【週末アニメ映画ランキング】「名探偵コナン」興収79億円突破、「甲鉄城のカバネリ」は高稼働の出足

アニメハック

2019/5/14 19:00

(C) カバネリ製作委員会
 5月11日~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク明けの最初の週末は、前週3位スタートを切った「名探偵ピカチュウ」が2ランクアップして首位を獲得。2位は「アベンジャーズ エンドゲーム」がキープした。

前週首位に返り咲いた「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」は3位。週末2日間で動員18万6000人、興収2億5000万円をあげ、累計では動員623万人、興収79億円を突破した。4位の「キングダム」は累計動員が303万人、興収は40億円を超えている。

「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし」は5位をキープ。累計動員は150万人に迫り、興収は17億50000万円を突破した。

新作の「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」は10位にランクイン。全国28スクリーンでの公開ながら、高稼働のスタートとなっている。同作は、2016年4~6月に放送されたオリジナルテレビアニメ「甲鉄城のカバネリ」の後日譚を描く劇場中編。NetflixやAmazon Prime Videoでは同日から配信もスタートしている。

なお、新作では他に「轢き逃げ 最高の最悪な日」が7位、「チア男子!!」は8位、「ラ・ヨローナ 泣く女」が9位にランクイン。「オーヴァーロード」は11位発進となっている。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ