反町隆史、倒産から中小企業を救う弁護士に 7月期テレ東ドラマで主演

クランクイン!

2019/5/16 07:00

 俳優の反町隆史が、7月から放送の連続ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)にて、主演を務めることがわかった。反町は初の弁護士役で、テレビ東京での連続ドラマ単独初主演となる。

【写真】「反町隆史」フォトギャラリー

本作は、中小企業を年間8000件以上に及ぶ倒産から救うことに、心血を注ぐ弁護士を描く。原作は、現役弁護士・村松謙一氏の『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)。松村氏の奮闘は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でもとり上げられ大きな反響を呼んだ。

そんな村松氏をモデルに描かれる同作について、中川順平プロデューサーは「会社が倒産する事は、そこに関わる多くの人々の暮らしを、人生を直撃する“いのち”の問題である。そう捉える主人公は、人を救うため、ひたすら奔走します」とコメント。

主人公・村越誠一役の反町は「再建弁護士・村松謙一さんを演じるということで、先生の名に恥じないよう、骨太な人間ドラマを作りたいと思っています」と実在の人物を演じることへの思いを話す。

撮影前に村松氏本人と実際に会ったという反町は、そのときの様子を「初対面にもかかわらず、ふっと先生に気持ちを預けて、何でも話したくなるような優しさに包まれたのが印象的でした」と語り、「言葉や表情はもちろんですが、相手を安心させたり、勇気付けるような、鋭く、時に温かな眼差しを心がけて撮影に臨んでいます」と、その経験を撮影に活かしていることをコメントしている。

最後に「命がけの会社再建をめぐる、手に汗握る人間ドラマが毎週繰り広げられます。豪華なキャストを迎え、見応えのあるドラマをぜひご覧ください」と抱負を語った。

新ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』は、テレビ東京系にて7月より毎週月曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ