栃ノ心、“大関復帰”に向けて折り返しの5連勝 陸奥親方「吊ると思いましたが……」

AbemaTIMES

2019/5/16 17:40



<大相撲夏場所>◇五日目◇16日◇東京・両国国技館

初日からの4連勝で一場所での大関返り咲きに向けて好調なスタートを切っている関脇・栃ノ心(春日野)が、対戦成績2勝3敗と分の悪い前頭筆頭・北勝富士(八角)を寄り切りで破り5連勝とした。

AbemaTVで解説を務めていた元大関・霧島の陸奥親方は「今場所の栃ノ心は、大関陥落からの気持ちの切り替えができている。今日の北勝富士は栃ノ心に対してまわしを取られないようにしていましたけどね。一方の栃ノ心は土俵際で吊るのかと思いましたが……」と話し、自身が現役時代、得意にしていたつり出しについて言及すると「吊るためには引きつけと下半身の力が重要です」と解説していた。

なお、渾身の力を振り絞り、鬼の形相で土俵際を堪えた北勝富士だったが、栃ノ心の怪力の前に最後は力尽きた。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ