2歳園児に暴行する外国人講師の動画が拡散中 管轄する北九州市役所を取材した

しらべぇ

2019/5/16 12:30

(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
北九州市の認可外保育施設で、カナダ人男性講師が施設に通う当時2歳の園児に暴行を加えていたことが発覚した。管轄の北九州市役所に詳しい経緯を聞いた。

■一般人の通報で発覚


4月16日、一般の方が北九州市役所の庁舎を訪れ、「外国人スタッフが子供に対して叩いている」という申告とともに、その行為が撮影された動画を市職員に見せた。

当時この動画はどこにもアップされておらず、関係者しか知り得ない情報。その動画を確認した市の保育課は、早速同日中に施設に特別な立ち入り調査を行った。

施設長に確認したところ「そんなことはありません。そして思い当たる節もありません」とこの事実を完全否定。しかし、市職員が動画を実際に確認していたので「そんなはずはない。再度、対応マニュアルや不適切指導のリーフレットを確認するように」と口頭で指導を行った。

■再度市民からの通報


13日に、今度は市民から電話で「Facebook上に不適切な動画が上がっている。市は把握しているのか」という通報が担当部局とは別の部署に入る。

折り返しの連絡を保育課が待っていたところ、その日に連絡はない。保育課は実際の動画を確認し、今度はそれを施設に持ち込んで再度特別立ち入りを行うつもりだったそう。

すると翌14日に施設長から市に連絡があり、「新聞社からの取材を受け動画を見せられたことで、講師の暴力を確認した」と今度は事実関係を認めた。

市は同日午前中に施設内への特別立ち入りを再度行い、外国人講師を出勤停止処分にしたことを確認。施設長は「非常に人気がある講師だった」と市の担当者に話したそうだ。

■施設側は保護者説明会を開催


施設側は問題発覚を受け、保護者説明会を開催。施設長は「顧問弁護士としかるべき対応を取りたい」とは話したという。

市保育課の担当者は、しらべぇ編集部の取材の最後に「15日現在、施設側からの保護者説明会の内容報告を待っている状態。今後も継続的に指導を行っていく」と話す。

なお市は、認可外施設に対して年一回の立ち入りを行っている。認可施設よりは基準が緩いが、決して野放しにしている訳ではない。

■講師に対して厳しい意見が…


ネット上では、講師に対して厳しい意見が相次いでいる。

「自分たちで改善できないから 何でも撮影して、証拠掴んで 公表すれば良い。それだけ」

「ストレス溜まってたの? 先生に向いてないから転職して!  老若男女、何処の国の人間でも追い詰められると、何をしでかすかわからない」

「保育園にカメラ設置義務化されないかな。先生方は信じたいけど、それでも子供が心配」

■体罰を受けた経験は…


暴力は何があっても許されない。特に弱い立場の園児に対しの暴力など許させるはずがない。しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,348名を対象に調査したところ、とくに男性で被害者が目立つ結果に。



各教育委員会では体罰をゼロにしようと、色々な施策を行っている。認可外施設でも暴力が行われないように関係各機関が指導、監督していく必要がある。そのような動画を見付けたら即通報、即改善指導の流れを徹底したい。

・合わせて読みたい→父親が保育園へ迎えにいくと… 我が子の「変わり果てた姿」に悲痛の声

(文/しらべぇ編集部・おのっち

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日
対象:全国20代~60代の男女1348名

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ