永野芽郁、橋田賞新人賞に涙 目を潤ませて意気込み

クランクイン!

2019/5/10 20:05

 女優の永野芽郁が10日都内で、「第27回橋田賞授賞式」に出席。連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)の撮影を振り返り、目を潤ませながら「これからも(世間の)皆さんの目にとまるように、一生懸命お芝居をしていきたい」と女優業をまい進する決意を示した。

【写真】第27回橋田賞の受賞者たち

橋田賞は、優れたテレビ番組や人物に贈られる。脚本家の橋田壽賀子が理事をつとめる橋田文化財団や各テレビ局やモニターなどが中心になって審査を行なう。

今回の授賞式には、橋田賞に選出された山田洋次監督、松坂慶子、内藤剛志、大泉洋、宮崎あおい菅田将暉、安住紳一郎、橋田新人賞に選出された永野らが出席した(橋田賞受賞の岡田将生は欠席)。

ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)や『dele』(テレビ朝日系)における「才気にあふれた演技」が支持された菅田は、欠席した岡田のことを「名前も知らなかった」とあけすけに言い放った橋田に、恐る恐る「ちなみに僕のことは…ご存知でしょうか? 菅田将暉と申します」と自己紹介。橋田が「ごめんなさい…! 拝見したことはあります」と答えると、会場に笑いが起きた。

続けて菅田は「今年で、お芝居を始めて10年になった。自分なりには忙(せわ)しく過ごしてきたつもり」と自負しつつ、「ちょっと『疲れたな~』と腑抜けたことを思っていたけど、今日、僕のことを知らなかったけど、橋田先生の元気な姿を見て、まだ自分は生まれたて。これから人生が長く続くんだなと実感した。一からお芝居に励みたい」と意気込んだ。

永野も、橋田に「私のことは知らないですよね…」と質問。橋田が「(『半分、青い。』は)北川悦吏子さんの脚本なので拝見している」と返答すると、永野は「ありがとうございます…! 菅田さん、やりました!」と片腕でガッツポーズを見せた。

永野は選考対象になった『半分、青い。』を振り返り、「自分が生きたことのない時代から、年齢まで演じさせてもらった。悩むこともたくさんあったけど、(スタッフなど)数えきれないほどの大人の方たちに支えていただいた。絶対ご一緒できないだろうと思っていた先輩方の姿も見せていただいた。これからも皆さんの目にとまるように、一生懸命お芝居をしていきたい」と目にうっすら涙を浮かべていた。

最後のフォトセッションでは、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で共演した菅田と肩を並べる場面もあった。

連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)にてヒロインの母親・今井鈴を好演し、“ぶしむす”(武士の娘)として話題になった松坂は、「圧倒的な存在感と魅力的なキャラクター」が視聴者から支持を受けて受賞。「本当に光栄。ドキドキする」と言い、「橋田先生を見習って、私も20年、30年と頑張りたい」と述べた。

【受賞者一覧】

■橋田賞大賞
・該当なし

■橋田賞
・山田洋次
・松坂慶子
・内藤剛志
・大泉洋
・宮崎あおい
・岡田将生
・菅田将暉
・安住紳一郎

■橋田賞新人賞
・永野芽郁

■橋田賞新人脚本賞
・入選作:『蜘蛛の糸』(いとう菜のは)
・佳作:『52歳のエレジー』(三谷武史)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ