雨が降ると見られる「森のシャンデリア」

TABILABO

2019/5/16 06:00


森に降る雨は、木々を濡らし、落ちた雫はひっそりと土を湿らせていく……。

そんな雨を可視化する作品がイタリアのオープンエアミュージアムにあります。

その名も。「Reservoir」。木の枝にかけられたネットには5000個もの小袋が取り付けられ、雨が降ると小袋に雨水が溜まるようになっています。重ければ思いほど垂れ下がる仕組み。

これ、「森のシャンデリア」とも呼ばれているのですが……うん、わからなくもない。

Top image: (C) 2018 John Grade Studio

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ