カクテル『ネグローニ』に合うおつまみは? 伝説のバーテンダー“チャールズ・シューマン”氏「日本のポテトサラダはすごい」

ガジェット通信

2019/5/15 18:00



数多くのバーテンダーが影響を受けたという、伝説のバーテンダー、チャールズ・シューマン氏。

今回、5月13日にカンパリ ネグローニ誕生100周年を記念してプレス向けセミナーが開催。



セミナーでは、バー『Mixology Experience(ミクソロジー エクスペリエンス)』のバーテンダーである南雲さんとチャールズ・シューマン氏の対談や、チャールズ・シューマン氏がシューマンズバーで提供するカンパリカクテルが提供されました。ご紹介いたします。

伝説のバーテンダーのおもてなし! チャールズ・シューマン氏にカンパリカクテル『Negroni(ネグローニ)』を作ってもらう!





伝説のバーテンダー、チャールズ・シューマン氏はバーにとどまらずいろんなところに旅をし、そこからインスピレーションを受けて人生を楽しむ、そのためにカクテルがあってお酒があって、バーがあるということを体現しているという人物。何歳になっても自分は学んでいる、というレジェンド。



そんなチャールズ・シューマン氏がさっそく「おもてなし」。



カンパリカクテル『ネグローニ』を作っていただきました。



伝説のバーテンダー、チャールズ・シューマン氏の作ったカンパリカクテル『Negroni(ネグローニ)』を飲んでみた



この日提供されたカクテルは『Negroni』と『Signora Negroni』。



カンパリカラーのジャケットに身を包んだチャールズ・シューマン氏の手から見事なカクテルが生み出されていきます。



「出来た瞬間が一番美味しいですよ!」とチャールズ・シューマン氏に即され、さっそく筆者もいただきました。



出来立てのカクテルは、口に含んだ瞬間にふわ~っと香りが広がります。氷のくちどけが柔らかく色も味わいも絶品。





バーテンダー南雲さんとチャールズ・シューマン氏が『ネグローニ』について対談





ここからは、プロのバーテンダーの方も必見! バー『Mixology Experience(ミクソロジー エクスペリエンス)』のバーテンダーである南雲さんとチャールズ・シューマン氏が対談。カクテル『ネグローニ』についてのディープなお話が行われます。



南雲さん:『ネグローニ』が今ものすごく世界中で人気が高まっていて「世界でセールスだと2番目に飲まれているカクテル」と言われています。この人気の秘訣は?

チャールズ・シューマン氏:とても素晴らしいマーケティングもあったでしょう。(笑顔)

南雲さん:『ネグローニ』の味についてはどう思われますか?

チャールズ・シューマン氏:『ネグローニ』は、夜にも飲みますしカクテルアワーでもいいです。アペリティフの時間もいい。

アルコールが非常に高いのでみなさん酔っぱらってしまいますので、私が作るネグローニの場合はジンをすごく少量にとどめた形で作っています。その時はソーダは入れない形です。

南雲さん:写真にあるネグローニはレモンツイストが入ったりオレンジが入ったりしますが、風味が変わるのでしょうか。



チャールズ・シューマン氏:フルーツ以外にバジリコでもいいですよね。ただカンパリの中にはもう86のいろいろなアロマが詰まっていますので、上乗せして加える必要もないとも言えます。さらに私たちのバーではブルバルディエもカンパリで作ることもあります。

(※ブルバルディエとは:ネグローニのレシピでベースがウイスキーのもの。フランス生まれのカクテル)

南雲さん:日本やいろんな世界のバーがありますが、良いバーの見分け方は?



チャールズ・シューマン氏:日本語では「おもてなし」という言葉があります。日本のバーであれば、一歩入って「あ、おもてなし感ないな」と思ったら出てください。

海外のバーでは、店舗が大きくて「おもてなし」みたいな形ができないですが……。ですが、東京はあまりにも狭くて席が埋まっていることもあります。

伝説のバーテンダーおすすめのおつまみは? 『ネグローニ』に合うおつまみを聞いてみた



ガジェット通信の記者もチャールズ・シューマン氏へインタビュー。好きなお酒について、そして『ネグローニ』に合うおつまみについて伺ってみました。

ーーー 個人的にはどんなお酒が好きですか?

チャールズ・シューマン氏:仕事中はたとえどんなにお客さんに勧められても飲みません。

まずワインラバーではないので、ワインはあまり飲みません。美味しいと思いますが。ウイスキーはニートで飲みます。水割りやテーブルウイスキーも飲みます。

特別なとてもいい日には、シャゼラック、ブラッディ、アブサン、ビターズ等を夕食といただきます。食後酒が好きです。喉が渇いていたら、ダイキリやギムレット。気分がいいときは、ティーパンチ。ラテンアメリカのラムにレモンとシュガーで。

ーーー ネグローニと一緒に食べるオススメのおつまみは?



チャールズ・シューマン氏:私は日本食も詳しいですよ! 日本であれば、おしんこのような漬物、ハムや酢漬けの野菜、黒いパンにバターだけ塗ったもの、あと、日本のポテトサラダはすごく合います!

それらをほんの少しずつだけ。お肉とか魚をたっぷりではないです。ちょっとずついただくのがいいと思います。

ーーー ありがとうございました!

(撮影:オサダコウジ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ