HKT48駒田京伽が卒業発表、6・17ラスト「最後の時間まで頑張る」

 HKT48駒田京伽(22)が15日、福岡市内で行われた劇場公演チームH「RESET」公演で、卒業を発表した。

 「すいません…」。全曲を歌い終えて、最後のあいさつをしかけたときに、駒田が蚊の鳴くようなか細く震えた声で、劇場の空気を止めた。

 「私、駒田京伽はHKT48を卒業させていただきます。約7年半、アイドルとして活動させていただいて、いろんな経験をここでさせていただいた中で、自分の趣味であるイラストやインターネットの技術を用いて、自分のホームページを作ったりとか、楽しいなと思えることがたくさんあって、これからはパソコンの技術をスキルアップさせて、自分の趣味を仕事にできるようなことを学んでいきたいなと思うようになりました。7年半なので、なかなか次のステージに行くのがすごい難しくて、メンバーのことも大好きですし、でも、何かを手に入れるためには…ここで前に進まないといけないなと、ここで区切りをつけて卒業させていただくことにします。アイドルとしての活動は、本当に悔いがないので、最後の時間までアイドルとして精いっぱい頑張るので、皆さん応援よろしくお願いします」

 駒田は12年9月30日に、HKT48・2期生として劇場デビューをして、14年1月11日に正規メンバーに昇格。同年の第6回AKB48選抜総選挙で79位に初ランクイン。グループの癒やし系お姉さんとして、人気を博していた。

 卒業公演は、6月17日。残り1カ月でアイドル活動に終止符を打つ。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ