上原さくら、「ヒアルロン酸入れすぎ!」の声相次ぎ… 整形事情を告白

しらべぇ

2019/5/16 16:00

(画像は上原さくら公式Instagramのスクリーンショット)
今年4月から、ユーチューブチャンネルを開設したことでも話題を集めている、タレントの上原さくら

そんな彼女が、15日に投稿した動画の中で自身の美容整形疑惑について言及し、コンプレックスと向き合う姿に多くの反響が寄せられている。

■ふっくら頬は注射ではなく…


度々「頬にヒアルロン酸を入れすぎている」との指摘を受けているという上原。

確かに、彼女は年齢を感じさせないふっくらハリのある肌と、丸みのある愛らしい輪郭が特徴的だが、これは注射などではなく、10代の頃から悩まされている「頬肉」によるものだという。

続けて、厚い頬肉の影響で「白ナス」のように見える輪郭がずっとコンプレックスだったことを明かし、「皆さん入れてる、入れてるって…出したいんですよ、できれば!」と訴えた。

メイクで隠してきた


頬肉に悩む上原は、過去にメスを使わない脂肪吸引「トゥルースカルプ」という施術を受けたこともあるそうだが、1回では変化は感じられず、断念。

以降、少しでもシャープなフェイスラインを作るために、チークやシェーディングなどメイクで様々な工夫をしてきたという。

■「充分綺麗」「羨ましい」


コンプレックスを打ち明け、「整形事情」に言及したこちらの動画には、視聴者から多くの反響が。

「アラフォーになったら頬はあったほうが良いよっ! 赤ちゃんみたいにふわふわでかわいいです」

「本人にしか分からない悩みってありますよね…でも、充分綺麗ですよ!!」

「わかります! 私もその辺の頬肉いらないです汗 ホントにいらない」

「頬に張りがあって羨ましいとさえ思う。人間ってないものねだりだからね」

上原の悩みに共感する声や、「頬肉があることで、ハリがあって羨ましい」という声も。

■コンプレックスを感じることは?


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,354名を対象に「コンプレックス」について調査を実施したところ、全体で62.7%の人が「コンプレックスを感じがち」と回答した。
((C)ニュースサイトしらべぇ)
男女別に見てみると、男性は57.2%、女性は68.1%と高い割合に。

上原自身は美容整形には肯定的なようで、「安価で安全で痛みのないものがあればやりたい」とも語っており、頬肉のコンプレックスは彼女にとって非常に大きな問題のようだ。

・合わせて読みたい→鈴木亜美、整形疑惑に怒りあらわ 「何も知らないのに、何言ってるの?」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ