『ストロベリーナイト・サーガ』Pが語る二階堂&亀梨“再ドラマ化”の意味


●前シリーズのファンが怒っても…
女優の二階堂ふみとアイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也がW主演を務めるフジテレビ系ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(毎週木曜22:00~)。誉田哲也氏の原作小説をもとに、2010年から13年にかけて竹内結子主演でドラマ・映画版と制作された人気シリーズだが、今後はまだ映像化されていない新作エピソードも展開していくため、ここからが本当の意味でまだ誰も見たことがない『ストロベリーナイト・サーガ』になっていく。

企画を担当するのは、フジテレビの渡辺恒也プロデューサー。これまで『医龍3』(10年)、『救命病棟24時(第5期』(13年)、『HERO(第2期)』(14年)といった大ヒット作の続編をプロデュースしたほか、天海祐希主演のミュージカルドラマ『カエルの王女さま』(12年)、北川景子主演のバイオレンスアクション『探偵の探偵』(15年)、芳根京子主演の超ハイテンションコメディー『海月姫』(18年)など、硬軟問わない様々なジャンルの意欲作を手掛けてきた。

そんな渡辺プロデューサーに、テレビドラマの作り手に精通する「テレビ視聴しつ」室長の大石庸平氏が、今作にかける思いや今後の展開などを聞いた――。

○■姫川班の関係性が想像以上に変わった

――竹内結子さんが主演した前作も記憶に新しいですが、なぜ『ストロベリーナイト』をまた制作することになったのか、その経緯を教えてください。

木曜10時の枠で次何をやろうかなというところから入って、女性が主人公の刑事ものがいいなという思いがあったんです。新旧含めていろいろ原作を読んだり、作品を見たりして考えていたんですけど、前作の『ストロベリーナイト』は映画版(13年公開)の後に原作小説(『姫川玲子シリーズ』)で続きが3巻出ていて、その中で描かれていた姫川と菊田、そして姫川班全体の関係性というのが、これまでとは想像つかない感じで変わってきているんですね。だから、その変化まで含めてもう一度シリーズとして描きたいなと思いました。

それでせっかくやるのであれば、途中からのエピソードでこの姫川と菊田でやりますというのは違うのかなという風に思ったので、2人の出会いの事件「ストロベリーナイト」のエピソードからやろうということになりました。そうするとやっぱり前回シリーズでやったものもあれば、そうじゃないものも入ってくるんですけど、今『姫川玲子シリーズ』の原作の中で一番いいものというか、傑作選みたいなシリーズにしていこうということで、『ストロベリーナイト・サーガ』(サーガ=英雄伝)というタイトルにしました。

――連ドラと映画版以降の原作で描かれた“姫川と菊田の関係性”を、今回の『サーガ』では特に描きたいということでしょうか?

そうですね。映画化された「インビジブルレイン」のその先の原作では、彼女たちのプライベートもそうだし、環境も大きく変わるんですね。だからその辺を描けたらと思いました。前作の映像化では最終回のエピソードだった「ソウルケイジ」が今回2話・3話となっているのは、2人の関係性をエピソードに沿って描いている小説の時系列を持ってきた方がいいと思ったからなんです。全て小説の時系列というわけではないんですけど、原作では長編が4つあってその長編は原作通りの流れにしています。関係性の流れは原作の中でも結構大事にされている部分だったので、そこはなるべく変えずに行こうかなと思いました。

――今作は、“リメイク”ではなく“再ドラマ化”という言い方をしているのが、新鮮だなと思いました。

リメイクって言うと、ドラマを元にしたという意味合いになるような気がして、だからあくまでも、“原作を元に新たにドラマ化する”という意味で、“再ドラマ化”にしました。

――第1話だった「ストロベリーナイト」のエピソードは、前作のドラマ版をかなり踏襲している印象でした。なので、前作と同じエピソードや展開でも、人が変わるとこういう風に見え方が変わるんだという面白さがありました。

原作はすごくしっかり構成が組み込まれていて、どんでん返しまで含めて緻密に作られているものなので、僕らは前のドラマ版から変えずに踏襲して作っていこうというよりは、この原作に対して、今のキャストとスタッフで一番ベストなものを作るとしたらこうなったという感じです。だから、結果比べてみたら同じ部分もあるし、違う部分も出てくるし…ということで作っています。
○■僕らがやってベストなものを

――渡辺さんはこれまでも、『医龍』『HERO』『救命病棟24時』など、フジテレビを代表する大ヒット作の続編を担当されていて、“続編請負人”なのかなって思っていたのですが(笑)、そういう理由でこの作品を担当したということもあるんでしょうか?

会社としてはそういう部分もあるのかもしれませんが(笑)。僕自身はこれまで続編を作ってきたからという理由で作品を探していたわけではないです。

――これまで続編を作られてきた経験の中で気を付けていることや信条などはありますか?

今回は『HERO』や『医龍』と違って、同じ世界観や同じキャストではない全く違うものを作っているので、これまで続編を作ってきた経験は当てはまらないんですよね。続編をやるときは、世界観やキャラクターを大事にしながらも、せっかく続編をやるのであれば前作ではできなかったことを時代が変わったからこそできるみたいな要素を盛り込んだり、キャラクターが成長した先にこういうドラマが起きるよ、という作り方をしていました。その中で一番気を付けていたのは、このキャラクターは絶対こういうことやらないとか、前作を見ていたファンに失礼にならないように、嫌われないようにしなきゃというのはありました。

だけど、今回はそれを考えていくと何もできなくなってしまうので、こういうことを言うと怒られますけど(笑)、前のシリーズを見ていた人たちが怒っても仕方がないと思って作っています。ただ、こういう形の『ストロベリーナイト』シリーズがあってもいいなって、どこかで思ってもらいたい。舞台とか、別キャストで上演される同じ作品ってあるじゃないですか。脚本も全く別の方が書いていたりして。それに近いですね。前回見た人がもう一度足を運んで観に来て、「ああ、この作品ってやっぱり面白いな」って思ってもらう、また3カ月間観ることができるんだなって思ってもらうことが、今回やっている意味だと思っています。だから、前の作品を言い訳にして手を抜くことはしないということが今回一番心がけたことですね。それが結果、前の作品と違うと嫌う人がいても、同じ原作で再ドラマ化をすると決めた以上は、僕らがやってベストなものをやろうと思って作っています。

――前作をいい意味で意識しないということなんですね。

「前作はこうしているから、今回はこうしよう」みたいなことは、1つもないですね。

―― 一方で、今回のメインディレクターは前作でも演出を務めていた石川淳一監督(前作のセカンドディレクター)です。前作のノウハウなど生かされている部分もあるのではないでしょうか?

石川監督が前作で関わったエピソードは、今回担当しないことになっています。石川監督も前作を超えなきゃいけないみたいな気負いはあったと思います。ただ、監督が言ってたんですが、あの時関わって作っていたものは、自分たちがベストと思えるものをやったんだから、それを違う形でやって超えましょうってなっても超えられるわけがないと。だから超えるっていうことを目的としてやるのではなくて、今回一番ベストなものをやっていくということですね。

――このシリーズはグロテスクな表現が特徴だと思っています。前作はその表現をアニメーションにしたり加工していましたが、今回は血が噴き出るシーンが直接的で衝撃的でした。

その「ストロベリーナイト」のエピソードの血の描写は、石川監督が一番大事にしたかった部分なんです。犯人が灰色の世界の中で唯一美しいと感じたのが飛び散る血で、その血に生きる実感を得るということから事件が起こるということを大事にしたかった。だから、その血が噴き出すという部分に関しては、犯人が感じた世界をそのままに撮りたいというのがあってあの表現になりました。

描写のグロさで攻めるのはやめましょうって話はしたんですが、「ストロベリーナイト」のエピソードの様に、犯人の境遇だったり、犯罪に向かっていくまでの常人には理解できない経緯とか、キャラクターの表現として攻めた描写は手を抜かずにやっていこうとは思っているので。虐待を扱ったエピソードなども出てくるんですが、現実社会の目を背けてはいけない部分をちゃんと描くことによって、それが犯罪に転がってはいけないよというメッセージが伝わるといいなという風に思って作っています。

●二階堂版の姫川玲子をどう作るか

――企画意図の中で、「時代背景の変化も作品の中に反映させていきたい」とコメントされていました。前作の竹内結子さんの姫川は、男社会の中で奮闘する張り詰めた雰囲気の女性だと感じたんですが、今回の姫川はそれより少し先に進んでいて、男社会の中にすでになじんでいる、それが二階堂さんだからこその姫川なのかなと感じました。やはり時代の変化を意識してのことなのでしょうか?

そうですね。ですが、やっぱり竹内結子さんとの比較ではなくて、まずは二階堂さん版の姫川玲子をどう作っていこうかを考えました。彼女の実年齢は24歳で今年25歳になるんですが、まだはつらつとしていて、少女性が残っている部分と、その一方でお芝居に入り込んでいった時の目力の強さというか、シリアスな部分とか、他のお芝居を見ていても両面性があるなと思っていて、姫川のキャラクターの中にある明と暗のギャップというかふり幅を大きく作りたいなと思ったんです。

おっしゃるように、男性社会の中に女性が1人で戦っていくというのは、警察の場で言うと当たり前で分かっているし、そこに特殊性を感じる時代でもないじゃないですか。とは言え、いまだに前時代的にそういうことに文句を言ってくる人もいる。今回でいうと岡田浩暉さんが演じる橋爪というキャラクターがそうなんですけど、そういう人物もいることが多様性の中の一部になっているというのがすごく今っぽいなと思っています。だから二階堂さんには、文句を言う人に対してちゃんと自分の信念を持って言い返せるくらいの強さやポリシーがあって、だけどちゃんと女性としても美しくあるんだと着飾ることもして、それで男社会の中で自分のポジションを保とうとしている人物にしたいと最初にお話ししました。それで二階堂さんのアイデアで髪の毛を短く切るというスタイルになったんです。

――第2話にあった、今野浩喜さん演じる井岡に姫川がスルメをおねだりする部分を見て、こういうかわいらしいキャラクターは二階堂さんだからなのかなと感じました。

姫川のキャラクター設定って重いものを背負っているので、誰もが共感できるじゃないですか。だから今回は姫川をみんなが応援していく感じを出したかったんです。そして今回の姫川は、過去をある程度乗り越えているんですね。だけど時折自分の弱い部分だったり怖い部分が頭を出してくるというか、そのたびにそれを抑えて頑張っている。バランスでいうと強い部分がベースにあるというのを意識して作っています。年上でも部下を下の名前で呼んでいるというのは、そういう意味です。菊田は自分のことを「菊田で」と言ったので菊田という呼び方になっていますが、例えば第1話の重岡大毅さん演じる大塚は、原作も前作でも「大塚」なのに、今回は「真二」と名前で呼ばせています。それは彼女がそういうコミュニケーションをすることによって距離を埋めていく、そういったポリシーをちゃんと見せられる人ということで、そう変更しているんです。

だから“スルメ”もその一環というか、井岡だからこそ見せられるフランクな部分という。あと今回、捜査会議にもってくる“おつまみシリーズ”っていうのをやろうと思っていて(笑)、普段の二階堂さんに近い明るい部分を多く出していこうかなと意識しています。
○■重岡大毅に代わってムードメーカーになったのは…

――その第1話の大塚真二ですが、演じていた重岡大毅さんがすごく素晴らしくて…。前作を知っているので殉職するのは分かっていたんですが、亡くなってしまってすごく悲しかったですし、退場してしまうのはキャラクターとしてもすごくもったいない!と思ってしまいました。

本当にそうですよね、彼は本当にピッタリで…。『スターウォーズ』みたいに亡霊で現れるといいですよね(笑)

――制作発表では重岡さんのムードメーカーぶりが伝わってきましたが、重岡さんがいなくなってからの現場のムードメーカー役は誰が担っているのですか?

葉山さんが代わりに来たというわけじゃないんですけど、重岡さんが現場を賑やかにしてくれる犬キャラだとしたら、葉山さんも気が付いたら懐に飛び込んでくる犬キャラという感じなんです。葉山さんのペースにみんなが引っ張られて、それによっておじさんたちが盛り上がっている(笑)っていう現場ですね。

――渡辺さんが担当した『海月姫』は、監督が石川淳一さんで脚本も今回の第1話を担当した徳永友一さんでしたが、作風が真逆ですよね。現場の雰囲気もやっぱり変わってくるんですか?

刑事ものはチームで動いて、前室にみんながそろっている時間が長いので、やっぱり役というよりキャストの空気感で現場の雰囲気って作られていくんです。そういう意味で言うと現場は前作と引けを取らないくらいの明るさでやってますね。あと、今回のメンバーのほうがおじさんのキャストが多いので(笑)、会話の量も今回のほうが多いような気がします。宍戸(開)さんなんて、ずっとしゃべり続けてるので(笑)

○■亀梨「こんなに活躍しちゃって大丈夫?」

――菊田を演じている亀梨さんついて伺います。前半の段階ではまだメンバーとなじんでいないような印象でしたが、徐々に関係性が深まっていく描かれ方をするのでしょうか?

1話で菊田はすごく活躍して、亀梨さん自身も「1話でこんなに活躍しちゃって大丈夫なんですか?」って気にしてたんです(笑)。だけど2話以降、菊田は自分から積極的に活躍していくっていうのは実はないんですね。それは、姫川班にとって菊田の立ち位置って、姫川を含めみんなを支えていく楔(くさび)になっていくというか、主張しない楔になって存在していくようなキャラクターをイメージしているので、気が付けば菊田はなくてはならない存在という風になっていって欲しいなと思っています。そしてこれから「インビジブルレイン」のエピソードに向かっていくんですけど、そこまでの間に姫川班にとって菊田の存在が確立していくイメージで作っています。

そして、3話の終わりで半年時間が経って、葉山奨之さん演じる葉山が姫川班として合流して新しい関係性を作っていきますが、葉山と一緒に組んでその才能を最初に見抜くのが菊田だったりするので、その菊田と葉山の関係とか、葉山と姫川との関係とか、そういった移り変わりの変化、動きにも注目してもらいたいですね。

――今回個人的に一番驚いたキャスティングがガンテツを演じられる江口洋介さんでした。どんな意図があって起用されたのでしょうか?

実は原作のイメージに少し近いんですけど、元公安で情報を武器にする、ある種アウトローな刑事で、姫川に対して同じ刑事だけど敵というか脅威になっていく存在という見せ方にしたかったんですね。単純に江口さんって身長がすごく高いので、二階堂さんと比べるとすごく身長差があって、そういう物理的な威圧感も含めて、前作の武田鉄矢さんが演じたガンテツに比べると、迫力とか怖い部分が増していく存在になればいいなと思いました。また、「ブルーマーダー」という長編原作を最後に向けてやっていくんですけど、そこでガンテツの活躍があるんですね。だからそこからの逆算という意味合いもあって江口さんを起用しました。

●テレビマンの原点は『ケイゾク』

――大変個人的なことを伺いますが(笑)、渡辺さんは82年生まれの熊本出身で、僕も同郷で83年生まれなんです。同じ時代の同じ場所で育ったので、どんなテレビを見てこられたのかなと気になりまして…。

僕は中学と高校は親元を離れて鹿児島にいたので、実は一番テレビを見てた多感な時期というのは熊本じゃなく鹿児島でテレビを見ていたんです(笑)。その頃は寮と下宿だったので自分のテレビがなかったんですよ。もう時効だと思うので言いますが(笑)、当時下宿ではテレビが禁止だったんですけど、近くに電気量販店がオープンした時に、学校をサボってそこに並んで中古のテレビデオを買って来て、そこに先輩から譲り受けたアンテナを上につけて…。でも先生が時々見回りに来るので、すぐ隠せるようにテレビをロッカーの中に入れて見てました(笑)。

あと、門限が8時で外に出られないんですよ。そうするとやることと言ったらテレビ見ることしかないんです。だからその時が人生の中で一番テレビを見てました(笑)。ドラマをとにかく見てて、テレビ雑誌を毎週買って隅々まで読んでたんです。外に出られないから暇で(笑)。そういう風にしてるうちに、次のクールの新ドラマ情報を見ると、キャストとかも見るんですけど、スタッフのプロデューサーの名前とかも見るようになって、今度TBSは植田(博樹)さんがやるんだとか、フジテレビは大多(亮)さんなんだとか(笑)。そうなったきっかけは『ケイゾク』(99年、TBS)なんです。

――やっぱり同じ世代ですね! そうすると、今回のような刑事ドラマをやるのは、ひと際うれしいという気持ちもあるんですか?

17年にやった『警視庁いきもの係』はまさにそれで、主演の渡部篤郎さんに最初に会ったときは恥ずかしくて口が聞けなくて…「真山だ!」と心の中で思ったりして(笑)

――『警視庁いきもの係』の小ネタで遊ぶ感じとか、今回の『ストロベリーナイト・サーガ』のダークな世界観は、『ケイゾク』に通じる部分があるような気もします。

本当の原点はそこにあるのかもしれませんね(笑)。だから、本当にあそこまで攻めたものをやりたいですね。

――いろいろお話を聞かせていただき、ありがとうございました。最後に、今後の見どころを教えてください。映像化されていない新しいエピソードも展開されると思います。

5月16日に放送される第6話は「夢の中」と「闇の色」という「インデックス」という短編集の中で続きになっている話を1つにまとめているんですけど、これは1度も映像化されていない本当の意味での新作になっているので、より注目して見ていただきたいです。

――原作ファンにとっての見どころはありますか?

原作とは違うキャラクターのエピソードとかも絡めて展開していくので、連続ドラマとしての仕掛けみたいなものを見つけていってもらえるといいなと思います。

●渡辺恒也
1982年生まれ、熊本県出身。東京大学卒業後、05年にフジテレビジョン入社。以来ドラマ制作セクションで『HERO』(第2シリーズ)、『救命病棟24時』(第5シリーズ)、『医龍 Team Medical Dragon3』などをプロデュース。16年に編成部へ異動し、『サザエさん』『警視庁いきもの係』『海月姫』『黒井戸殺し』『ストロベリーナイト・サーガ』などを担当。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ