『きのう何食べた?』待望のサッポロ一番登場! 過去最大の飯テロと、そこから見える2人の関係性

日刊サイゾー

2019/5/10 17:00


 5月3日深夜に放送された『きのう何食べた?』(テレビ東京系)の第5話は、矢吹賢二(内野聖陽)が主役の“ケンジ回”だった。

母・久栄(梶芽衣子)から「年末年始は帰ってこい」と言われた筧史朗(西島秀俊、以下「シロさん」)は、ブーブーと子どものように文句を言っている。

「シロさん、前からお母さんのことにケチつけてるけど、『ゲイは恥ずかしいことじゃない。息子がどんなでも受け入れる』って言ってくれるお母さん、俺、すごいと思うよ。たとえ、うわべだけでも理解のある言い方してくれる親に、ちょっとは感謝してもいいんじゃない? ともかく、四の五の言わずにお正月くらい実家に帰って少しは親孝行してらっしゃいな」(ケンジ)

大人になってから自分のことを怒ってくれる存在は貴重だ。いつもメソメソして子どもっぽく思えるケンジだが、人に対して感謝の言葉を忘れず、いざとなったらシロさんを諭すこともある。実はこのカップル、ケンジのほうが大人な気がする。

ケンジは強く言いすぎたことを気にしていたが、帰宅すると食卓に用意されていたのは、ガッツリ系のあんかけチャーハンとこってりオイスターソース炒め。シロさんが作ったのはケンジが好きなメニューで、怒ってくれたことへの感謝を料理で示している。普段はおおらかなパートナーからの言葉が響き、シロさんは実家へ帰省することにした。第5話は、このドラマが初めて“食”を中心に据えた回だ。

サッポロ一番の“即食べ”を理解し合って感じるつながり


 シロさんが帰省したことで、ケンジは年越しを1人で過ごすことに。

ケンジが作るサッポロ一番みそラーメンは、原作を読んだ視聴者にとってずっと待望だった。とにかく、彼が作るラーメンはこってりしている。基本、ケンジはそういうのが好きなのだ(原作では惣菜のとんかつを使い、カツ丼も作っていた)。

バター投入、味噌投入。これでもう味はしっかりしているのに、さらに粉末スープも投入。シロさんがいたら絶対に許されない料理。背徳感がすごい。しかも、汁まで全部飲んでしまうケンジ。この人、味覚は男なのだ。

「シロさんの料理は大好きだけど、やっぱ袋ラーメンだけは自分流に作って食べたいんだよね~」(ケンジ)

おいしそうだから困る。匂いまで伝わってきそうだ。このラーメンは深夜にはヤバい。シロさんには悪いが、間違いなく今までで一番の飯テロだった。また、演じる内野がキャラに合わせ、ちゃんとぎこちなく作っているのもすごい。包丁さばきは危なっかしく、卵の殻を割ったり捨てたりしている手さばきは雑。だからこそのシンパシーで、余計に作りたくなる。今年の年越しは、サッポロ一番みそラーメンにしよう。

ラーメンを作っているとき、ケンジはシロさんからの電話に出なかった。

「なんで電話に出ないんだよ、さっきから何度もかけてるのに! 1人で年越しするのはさぞ寂しかろうと思ってかけてんのに、お前は……」(シロさん)

ウソだ。本当に寂しいのは自分。一方、普段はシロさん愛がすごいけど、このときばかりはサッポロ一番が最優先だったケンジ。一瞬の逆転がほほえましい。ケンジは隠さず、理由を打ち明けた。

「サッポロ一番食べてた」(ケンジ)

この言葉を受けて生まれた少しの沈黙にヒヤリとする。

「……サッポロ一番じゃ仕方ねえな。作ったら即食べだよな、あれは(笑)」(シロさん)

こういうのをわかってくれるパートナーなのだ。このくだりで幸せを感じさせるのがすごい。電話を切った後、ケンジはしみじみした。

「こうして1人の年越しが寂しくないのは、シロさんがちゃんと帰ってきてくれるってわかってるからなんだよねえ」(ケンジ)

サッポロ一番の即食べを理解するシロさんとのやりとりが、大いなる前提として効いていた。何気なさに重い意味を含ませる構成は見事だ。

年が明け、シロさんの実家に近所の子どもたちがやって来た。

「うちの親たちは、もう、孫の代わりにお隣の子どもたちをかわいがることに決めたんだ」(シロさん)

子どもたちは家のトイレの場所を知っているし、久栄は子どもたちがハムを好きだと知っている。両親を見るシロさんの視線が、いろいろなことを考えさせる。孫を連れてこない子と両親の関係は、ゲイに限った話ではない。多くの視聴者に響いたのではないか。

今回のシロさんの帰省には、理由があったはずだ。でも、それを果たせていない。

シロさん「あのさあ、結局、老い支度の話してないけど、いいの?」

久栄「あぁ~。……もう、わかったでしょ?」

孫の顔を見られない両親。それを後ろめたく思う息子。これだけで、先を意識する状況は出来上がってしまっていた。すべてを踏まえての「もう、わかったでしょ」だとしたら、泣ける。

おいしさを共有すると絆が深まる


 実家から大量のお餅を持ち帰ったシロさん。これを食べ切るのがシロさんとケンジのミッションだ。早速、2人はレンジで焼いた。

ケンジ「わわわわわわっ! シロさん、膨らんできたよ? ね、シロさんもう出していい? もう、出していいの!?」

シロさん「うん、出していいよぉ」

どう考えても、何かを暗喩したやりとりじゃないか。気の抜けない脚本である。

ここから連日、食卓にはお餅料理が登場し続けた。初めはおいしくても、どうしたってじきに飽きる。でも、ケンジは律義に「おいしい」と感謝した。3日目の朝なんて明らかにうんざりしているのに、けなげにも引きつった笑顔をキープ。一方、それに気づかないシロさん。この人は餅をどう消費するかで楽しくなってしまっているのだ。しかし、「餅以外の炭水化物が食べたい~!」と、さすがのケンジもギブアップ。その後に出てきたのは、栗きんとんをのせたトーストだった。こんなの、うまいに決まってる。いつか、これもやってみたい。もちろん、ケンジもこのトーストには満足したようだ。

「おいしいよ。……また来年も食べたいなあ」(ケンジ)

「来年も、お正月は両親と過ごしなさいよ」という意味だろうか。おいしさを共有したら、2人の絆が自然と深まる描写が素敵である。

このドラマ、週ごとに怒涛の勢いで季節が移ろう。そして、それに呼応したかのように、週ごとに2人のつながりが深まっていくのも感じられるのだ。

(文=寺西ジャジューカ)

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ