『イッテQ』内村光良、ロッチ中岡の態度に激怒 「あの野郎…」

しらべぇ

2019/5/13 12:00




12日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、司会の内村光良が、ロッチ・中岡創一の態度に不満を打ち明ける一幕があった。

内村の「遠泳」にかける情熱が伝わってくるエピソードに、視聴者からも多くの反響が寄せられている。

■自主練習を断った中岡


同日、毎年恒例となっている「シャッフル企画」の各担当者の発表に伴い、出演者らのミーティングの様子が放送された。

内村は出演者同士の協調性のなさに喝を入れると、「中岡は来てもいない!」と激怒。

「あいつ、遠泳が終わった後、宮川くんは率先して自主練習に行った。『誘ってください』って言ってたから、中岡を誘ってみたら『(モノマネをしながら)僕は泳がないほうがキャラ的にいいんで行きません』って…」と、遠泳ロケでのエピソードを明かした。

■内村の怒り収まらず…


中岡はあまり泳ぎが得意ではなく、人一倍練習が必要だったことは過去の放送でも明らかになっている。そんな中、「キャラ」という理由で自主練習を断っていたことに、共演者からも唖然とした反応が。

内村は机を叩きながら「あの野郎!」と叫び怒りを露わにしつつ、笑いを誘っていた。

■「内村さんのモノマネが…」


かつて、番組の企画で「ドーバー海峡横断」に挑んでおり、内村が遠泳に並々ならぬ情熱を燃やしていることが改めてうかがえるエピソード。

しかしながら、視聴者からは怒る内村の「ある部分」に着目した反響が続出している。









中には、シャッフル企画担当者の中に内村の名前がなかったことを残念がるような反響も見受けられる。

■およそ2人に1人が「集団が苦手」


しらべぇ編集部が全国の20代~60代の1,664名を対象に調査を実施したところ、全体でおよそ2人に1人の人が「チームや組織は苦手なほうだ」と回答した。



集団行動が苦手なようにも見受けられる中岡の言動。同じく「チームワーク」が求められる場面を苦手としている人は、決して少なくないようだ。

「シャッフル企画」では、宮川大輔とともに「ミステリーツアー」に挑戦する中岡。宮川は内村から「あいつをよろしく」「途中プールがあったら泳ぐように」との指示を受けており、2人の珍道中も楽しみだ。

・合わせて読みたい→今夜の『イッテQ』を見逃すと確実に後悔する… 19年前の伝説の企画再来と話題

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1664名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ