成海璃子の現在は? ドラマ『瑠璃の島』が懐かしい…

grape

2019/5/11 13:43

女優として活躍している成海璃子(なるみりこ)さん。

優れた演技力と整った顔立ちで、男女問わず多くの人から支持されています。

そんな成海璃子さんの出演作や写真集、今後の活動についてといったさまざまな情報をご紹介します!


成海璃子の出演映画・ドラマ・舞台


仲間由紀恵さんと阿部寛さんのコンビが面白いミステリードラマ『TRICK』(テレビ朝日系)が、成海璃子さんのデビュー作となります。当時の年齢はまだ8歳でした。

素晴らしい演技力を認められて、2005年にはドラマ『瑠璃の島』(日本テレビ系)の主役を射止めています。

沖縄本島より先にある南の島で、成海璃子さん演じる孤独な少女・藤沢瑠璃が温かい島の人々との交流で心を開いていくというストーリー。大人びた小学生である藤沢瑠璃役を、成海璃子さんは演じ切りました。

成人した成海璃子さんを見た人は、『瑠璃の島』を懐かしく思い出すことがあるそうです。
『瑠璃の島』制作発表 2005年
『瑠璃の島』制作発表 2005年

演技力が評価されて、ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)や『ハチミツとクローバー』(フジテレビ系)に出演。『ハチミツとクローバー』では、主役の花本はぐみ役を射止めています。

『神童』が『神童』に


映画『神童』は、1999年に『第3回手塚治虫文化賞』でマンガ優秀賞を獲得した同名の漫画を原作としています。

成海璃子さんは主役の成瀬うた役を演じました。13歳という年齢ながらピアノの天才という役を演じるにあたり、成海璃子さんはピアノの特訓をしたそうです。

成海璃子さんも当時14歳、神童が神童を演じたといえるでしょう。

ラブロマンスでも成海璃子さんの存在が光ります。映画『きみにしか聞こえない』では、ファンタジックな設定を成海璃子さんの地に足のついた演技が引き立たせていました。

彼氏役に当たるだろう俳優・小出恵介さんとも息の合った演技だといわれています。

大人になって幅広い役を演じるように


料理を取り上げた時代劇映画『武士の献立』では、ヒロインの夫・舟木康信の幼なじみである今井小夜役を演じました。難しい役でしたが、成海璃子さんは好演しています。

小説家・小池真理子さんの小説を原作とした映画『無伴奏』で、成海璃子さんはまたしても主役を任されました。

『無伴奏』とは作中の喫茶店の名前。1970年代の日本が舞台です。成海璃子さんは必死に生きる若い女性の恋を体当たりで表現しました。

映画『無伴奏』公式インスタグラムより


ドラマ『リテイク』(フジテレビ系)は、『人生をやり直してみたい』という誰もが1度は考える夢を主軸にしています。成海璃子さんは主人公・新谷真治部下である那須野顔薫を務めました。

『リテイク』(フジテレビ系)制作発表(左から)成海璃子、筒井道隆、浅野温子

ドラマの出演としては、『スキャンダル弁護士 Queen』(フジテレビ系)や『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)もあり、成海璃子さんは存在感ある女優とみなされているようです。

舞台でも成海璃子は輝く!


観客と直接顔を合わせる舞台は、演技を専門とする人たちでも別格だといいます。成海璃子さんは舞台でもその才能を発揮しました。

『PARCO & THE TOKYO GLOVE presents “いのうえシェイクスピア”INOUE respects SHAKESPEARE 2013 「鉈切り丸」』では、巴御前を演じています。

さらに、『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』にも出演。タイトルからうかがえるようにナンセンス劇で、難易度の高い舞台を成海璃子さんは務めました。

『シアターコクーン・オンレパートリー2017「プレイヤー」』はホラータッチの演劇で、『現実と劇の境目があいまいになる』というコピーがつけられています。


新国立劇場で上演される舞台『マニアック』にも成海璃子さんが登場。メイ役として、音楽劇に挑戦していました。

成海璃子の出産シーンに注目!


コミックから人気に火が付き、アニメ化もされた『昭和元禄落語心中』。ジャニーズの岡田将生さん主演でドラマになり、ファンを沸かせました。

成海璃子さんが『昭和元禄落語心中』(NHK)で演じたのは、主人公・八代目有楽亭八雲の養女・小夏。気が強く、生い立ちから主人公に反発してばかりいる女性ですが、8話での出産シーンが「すごい」と話題になりました。

成海璃子さんは汗だくでベッドに横たわり、必死に出産の痛みに立ち向かいます。鬼気迫る演技に、視聴者も手に汗を握りました。Twitter上でも「迫力あった」と評判です。

成海璃子の写真集『12歳』がいまでも注目される


8歳でデビューした成海璃子さんは、12歳で写真集を出版しています。『12歳』というタイトルでしたが、2005年発行と時間が経っているため入手は難しいようです。

成海璃子さんの写真集としては、2007年上梓の『成海璃子写真集 Natural Pure』や2012年に出された『成海璃子 写真集「RICO DAYS」』があります。

どちらも成海璃子さんの魅力が詰め込まれており、注目される『12歳』もさることながら、『成海璃子写真集 Natural Pure』や『成海璃子 写真集「RICO DAYS」』を手にする人も多いといいます。

成海璃子の現在・これから


映画『愛唄 -約束のナクヒト-』が公開されたのは2019年1月。成海璃子さんは相川比呂乃役としてキャスティングされています。


『愛唄 -約束のナクヒト-』を皮切りに、『海辺の映画館-キネマの玉手箱』にも出演が決定しています。2019年公開の予定。

映画出演は2本だけではなく、『ゴーストマスター』では、俳優の三浦貴大さんとW主演で撮影に挑みます。

高い演技力と優れた感性を持つ成海璃子さん。キャリアを重ねていくごとに、実力も磨かれていくことでしょう。ファンクラブができるのも時間の問題。成海璃子さんのこれからの活躍から、目が離せません!

成海璃子プロフィール


生年月日:1992年8月18日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:163㎝
所属事務所:研音


[文・構成/grape編集部]
出典 研音mubansou_movie2019年1月25日公開!映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』予告編

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ