【米ビルボード・ソング・チャート】リル・ナズ・Xが6週目の首位、S・メンデス/ロジック&エミネムTOP5デビュー

Billboard JAPAN

2019/5/14 15:00



リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード feat. ビリー・レイ・サイラス」が6週目の1位をキープした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

圧倒的なストリーミング数を記録し、他を寄せ付けない強さでトップを独走する「オールド・タウン・ロード」。今週記録した視聴回数は1億1,0410万回で、歴代の週間ストリーミング記録としては、6番目に高い数字を更新した。歴代TOP10のうち、5週分(1、2、4、6、7位)がこの「オールド・タウン・ロード」で、昨年ドレイクが保守していた記録を次々を打ち破っている。

また、週間78,000ダウンロードを記録し、デジタル・ソング・セールス・チャートでも前週の2位から1位に浮上。エアプレイ・チャートでも、週間7,760万回を記録し、6位から4位にそれぞれ順位を上げている。エアプレイ・チャートでは、今週4度目の<Airplay Gainer>を獲得した。

新人アーティストによるデビュー曲が6週以上首位を記録するのは、2015年にOMIの「チアリーダー」が同6週を打ち立てて以来、約4年ぶりとなる。2位以下と大差をつけ、R&B、ラップ・チャートでも同6週目の1位を維持した。

2位には、ショーン・メンデスの新曲「イフ・アイ・キャント・ハヴ・ユー」が初登場。2019年第一弾シングルとなる同曲は、5月3日にリリースされ、翌4日に米NBCのTV番組『サタデー・ナイト・ライブ』で初披露された。番組出演の効果もあり、デジタル・ソング・セールス・チャートで2位(週間64,000ダウンロード)、ストリーミング・チャートで8位(週間2,400万試聴)にそれぞれ初登場し、エアプレイ・チャートでも前週の43位から27位へ、大きく順位を上げている。発売日に公開されたミュージック・ビデオは、1週間で5,000万試聴を突破した。

ショーン・メンデスのTOP10入りは、2015年に4位をマークした「スティッチズ」、2016年の「トリート・ユー・ベター」(最高6位)、翌2017年に同6位を記録した「ホールディン・ミー・バック」に続く通算4曲目で、シングル曲としては「スティッチズ」を上回る自己最高位を更新した。同名タイトルでは、41年前の1978年に発表した映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンドトラックから、イヴォンヌ・エリマンがNo.1獲得を果たしている。

先週2位にランクインした、テイラー・スウィフトの「ME! feat. ブレンドン・ユーリー」は3位にダウン。デジタル・ソング・セールス・チャートでも、1位から4位に(週間29,000ダウンロード)、ストリーミング・チャートでも2位から5位に(2,680万試聴)、それぞれ順位を落とした。一方、エアプレイ・チャートでは、前週の13位から10位に浮上し、テイラーにとっては15曲目、 ブレンドン・ユーリーはソロとして初、パニック!アット・ザ・ディスコとしては通算14週のNo.1を記録した「ハイ・ホープス」に続くTOP10入りを果たしている。

ジョナス・ブラザーズの「サッカー」を4位に挟み、5位にはロジックの新曲「ホミサイドfeat.エミネム」がデビューした。同曲は、翌5月10日にリリースされたニュー・アルバム『コンフェッション・オブ・ア・デンジャラス・マインド』からのリード・トラックで、両者による攻撃的なリリックが話題を呼び、ヒットに繋げた。

「ホミサイド」は、週間3,630万試聴を記録し、ストリーミング・チャートで2位に、42,000ダウンロードを獲得し、デジタル・ソング・セールス・チャートでは3位にそれぞれTOP3入りしている。Hot 100でのTOP10入りは、ロジックにとって2曲目、フィーチャリング・アーティストのエミネムにとっては21曲目の快挙で、ラッパーの記録としては、ドレイクの33曲、リル・ウェインの24曲に次ぐ、ジェイ・Zとのタイとなる歴代3番目の高記録となる。

TOP5に新曲が2曲初エントリーするのは、2018年10月27日付チャートでコダック・ブラックの「ZEZE feat. オフセット&トラヴィス・スコット」(2位)と、バッド・バニー&ドレイクの「MIA」(5位)がデビューして以来、約7か月ぶり。

ホールジーの「ウィズアウト・ミー」は前週の7位から8位に後退したが、TOP10滞在週の記録を28週に更新し、ブルーノ・マーズの「ザッツ・ワット・アイ・ライク」(2017年)と、ジュエルの「ユー・ワー・メント・フォー・ミー」(1997年)と並ぶ、歴代6番目の記録に達した。ホールジーは、歴代2位タイにランクインしている、ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」で32週のTOP10滞在記録を保守している。歴代トップは、今年初頭に更新されたマルーン5の「ガールズ・ライク・ユー feat.カーディ・B」と、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が記録した33週。

TOP10以下では、50位にリゾの「トゥルース・ハーツ」がデビューした。リゾは、米テキサス州出身のフィーメール・ラッパー/シンガーで、2週前の5月4日付チャートで、同曲が収録されたデビュー・アルバム『コズ・アイ・ラヴ・ユー』を7位に初登場させた、人気上昇中の新人。この曲で、アルバム・チャートに続き、シングル・チャートでも自身初のランクインを果たした。

次週は、5月10日にサプライズ・リリースされた、ジャスティン・ビーバーとエド・シーランによる新曲「アイ・ドント・ケア」が上位にデビューする。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、5月17日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「オールド・タウン・ロードfeat.ビリー・レイ・サイラス」リル・ナズ・X
2位「イフ・アイ・キャント・ハヴ・ユー」ショーン・メンデス
3位「ME!」テイラー・スウィフトfeat.ブレンドン・ユーリー
4位「サッカー」ジョナス・ブラザーズ
5位「ホミサイド」ロジックfeat.エミネム
6位「Wow.」ポスト・マローン
7位「サンフラワー」ポスト・マローン&スウェイ・リー
8位「ウィズアウト・ミー」ホールジー
9位「バッド・ガイ」ビリー・アイリッシュ
10位「7 rings」アリアナ・グランデ

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ