カンニング竹山、コンビ時代に出したCDの再リリースに意欲「やる気は全然ある」

AbemaTIMES

2019/5/16 16:00



 11日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

オープニングトークで竹山は「スタッフの誰も知らないんですけど」と突然切り出し、「CD出そうかなと思ってるんです」と告白する。

コンビ時代に『カンニングのヘイ・ユウ・ブルース』というCDをリリースした経験があると話す竹山。その曲は左とん平さんの『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』に触発されて作成したのだという。

「2004年に出した時は、ただ僕がワーワー叫んでるだけっていうCDだったんですよね。今はもう48歳になりまして、『ヘイ・ユウ・ブルースいけるんじゃないか?』ということをふと思った」と、CDを改めて作ろうと思った経緯を説明した。

「左とん平さんの『ヘイ・ユウ・ブルース』は本当にかっこいい」と同等のクオリティが必要だとする竹山は、バックバンドについて「Calmeraじゃないかと思う」と希望のジャズバンドまで名指しで指名する。

最後には「言っておくだけ言っておく。あとはいろんなルートで広がると思うんで、皆さんどんどん拡散して下さい」と訴えかけ、「やる気は全然ありますんで、あとは大人がそれをやらせてもらえるかどうか」と本気でCDリリースに向けて動きたいとアピールしていた。
(C)AbemaTV

【見逃し視聴】カンニング竹山、コンビ時代に出したCDを振り返る

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ