King & Prince平野紫耀、仰天発言に明石家さんまも涙!“お笑い怪獣”を倒すゲームにも挑戦

King & Princeの平野紫耀が、5月5日(日)放送の『明石家さんまの熱中少年グランプリ2019』(TBS系、18:00~)に出演。今回、平野は小学3年生の少年が番組のために作ったゲームに挑戦する。

20年以上続いたバラエティ『さんまのスーパーからくりTV』の人気コーナー「熱中少年物語」が、“令和”最初のこどもの日に復活。園児ながらCharに憧れている熱いロック魂を持つ“ギター少年”や、“5歳のセクシーガール”など、多くの名キャラクターを輩出してきた名物企画が、3時間のSP番組として帰ってくる。

MCを明石家さんまが務め、平野のほか、芦田愛菜、泉谷しげる、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、古屋雄作がゲスト出演。

番組では、コーナーから約15年経った今、当時の熱中少年・少女がどうなっているのかを追跡調査。懐かしのあのキャラクターが再びカメラの前に現れる。さらに、イマドキの熱中少年・少女に密着するコーナーでは、8歳にしてプログラミングに熱中している少年を紹介。まだ小学3年生だというのに、自らプログラミングを組んで遊んでいるという少年が、今回、番組のために特別なゲームを作成する。

少年がプログラミングしたのは、「おわらいかいじゅうをたおせ」という、MCのさんまをモチーフとしたシューティングゲーム。“お笑い怪獣”のさんまを若手芸人が倒すという、8歳の少年が作ったとは思えないユーモアセンスあふれるゲームに、平野が挑戦する。

平野は、思いのほか難しいゲームに苦戦。「お笑い怪獣倒せないぞ……」と弱音を吐いてしまう。一方、ゲームを目の当たりにしたスタジオのゲストたちは、その出来栄えに驚愕。泉谷は、「誇らしい」とゲームを作った少年を絶賛する。

また、ゲームの中の“お笑い怪獣”は、「ほいで?」「あとは?」など、現実のさんまもよく使うフレーズを連発。実はこのワードを取り入れたのには、さんまも仰天の理由が隠されていた。

さらに、スタジオトークでも平野が活躍。共演の多いさんまと息の合ったやり取りを繰り広げたと思えば、思わぬ発言でさんまが崩れ落ち、涙する場面も。いったいさんまを泣かせた平野の言動とは……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ