蒼井優「なんか変な空気?」家族とハグするルールを明かす


5月31日公開の映画『長いお別れ』のプレミア試写会が15日、都内で行われ、蒼井優、竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、中野量太監督が出席した。

2016年に公開されて大きな話題を集めた宮沢りえ主演の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化した本作。父・東昇平(山崎努)の誕生日会で久し振りに帰省した長女・麻里(竹内結子)と次女の芙美(蒼井優)は、母・曜子(松原智恵子)から厳格な父が認知症だという事実を告げられる。それにショックを受ける2人だが、父の変わらぬ愛情に気づきながら前に進んでいく……という家族の姿を温かい視点で描く。

劇中で竹内と姉妹役を演じた蒼井は「家族は疑似体験ですけど、なるべく本当にこの間で起きることを大切に出来たら良いなと思っていました」と演じる上で意識したことを明かしつつ、「私は男兄弟しかいないので、竹内結子さんが姉であることに想像がつかないんですけど、たくましくて頼もしい先輩なので、竹内さんに任せれば良いんじゃないかなと思いました。実際にご一緒した竹内さんはものすごく姉妹感を自然と作ってくださいました。ありがとうございました」と竹内に感謝した。

蒼井の言葉に「どういたしまして」と応じた竹内は「ドラマでも映画でも家族の作品に入る時に(設定を)考えますけど、撮影中は考えないようにしています」とコメント。続けて「現場に入ってみて私はお姉ちゃんを体感するのを楽しみにしているスタンスです。今回はリハーサルをいただけたので気負わず過ごすことができました」と自然に演じられたという。

本作に登場する東家では、家族の誕生日会にバースデーハットを被るという決まりごとがある。それにちなみ、「自身の家族ならではのルールは?」という質問に、蒼井は「ルールって訳ではないんですけど、うちの家族はやたらとハグをするんです。それが当たり前になっているので、久しぶりに会うとわーってハグしますね。この前も父に会った時にハグして、バイバイの時もハグして別れました」と告白するも会場の薄い反応に「なんか変な空気? ちょっとナシにしてもらっていいですか(笑)」と苦笑い。対する竹内も「竹内家は小さい頃からどんな食事でもお味噌汁が出てきました。カレーでもシチューでも。それを人に言うと引かれるんです」と明かして会場が静まり返るも、自身の家族では「(実践)してません(笑)。嫌という訳ではないんですけど」と笑いを誘っていた。なお、この日出席予定だった山崎努は体調不良のため急遽欠席した。映画『長いお別れ』は、5月31日より全国公開。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ