竹財輝之助、瀬戸康史の兄役で出演!高橋克実演じる検察に追い込まれ…『デジタル・タトゥー』

テレビドガッチ

2019/5/16 06:00

高橋克実と瀬戸康史が共演する土曜ドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合、毎週土曜21:00~)が、5月18日にスタート。また、『ポルノグラファー』『ポルノグラファー~インディゴの気分~』(ともにFODで配信中)で男性同士の恋愛を体当たりで演じて話題の竹財輝之助が、瀬戸の兄役で出演する。

インターネットには全く疎いヤメ検弁護士・岩井堅太郎(高橋)と、動画サイトで荒稼ぎするユーチューバー・タイガ(瀬戸)がバディを組み、ネットに刻まれた傷(デジタル・タトゥー)に苦しむ人々と向き合い、救いだす姿を描くサスペンス。ほかに、唐田えりか、伊武雅刀、八嶋智人、近藤公園、中越典子、徳永えり、矢田亜希子らが出演する。

竹財は伊武演じる政界の重鎮、伊藤秀光の長男で秘書の伊藤壮輔役で出演。かつて特捜検事だった岩井から、秀光の疑獄事件について取り調べを受けるが、岩井が検事を辞めるきっかけとなる悲劇が起こってしまう。

<第1話あらすじ>
岩井堅太郎(高橋)は元特捜検事。追いかけていた疑獄事件が政治家秘書の自殺によって幕を引かれ、失意のなか辞職、弁護士となった。ある日、タイガ(瀬戸)という若者が訪れる。タイガは年に数千万稼ぐ人気ユーチューバーだが、ある動画をキッカケに炎上、何者かに駅のホームで突き飛ばされ殺されかけたという。殺害予告を出した者の特定を依頼された岩井が捜査を始めると、タイガは伊藤秀光(伊武)の次男と判明する。かつて疑獄事件の首謀として捜査した政治家の息子がなぜ……? 疑念を抱えながら、アナログ人間・岩井のネットとの格闘が始まる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ