元AKB48西野未姫「ファンは歯が溶けてる」発言でファン内外から批判殺到! “毒舌キャラ”確立失敗!?

日刊サイゾー

2019/5/12 12:00


 元AKB48のメンバーで、渡辺麻友に似たルックスから「第2のまゆゆ」とも呼ばれていた西野未姫。そんな彼女の発言が物議を醸しているという。

5月6日に放送された『陸海空 こんなところでヤバいバル』(テレビ朝日系)で、モデルやアイドル10人が10日間サバイバル生活を送るというコーナーの中に出演した西野は、一日の終わりとなる就寝前のプライベートトークで、共演者たちとアイドルの話や、ファンの話へと発展。その際に、モデルの遠山茜子が「オタクってお金持ちだよね」という発言をした際、それに対して西野が、「でも、だから見た目ああなっちゃってるんだよね。AKBのファン、皆歯ないよ」「歯、溶けてるの。この世にこんなに歯がヤバい人って、こんなにもいるってぐらいヤバいの。溶けてるの。この(CDの)枚数のお金で歯治してって思うぐらい、マジでびっくりするぐらい歯溶けてるの」「女(ファン)も歯溶けてるから、マジ」と、自身が以前所属していたAKBのファンについて、歯が溶けてなくなっている人が多いという持論を展開した。

このファンを馬鹿にしたともとれる発言について、ネット上では「ファンじゃないけど、気分悪いなあ」「自分にお金落としてくれた人の悪口言うとか」「仕事なくなるよ」「顔も態度も性格もブスすぎ」と、批判の声が殺到。中には「メディアへこういう出方しかできないのは悲しい」「毒舌キャラで売り込みたいのかな」と、西野がこうした毒舌を売りとしたキャラで売るつもりなのではないかと推測する声も上がっている。

「みんな……というのは言い過ぎなんでしょうが、実際こうした傾向が見て取れる部分はあるのかもしれませんね、同じAKB系列であるSKE48のメンバーだった松村香織さんも、2017年にバラエティ番組の中で、『なんでこんなに歯がない人たちが集まるんだろう?』と発言し、話題を集めたことがありました。実際、こうした熱心なファンの中には、生活費のかなりの割合をファン活動に費やしてしまう人も多いわけで、その中には、自身の歯の状況に無頓着で、そうなってしまっている人もいるんでしょう。ただ、握手会や総選挙などでCDを大量に買わせる商法を行っていたアイドルグループのメンバーが、これをいうのはさすがに……。もちろん、西野さんや松村さんがその商法を考えて行ったわけではないでしょうけど、少なくともその一端を担っていたわけですから。少なくとも、言い方ってものはあるんじゃないでしょうか」(芸能ライター)

09年にスタートした『AKB選抜総選挙』が今年は開催されないことが発表され、勢いに陰りが見えているのではないかと指摘されているAKB48グループ。この背景には、NGT48のメンバーである山口真帆への暴行事件の影響があるともされているが、今回の西野のように、元メンバーによるファンへの裏切りともとれる行為が原因の一つとなっているのかもしれない。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ