「トキヲイキル」大庭彩歌「めちゃくちゃ新鮮」 「四月の霊」福岡公演23日開幕

 エンターテインメント集団「トキヲイキル」と「劇団☆ディアステージ」のコラボ舞台「四月の霊」の福岡公演が、23日に福岡市の「ぽんプラザホール」で開幕する。高校2年の女子が幽霊になってしまう3日間の物語。先月行われた東京公演は大成功。一部がバージョンアップされる地元公演へ向け仕上げに入る。

 新たな魅力をまとって福岡に戻ってくる。今回コラボする「劇団ディア☆ステージ」は生演奏や歌唱、ダンスなどエンターテインメント性の高い「軽演劇」をテーマに活動。芝居一本のトキヲイキルにとっては「全てが正反対でめちゃくちゃ新鮮」と大庭彩歌が言うように、刺激的な時間になっている。

 先行して行われた4月下旬の東京公演では主人公の藤崎カスミ役を、岩本琴音と藤松宙愛がダブル・キャストで務めた。舞台初主演の岩本は「これまでの自分のせりふより100倍多くて。歌とダンスも覚えないといけないから必死だった」と振り返る。

 そんな先輩を主演経験がある後輩の藤松がアシスト。「宙愛ちゃんがいてくれて助かった」(岩本)。時には相手のせりふを言うなど「お互いに確認し合いながら稽古をしました」(藤松)。姉妹のような仲の良さで東京公演を完走した。

 福岡公演では藤松が引き続き同じ役。「キャストも変わるし、稽古時間は短いけどよりいいものを見せたい」と力こぶ。すべてのせりふに「感情を枯らさないこと」を意識している。一方、岩本は女子高校生の沙奈役に挑む。東京で演じた意地悪されるカスミ役から、意地悪する役柄へ180度の転換。「違った印象付けができるように」と思い描いた。

 ほかのメンバーも負けていない。岸田麻佑は教師役。藤松ら生徒から“ちゃん付け”で呼ばれ、「生徒との距離感が近い先生です」と苦笑い。「物語全体はシリアスなシーンが多い。私は静かなシーンによく出ます」とPRした。

 大庭は記者役。「名刺ケースの出し方から指導を受けた」と初体験に悪戦苦闘した。名刺で頭がいっぱいな上に、「名刺を渡すシーンはBGMも止まって音もなくなるんですよ」と独特の雰囲気。稽古中に派手にぶちまけたこともあった。

 桃咲まゆは記者の助手役。「(大庭に)先輩、先輩ばっかり言ってます」とサポートする役柄だそうだ。

 トキヲイキルの“単独”舞台を見てきたファンにとっては、新鮮味あふれる福岡公演。コラボで進化した姿は見逃せない。最高の4日間になる。

 ▽公演情報 23日初日で26日までの計8公演。23、24日は午後2時からと午後7時から。25日は午後1時からと午後6時から。26日は正午からと午後5時から。場所は福岡市のぽんプラザホール。チケットは全席指定で前売り4500円。当日が5000円。詳しくはホームページで。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ