ヴァリアー編を舞台化する第2弾「リボステ」獄寺隼人役の原嶋元久らのビジュアル写真公開

アニメハック

2019/5/8 20:00

(C)天野明/集英社 (C)『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会
(C)天野明/集英社
(C)『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE製作委員会
 天野明氏による人気漫画を舞台化する「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-vs VARIA partⅠ-」の第2弾ビジュアル写真が公開された。

原作漫画「家庭教師ヒットマンREBORN!」は、2004~12年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された作品。ヒットマンを名乗る赤ん坊のリボーンが、何をやってもダメな少年・沢田綱吉(ツナ)の家庭教師となり、彼をイタリアンマフィア「ボンゴレファミリー」の10代目ボスにしようと厳しい教育を施す姿を描いた。06~10年のテレビアニメ化をはじめ、ゲーム化、ノベライズなどさまざまなメディアミックスを展開。18年には「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」として初舞台化され、リボーン役にテレビアニメ版で同役を演じたニーコの起用が話題となった。

今回公開されたビジュアルは、ツナとともにボンゴレメンバーとしてボンゴレファミリー最強の暗殺部隊「ヴァリアー」と対峙する、獄寺隼人役の原嶋元久、山本武役の山本涼介、笹川了平役の上杉輝、ランボ役のKIMERU、雲雀恭弥役の岸本勇太がそれぞれの役柄になりきったものとなっている。なお、原嶋以外のキャストおよびリボーン役のニーコ、ツナ役の竹中凌平、演出・脚本の丸尾丸一郎は初演から続投。このほか、XANXUS(ザンザス)役として林田航平、S・スクアーロ役として髙﨑俊吾らの出演も決定している。

前後編で展開する「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-vs VARIA partⅠ-」は、6月14~23日まで東京・シアター1010、6月27~30日まで大阪・柏原市民文化会館で上演。チケットはローソンチケットで5月7日までプレリクエスト先行(抽選)を受け付けており、5月19日正午から先着順で一般発売を開始する。価格は一般が7800円で、公演パンフレットと限定グッズが付属するプレミアムチケットが1万800円(いずれも税込み)。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ