MISIA、NYライブでPUFFYと『アジアの純真』をセッション

dwango.jp news

2019/5/14 12:41


MISIAがNYにて開催された「Japan 2019 presents Japan Night」(現地日程5/12(日)開催)に出演、自身初となるNYライヴを開催し、圧巻のパフォーマンスで現地の観客を魅了した。

同イベントは、ソニーホールとプレイステーションシアターの2ヶ所で「Japan 2019」の一環として開催され、日本が誇る人気アーティストたちが、日本文化を海外に向けて発信する取り組みとして実施されたスペシャルイベント。MISIAのほかPUFFYやL’Arc-en-CielのHYDE、和楽器バンドも出演し、日本の音楽シーンをリードするアーティストのパフォーマンスが「生」で体験できる貴重なイベントとして発表と同時に話題となりチケットは即完。各会場で計3000人もの観客が集まった。

MISIAはソニーホールへの出演で、NY在住のトランペッター黒田卓也率いるバンドとともにデビュー曲の『つつみ込むように・・・』から最新曲『アイノカタチ(feat. HIDE GReeeeN)』まで、自身のヒット曲を12曲披露。MISIAの圧倒的なボーカル力はもちろん、その歌声をさらに引き立てる超実力派ミュージシャンたちとのステージは、それぞれが難易度の高い華麗なパフォーマンスを繰り広げるまさに極上のステージ。会場超満員となった観客は、ライヴのスタートと同時に大いな盛り上がりをみせていた。

またライヴの終盤にはスペシャルゲストとしてPUFFYが登場。PUFFYの代表曲『渚にまつわるエトセトラ』や『アジアの純真』をMISIAとともに歌い上げ、初の超豪華共演で観客を魅了した。

当日は、第13回目となる日本文化紹介と日米市民交流を目的とする野外イベント「Japan Day @ セントラルパーク」も開催され、NYが日本の音楽と文化を通じてひとつになる記念すべき1日となった。

カメラマン(C)Mayumi Nashida

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ