2000年代に活躍したイケメン歌手K、自殺を考えた過去を告白『爆報!THE フライデー』

テレビドガッチ

2019/5/16 15:00

つちやかおりが、5月17日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系、毎週金曜19:00~)にVTR出演し、認知症を患う母親の介護問題に直面していることを明かす。

MCを爆笑問題、スペシャルMCを田原俊彦が務める同番組は、芸能界やスポーツ界で輝いた有名人の知られざる一面をニュース形式で紹介するバラエティ。同日は、大島さと子、テリー伊藤、アンガールズ、友近、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、平成ノブシコブシも出演する。

1979年、ドラマ『3年B組金八先生』の第1シリーズでドラマデビューし、その後女優・タレントとしてTVドラマやグラビアなどで活躍したつちや。1991年、元シブがき隊の布川敏和と結婚し、芸能界を引退していたが、2012年、芸能活動を再開した。

そんな彼女は今、認知症を抱える母の介護問題に直面しているという。実の娘の名前も忘れ、認知症が進行し感情すら失ってしまったつちやの母を救うために、ある人物が立ち上がる。その人物とは介護界の革命児として今大人気のあの芸能人だった。

アグネス・ラム、蓮舫などを輩出し、人気芸能人への登竜門と言われたクラリオンガール。31代まで続いたキャンペンガールには宮崎ますみ、かとうれいこ、大河内志保、原千晶などその後人気を博した女優・タレントがズラリ。そんなクラリオンガールで、現在、驚きの転身をしている2人を番組が取材。

1人目は、1988年、蓮舫の後を継ぎ、15代目クラリオンガールに選ばれたY。デビュー1年目からMCやドラマで大活躍した。1998年、人気プロ野球選手と結婚し、福岡に移住。しかし、2001年に結婚わすか3年で離婚し、いつしか表舞台から姿を消していった。そんな彼女は今、福岡で早朝5時から働いているという。現在50歳になったYは一体、何をしているのか?

2人目はNo.1清純派クラリオンガールと言われたU。Uは1991年、17代目クラリオンガールに選ばれ、「洗いざらしのプリンセス」というキャッチフレーズで人気を博した。しかし、活動を終えると共に表舞台から姿を消してしまったU。彼女は一体、今、どうしているのか? 意外な職業に転身したUの姿を紹介する。

また、2000年、高校3年生の時に歌手デビューし、その翌年には連続ドラマの主題歌を歌い、40万枚の大ヒットを記録するなど人気を集めたイケメン歌手Kにも着目。自殺を考えるほど精神的に追い詰められた過去を告白する。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ