『サザエさん』フネが母の日に放った言葉に感動の声 「グッときた」

しらべぇ

2019/5/13 18:20




13日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)で「母の日」に関するエピソードを放送。その中で母・フネが放った言葉に感動の声があがっている。

■「母の日の贈りもの」


母の日に向けて、フネに何をプレゼントするか迷うカツオ。しかし、お金がないことから、フネの家事を手伝って感謝の気持ちを貯める「お手伝い貯金」をすることに。

そこから毎日フネの家事を手伝い、ときにはサザエにいいように使われながらも感謝の気持ちを贈っていく。

■「母さんにとっては毎日が母の日」


すると、フネは「母の日だからってわざわざ贈り物を考えてくれなくてもいいんだよ」とカツオに話す。

サザエとワカメが「でもせっかくの母の日だもの」「年に一度のことよ」と言うが、フネは「母さんにとっては毎日が母の日なんだから。あなたたちが生まれた日から毎日が母の日なんだよ」「みんなが元気でいてくれたら、それが一番うれしいよ」と笑みを浮かべる。

そんなフネを見て「やっぱり花を贈りたい」と思ったカツオは、友人らとお金を出し合ってカーネーションの花束を購入。母親にプレゼントしたあとすぐ返却してもらい、次の友人の母親にプレゼントする「花束シェア」で感謝の気持ちを伝えるのだった。

■フネの言葉に感動


放送を受け、ネット上ではフネの言葉に「感動した」「深いわ…」といった声が相次いだ。









■親を尊敬している人は…


「毎日が母の日」と子供たちへ愛情を伝えたフネ。子供に対する親の気持ちが、カツオを通して視聴者にも伝わったに違いない。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,363名に「両親」について意識調査したところ、約半数が「尊敬している」と回答している。



フネの言葉に「泣いた」との声もあがった今回のエピソードだが、放送が終わって急いで花を買いに行った視聴者も少なくなさそうだ。

・合わせて読みたい→テントに向かって手を合わせる小学生 「救いようのない理由」に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,363名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ