ドラマ絶好調のテレ朝が『ドクターX』『BG』続編制作で攻めすぎ!!

wezzy

2019/5/12 17:05


 10連休中は軒並みドラマ視聴率が激落ち。『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)は6.5%まで落ち込み、『インハンド』(同)も7.7%、『集団左遷』(同)も8.9%の一桁を記録してしまうなど、初回は好調だったTBS系ドラマにも暗雲が立ち込めてしまいました(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

そんなGW中もまったく視聴率が落ちず二桁キープを続けたのが、テレ朝ドラマ勢。『特捜9 Season2』『科捜研の女 Season19』『緊急取調室3』といずれも絶好調で、その数字的な強さは他局の追随を許しません。アツコの緊急リサーチによると、まだまだテレ朝は攻めの手を緩めず強力コンテンツのパワーアップをはかっているようで……。

___

皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

令和になって10日あまり。皆様、いかがお過ごしですか?  取り立てて何も変わらない毎日だけど春クールのドラマも中盤に入ったし、アツは「GW休みボケ」を自認する“いつメン”たちと「お気に入りドラマを勝手に発表する会」を開催したの。

すると会の元締め的立場である酒豪の広告代理店勤務のねーさんが「2019年の春クールは、残念ながらハマるドラマがなかったわ」と最初に結論付け、賛同者が次々と手をあげだして「そうそう、見たいもんない」の声が続出。とりわけ多かった意見は「福山雅治はカッコイイけど『集団左遷!!』は期待はずれだったなぁ。ましゃの“顔芸”もちょっと痛々しいし、『日曜劇場』の看が重荷になってる感じ。楽しみにしていた分、ガッカリ感も倍返し」と手厳しいものだったわ。

『集団左遷!!』は会社勤めの男性陣に聞いても「うーん、期待値が高すぎたのかもな。何くそってガツンとくる感じじゃなくて、ふぁ~っと妙に爽やかにまとまってるからあんまり燃えないし。俺の周りでも脱落者が後を絶たないよ」なんて調子で。確かに視聴率も苦戦しているし前途多難な展開なのよね。ましゃは大好きなのに~!

4月クールはご存知のように視聴率的にはテレ朝ドラマの圧勝。井ノ原快彦主演の『特捜9』、沢口靖子主演の『テレビ朝日開局60周年記念  科捜研の女』、天海祐希主演の『緊急取調室』が好調で、いずれもお馴染みのシリーズなので安心感があるのかブレずに安定の強さを発揮。みんな「テレ朝ドラマが軒並みこんなに強くなるなんて、昔は考えもつかなかった。しかも今クールはどれもが警察関連ドラマ。普通なら1つぐらいコケそうなものなのに、何故か揃いも揃ってアンパイなんだよなぁ」と感心していたわ。

テレ朝の警察関連ドラマは基本的に1話完結だから、1回ぐらい見逃してもそんなに支障は来さないし安定しているのもわかるわ。東京ローカルの午後の再放送枠では相変わらず『相棒』シリーズが毎日OAされているんだけど「他局のヘタな夜の現行ドラマより、よっぽど視聴率を取る時がある」そうだからびっくりよ。

再放送まで手中に収める、ノリに乗ってるテレ朝。そうなると次の一手が気になっちゃうでしょ?  チラホラ噂にもなっているけれど、米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が大復活するとの報がアツの耳にも飛び込んできたわ。現在、7月からのブロードウェイミュージカル『CHICAGO』に出演するとあって大忙しの米倉さん。アツは昨年末に『CHICAGO』再演の話を聞いて日本人女優史上初の3度目のブロードウェイ主演だし、プレッシャーも半端ないと思って本人に聞いてみたんだけど「とにかくやるっきゃないの。四の五の言わずに頑張るしかないのよ」と言っていた米倉さんが忘れられないの。豆腐メンタルの彼女がいつになくキッパリ言っていて心意気が眩しかったし。その勢いのまま、大門未知子へとシフトして行くのかしら?

一方、木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』もパート2が作られるとか。2018年1月から放送されて好評を博したこのドラマ。来年1月からのスタートと噂されているし、テレ朝のドラマスタッフに「やるんでしょ?  BGもドクターXも!  どうなのよ?」と直撃したところ、「えーっ、えへへへへ」とのお返事が。ゼネラルプロデューサーがニヤケ顔で一切の否定もせず「えへへへへ」ってね。もうこの素直な反応には笑っちゃったわよ。

その後で一応、「まだ正式発表は出来ないんだけどまさに継続は力なりで、続ける事に意義があるし続ける事って実は大変なんだよ。新しいドラマを作る事も大切だし、していきたいけど、続けていく難しさっていうのもあるからさ」って。ふむふむと感心しながら聞きつつも内心、「あ~結果、やっぱり復活するわけなのね」と確信したってわけ。

確かにインタビューをしていても俳優さんやタレントさんも「継続は力なり!」ってよく言うし、「現状を維持しながらも進化していく事が大事」と言うものね。そういう意味で言うと、実は今クールでそれにぴったり当てはまるのが日本テレビ系の深夜ドラマ『遊戯(ゲーム)みたいにいかない。』じゃないかしら?

前フリにテレ朝ドラマを並べ立てておいてあまりに強引な展開で申し訳ないけど、今クールのアツのイチオシドラマがこれなの。主演は東京03の角田晃弘さん、飯塚悟志さん、豊本明長さんで、三代目 J Soul Brothersの山下健二郎さん、若手女優の山本舞香さんがレギュラーメンバー。主題歌は東京スカパラダイスオーケストラ。エンディングで主題歌『遊戯みたいにGO』がかかるんだけど、スカパラが「おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいドラマに合うような曲を書き下ろした」んですって。もうね、最後の最後まで一滴残らず楽しませてくれる水曜深夜の唯一の憩いドラマ。

その後に『KATーTUNの世界一タメになる旅!+』(TBS系)を見て、ふと時計を見ると深夜の2時になってるわけだけど、寝不足なんて何のその。まぁ正確に言うと水曜深夜はバカリズムさん、中丸雄一くん、カズレーザーさんが出演する『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)を見て『遊戯みたいに~』からの『タメ旅』へと続く流れなんだけど、週の半ばのパワーチャージになること間違いなしの番組たちなのよ。

で、肝心の『遊戯みたいにいかない。』なんだけど、朝の早い人はHuluで見逃し配信中だからぜひチェックをしてみてね。内容を軽く紹介すると売れない漫画家・戸塚(角田)とその娘・るみ(山本)、戸塚のアシスタント・荒巻(山下)と、戸塚の幼馴染・鳥飼(飯塚)&担当編集者の足立(豊本)という異色キャストが繰り広げる痛快コメディーなわけ。壮絶な親子喧嘩の成れの果ても見ものだけど、登場人物がいちいち個性的で面倒くさくて面白いの。深夜なのに毎回、驚くほど豪華なゲストが続々と出演するし、シュールな笑いが散りばめられていて見始めたら止まらない。何より東京03の演技力が、ちょと見はコントっぽいんだけど卓越していてたまらないのよ。

脚本&監督は東京03の盟友であるシチュエーション・コメディーを描かせたら右に出るものなしの奇才・オークラさん。ニイルセンのアニメーションもシュールで見応えがあって、どこをとってもクスリと笑えちゃう秀逸シーンばかり。企画プロデュースは前作『漫画みたいにいかない。』も担当した日テレの川邊昭宏氏。スタッフによると「川邊さんの幅広い人脈が全てを物語っている」そうなんだけど、舞台化までされた人気作。今回もさらなるパワーアップがなされていてため息ものよ。

膨大なセリフ量があるというのに収録現場は和気あいあいとしていて、誰かの発言にすかさずツッこんだりボケたりして笑いが絶えず。劇中では激しく父娘としてバトってる角田さんと舞花さんも仲良しで何より。

舞花さんと言えば『王様のブランチ』(TBS系)に出ている時は作り笑いもしないし、ちょっと仏頂面をしている時もあるんだけど、今回の『遊戯みたいに~』のるみ役はその生意気さ加減や無愛想っぷりがドンピシャで、まさにハマり役。奇抜&ド派手な衣装もさらりと着こなしているし、今や気になる女優さんの1人よ。父親への反抗的な態度も、小悪魔的な言動もシビレちゃう~。適材適所の配役で感動すら覚えちゃうしね。

あまりに心揺さぶられるから突撃して東京03の皆さんに「見どころを一言」と聞いたら「え、えっと~」と考え出して。最終的には「見どころ? 誰か言えよ。ン?  見どころあったっけ?」なんてオチがついたりで、どこまでもシュールで素敵。キャストの皆さんも大変なのにそんな事はおくびにも出さず、真摯に取り組んでるし、何がいいってスタッフが「心の底からこの現場を楽しんで堪能してる」って事。それが画面からも伝わってくるから見ているこちらも楽しくなるし、ゲストの人たちも「あの現場なら行ってみたい」となって、出演を快く引き受けてくださるんですって。

時間をかけて大の大人たちがあーでもないこーでもないと話し合い、笑いあいながらも真剣に作る異色ワンシチュエーションコメディードラマ。深夜ならではの味付けだけど、熱量は120%で、ゴールデンタイムのドラマにも全然負けてないしね。限られた少ない予算の中で作っているのに、あんなにも良質な作品が出来るんだから、本当にゴールデンタイムのドラマにはもう少し頑張っていただかないとなぁと生意気ながら思う昨今。7月クールは俗に「夏枯れ」と言われる季節で、ただでさえテレビ離れが進む時期だしね。とんでもなく心配よ~!

……と、話がダラダラ長くなっちゃったので「4月クールのドラマ話」はまた次週。来週は「古田新太さんが大好き!」な女性記者がイチオシする『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)話を。タイトルに合わせて新しいスカートを買って着てきた彼女が古田さんを直撃するというので、アツも便乗してきちゃったの。視聴率はちょっと厳しくてもみんな頑張ってたわぁ。「俺スカ」ファンの皆様、次週もどうぞヨロシクお願いしま~す!

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ