オムライスを作る高橋一生、パンイチの斎藤工、豆まきをする滝藤賢一…別冊『東京独身男子』3人のわちゃわちゃが可愛すぎて眼福の嵐!

AbemaTIMES

2019/5/6 10:00

 AK男子たちが七転八倒する様を描くラブコメディー『東京独身男子』のスピンオフドラマ『別冊東京独身男子』が5月5日(日)深夜0時5分より放送され、数々のシーンが話題を呼んでいる。
 50歳まで1度も結婚したことのない男性が4人に1人いるといわれる現代。そんな新時代に登場したのは、“あえて結婚しない”男子=『AK男子』たち。メガバンク勤務のアラフォー優良物件・石橋太郎(高橋一生)。2年の結婚生活に別れを告げ、恋愛市場に返り咲いたバツイチ審美歯科クリニック院長・三好玲也(斎藤工)。大手弁護士事務所のボス弁であり、太郎と三好の兄貴分・岩倉和彦(滝藤賢一)。人並み以上の容姿を持ち、スペックも高く、気の合う仲間とつるみながら独身ライフを謳歌していた3人が、ある時を境に結婚を猛烈に意識する事態に…!しかし、その先に待っていたのはとんでもない“難婚ワールド”で…!?

スピンオフではドラマの主要舞台である“太郎の部屋”でストーリーが進んでいく。ドラマ本編の第一話から遡ること1ヶ月。三好の住むマンションの最上階が売りに出て、そこに三好が移ったことで空いた元の部屋に住むことになった太郎。三好と岩倉は引っ越しの手伝いで太郎の部屋に集合。引っ越し作業を行いながらも、話題は太郎の半年ぶりのデートの話しに。デートの相手は先日ばったり会ったという大学時代の後輩アカリちゃん。「俺はパッと見華やかな人が好きなんだけど、アカリちゃんは和風美人なの」なんて上から目線で話す太郎。三好は「アカリちゃん…?」と若干のひっかかりを感じつつも、「太郎ちゃん頑張って」と、岩倉とともに太郎を焚きつけるが…。
 思わず盛り上がってきた恋愛話に、テンションが上がったのか、斎藤工演じる三好がおもむろに逆立ちをはじめ、バスローブの裾が豪快にはだけ、まさかのたくましい腹筋とボクサーパンツが御開帳!

また後半では、太郎と三好と岩倉が口論の延長から豆投げ合戦に興じたり、仲直りに太郎が「オムライス作っちゃおうかな」とフライパンを手にはしゃいで見せ、3人で仲良くオムライスを食べるなど、3人のイチャイチャ姿に「スピンオフ更にわっちゃわちゃだなww」「引っ越しの日なのにちゃんと作ってオムライス食べてる~!」「太郎ちゃん…可愛い」「もう..これ..ずっと見てたい!!」「なにこれかわいい引越し手伝いたい」「別冊も最高だった もうこのわちゃわちゃ、ずっと見てられる」などの声があがった。
 『別冊東京独身男子』第2夜は5月18日(土)深夜0:05よりAbemaTVにて配信がスタートする。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ