですが、このアルファベットに縛られることなく、とりあえず試着してみて気になる部位をチェックし、きれいに見えるシルエットのものを選ぶのが自分にとっての神デニムを手に入れる近道です!!!(サイズは他人にはバレません!笑)

またカラーは色落ちが全くないネイビーが最も細見え&高見えしますが、春夏でしたらインディゴブルーもあり。

このくらい控えめな色落ち感なら上品なラフさを演出できます。

あれこれ考える必要なし!オンオフ使えるきれいめなカジュアルコーデが簡単に完成!

履くだけで今っぽい雰囲気が出せるので複雑なコーデを考える必要がないのがこのデニムのスゴいところ。

また、トップス次第でオンオフ使えるところも神的ポイント!

きれいめな白ブラウスヒールを合わせればデートもOKなオンコーデに。

レースやリボンなどガーリーなディテールのトップスもいい感じにドレスダウンしてくれてやり過ぎないかわいさも演出可!

思いっきりラフなロゴTもゆるくウエストインすればラフすぎないオフスタイルが完成!

あえて太めに一度ロールアップして着こなすのも今っぽく、オススメです。

今っぽさも、美しさも同時に手に入れることができる文字通り神のようなデニムはマストバイして正解!

ボロ&クタなデニム、新調するなら今ですよ!

WRITER

  • 森田文菜
  •        

  • タレントのメディア出演時、雑誌等レディース・メンズ問わずスタイリングを行うスタイリスト。またwebサイトを中心とするファッションライターとしても活動。テレビ・ラジオ等での解説出演もあり。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ