《秘技》知ってて損ナシ!彼をドキドキさせる愛情表現の最強3パターン

ハウコレ

2019/5/15 18:00



どうもあかりです。「あ~、彼のことをキュンってさせられる方法があればなぁ……」そんな思いを抱くことはありませんか?

そんな人のために、今日は「これをすれば、男子がきっとドキッとする」愛情表現を3パターンご紹介したいと思います。

どれもアレンジがきくから、さまざまなシチュエーションで使えるものになっていますよ。それでは行ってみましょう

■■彼と同じ愛情表現をする
「彼をドキッとさせたきゃ、彼と同じような方法で愛情表現をしてあげるに越したことはない」

この言葉の根底にあるのは「彼が彼女にしてくれる愛情表現というのは、自分が相手からされたら嬉しい、ドキッとする愛情表現に決まっている」という考えです。

実践例を見てみましょう。

〔モノを使う彼の場合〕「好き」と伝えるために、モノを活用する男子は少なくありません。彼女の家に遊びに行くとき、最寄りのコンビニでアイスなどちょっとしたものを買って行ってあげたりして、彼女を喜ばせてあげようとするタイプの人。

彼がそういうタイプの場合には、自分が逆の立場になったときに同じことをしてあげてください。

〔言葉で伝える彼の場合〕モノよりももっとストレートに「好き」などの言葉で伝えるタイプの彼の場合には、モノみたいな間接的な方法よりも、やはり彼に合わせて言葉でストレートに行くべきです。こういう彼の場合には、モノ程度じゃ「好きを感じ取れない」場合が多いから。

〔ほしがって伝える彼の場合〕言葉で伝えるストレートタイプよりももっと直接的なのは、「会いたい」「エッチしたい」など、彼女との具体的な行為を求めることで愛情を伝えるタイプの男子です。「言葉よりも行動」タイプともいえます。

こういうタイプには、残念ながら「好き」などとちゃんと言葉で伝えていても、彼女の方からも「会いたい」みたいにほしがらないと、彼には気持ちが届いていないことが多いので、気を付けましょう。

上の3タイプはあくまで例ですが、彼がどんなスタイルで愛情表現をする人かを自分なりに見極めて、それを真似することで、効果的に愛情表現ができるようになるはずです。

■■「好き」のお返し
先ほど話した内容は、「彼と同じようなスタイルで愛情表現をしてあげましょ」というものでした。

2個目の提案内容は、それと似ているようで少し違うのですが、要するに、「彼が愛情表現をしてきた瞬間に、カウンターパンチのように、自分も愛情表現をお返ししよう」というものです。

簡単にいうと、「好き」と伝えるのでも、なんの脈絡もなく突然伝えるのと、彼が「好き」と伝えてきたときに、そのお返し的に伝えるのとでは、彼の感じ方が違うよね、ということです。

例えばエッチのときって、全体的にそういうムードだから全身が感じやすくなってる(敏感になってる)。愛情表現も同様に、自分が相手に愛情表現をするタイミングというのは、「恋人と『好き』と伝え合いたい気分」になっているので、愛情表現に対して気持ちが敏感になっているんですよね。

だから、全然関係ないタイミングよりも効果的なんです。

■■彼をドキドキしてくれた「成功体験」を繰り返す
最後に目玉が飛び出るほど当たり前のことをいいますが、なんといっても「今まで彼が実際に喜んでくれた愛情表現」というのは、絶対に自分の必勝パターンとして身に着けておくべきです。

要するにそういうことです。付き合ってしばらくすると、「彼、これはなぜかめっちゃ喜んでくれたな~」という、成功体験がいくつか蓄積しているはず。

例えば、直接「好き」って伝えるよりも、飲み会で彼氏のことをノロケたエピソードを話したときの方が嬉しそうだった、とか。

「好き」って言葉にするよりも、「チューして」みたいにキスをリクエストしてあげる方が、彼が「かわいいよ」っていってくれる、とか。

「男子はこういうのにドキドキする」という一般論もある程度は参考になるけれど、最終的に一番強いのは間違いなく、実体験をもとにした行動なのです。

これをあなたの「決め技」として、いくつかストックしておけたら、もう彼をドキッとさせるのにどうしたらいいかなんて悩む必要はなくなるはずです。(遣水あかり/ライター)

関連記事:《ドキドキ》彼にも好きな人にも♡さりげないのに、ガツンと響くボディタッチ関連記事:デートで彼氏をドキドキさせる♡かなり濃密な「二人だけの時間」の作り方

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ