マッチングアプリで「あえてブスな写真」を設定したら… 思わぬ展開に驚き

しらべぇ

2019/5/15 05:00

(Yue_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
ステキなパートナーとの出会いを求め、マッチングアプリを利用している人は少なくない。しかし、出会った相手が「アプリと違いすぎる」というパターンも…。

13日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で明かされた、マッチングアプリで起こったトラブルが話題になっている。

■マッチングアプリで出会った人は…


番組では、「マッチングアプリで見たブス」について街頭インタビューを実施。とある男性は、アプリで出会う女性について「ほぼほぼブス。足の裏みたいなやつが多い」とバッサリ切り捨てる。ぱっと見ではかわいく見える女性も、写真をよく見たら好みの容姿じゃなかった…というケースは少なくないようだ。

また、とある女性によれば、アプリをやっている友人の女性が「プリクラで盛れ盛れの写真」で「パンケーキめっちゃ食べます。タピオカ巡りします」と嘘のプロフィールを作っていることを明かした。

その他にも、50人ほどアプリを通じて会ったという男性は、会った女性を「7割ぐらいブス」だとし、急用や親戚が亡くなったと嘘をついて逃げたと話した。

■あえての「ブス写真」が有効?


番組に「ブス枠」として出演したお笑いコンビ・ニッチェの近藤くみこは、プロフィール画像で顔を隠している女性について「絶対ブスじゃん! もうちょっと頑張れよ」と指摘。顔をハートマークやペットで隠す女性に「根性も好かない。真正面からいこうよ。盛ってもいいから!」と持論を述べた。

また、自身のアプリ経験を語った近藤。女性としての自信をつけるため、メガネをかけてすっぴん状態の「ロークオリティな自分」の写真をあえてプロフィールに設定してみたところ、「結構きました」とのこと。この展開に、近藤も思わず驚いたようだ。

このエピソードを受け、スタジオのマッチングアプリ上級者の女性からは「意外とブスな写真を使ったほうが(連絡が)くる」と納得。他の女性からも「会ったときにガクン(落ち込む)ってなるよりは、そのまんまで行って『結構かわいいね』ってそのタイプ」との声があがった。

■アプリの出会いに抵抗がある人は…


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,363名に「アプリでの出会い」について調査したところ、「抵抗がある」と回答した人は半数。マッチングアプリの流行もあって、ネットでの出会いに抵抗がない人は確実に増えているだろう。



ビビッときた相手がキレイに盛られた加工写真をプロフィール写真にしていたら、もしかするとショックを受ける結果になってしまうのかもしれない。

・合わせて読みたい→マッチングアプリを嫌う女性 「無理」「アプリじゃないと…」と物議

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ