磯村勇斗、イケメン蒸し男に!原田泰造らと新ドラマ『サ道』でサウナー演じる

テレビドガッチ

2019/5/16 11:00

原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で、7月クールのドラマ25『サ道』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)に出演することが決定した。

全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」を初めて実写化。「バカドリル」「コップのフチ子」などで知られ、サウナ大使にも任命されたプロサウナーであるタナカが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事がウィットに描かれている。

原田は、伝説のサウナーの後を追って全国を旅する主人公・ナカタアツロウ、三宅は「偶然、偶然!」が口ぐせの中年サラリーマンのサウナー、偶然さん、磯村はコンサル会社を経営する若手のサウナー、イケメン蒸し男、さらに、ナカタがその後を追う伝説のサウナー、蒸しZ役に宅麻伸が決定した。キャスト、スタッフ共に自他ともに認めるサウナ好きが集結。さらに、サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。

『サ道』の撮影前日はロケ場所のサウナに1人で前乗りし、必ず“ととのって”から撮影に臨むという原田は、「なんで、サウナを好きなのか? 正直、自分でも今ひとつ分からない。ただ夜になるとサウナに行きたくてウズウズする。そんな不思議な魅力を持つサウナの教科書みたいな漫画『サ道』がドラマになります。是非、このドラマを見てととのっていただけたら嬉しいです」とコメント。

三宅は「サウナの魅力に取り憑かれて四半世紀、まさか自分の仕事とこんなカタチで結びつくとは、夢にも思いませんでした。もう何かのご褒美ですよこれは。お話をいただいた時は飛んで喜びました。比喩でなくホントに」と喜びを爆発させ、「サウナ大好き俳優として、このドラマをきっかけにたくさんの方々にサウナの魅力、気持ち良さが伝わればいいなと願っています」と話している。

26歳にして“サ道”に足を踏み入れているピュアサウナーの磯村は、「心身共にゼロに戻れる場所。まだサウナに出会って浅いですが、既にサウナの虜になっています。それ程、僕を癒してくれて、一回気持ちをリセットさせてくれます。さらに、『ととのった』時の感覚が病みつきになってしまい、今ではそれを求め、いろいろなサウナに足を運んでいます。これからもお世話になります。サウナに」と魅力を熱弁している。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ