King & Prince高橋海人、“エスパー犬”ハルクの能力に驚愕

テレビドガッチ

2019/5/10 12:00

King & Princeの高橋海人が、5月10日放送の『坂上どうぶつ王国3時間SP』(フジテレビ系、毎週金曜19:00~)に出演。高橋は、ある信じられない能力を持つ犬がいると聞いて、大分県別府市の温泉旅館を訪れる。

同番組は、芸能界きっての愛犬家である坂上忍とゆかいな王国ファミリーの仲間たちが、人間と動物の「楽園」をイチから作り上げていく動物バラエティ。スペシャルレギュラーとして片平なぎさ、レギュラーメンバーとして、高橋のほかに、サンドウィッチマン、くっきー(野性爆弾)、堀田真由が出演。さらに芦田愛菜がゲスト出演する。

高橋の前に現れたのは、9歳になるハルク。ハルクは盲導犬にはなれなかったものの、とても賢い犬だという。ハルクのご主人であるこの温泉旅館「湯の里 葉山」の牧野さんによると、ハルクはなんと“超能力”を使うことができるというのだ。にわかに信じがたい話に、高橋も半信半疑。さっそくその“超能力”を披露してもらうことに。

まず異なる図柄が描かれた10枚の大きなトランプカードを、その図柄が見えないように裏返して床に並べた牧野さん。そして、床に並べた10枚と同じ図柄が書かれた小さなトランプから、1枚を選んだ高橋。高橋が選んだのは、クラブの5。牧野さんは高橋が選んだカードをハルクに見せて、床に並べられたトランプから同じ図柄=クラブの5のカードを持ってくるように指示を出す。すると、まっすぐに床のカードのもとへ走って、ある1枚のカードを運んできたハルク。ハルクが持ってきたカードはクラブの5。なぜ裏返して並べたカードの中から、クラブの5を選んで持ってくることができたのか? 牧野さんは、「これがエスパー犬ハルクの透視能力です!」と断言。しかし、これに対して高橋は「マジックということじゃないですか?」「タネがあるんじゃないですか?」と疑いの目を向ける。すると今度は、さらに高度な“透視”に挑戦すると……。高橋も「うわー! これはすごい!」と驚きの声。ご主人の牧野さんは、「盲導犬は日本には少ないですから、私たちもエスパー犬としてマジックをしながら盲導犬学校の募金活動に協力させてもらっている」と、思いを語った。盲導犬普及のため、そしてみんなを楽しませるために頑張る “エスパー犬”ハルクに注目したい。

この日はほかにも、坂上がアメリカ・ロサンゼルスを訪れ、ローラとともに最先端の動物保護施設などを訪問する。さらにロサンゼルスにあるローラの自宅をテレビ初公開するとともに、ローラがロサンゼルス移住を決めた理由を初告白する。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ