「第73回トニー賞授賞式」WOWOWが生中継、ミュージカル『ハデスタウン』が最多13部門14ノミネート

SPICE



WOWOWでは2019年も、演劇、ミュージカル界における世界最高峰の「トニー賞」の授賞式を生中継する。トニー賞とは、過去1年間の該当期間にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞で、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされている。

「第73回トニー賞」のノミネーションは、2019年4月30日(火)日本時間の21時30分過ぎ(現地8時30分過ぎ)、ブランドン・ビクター・ディクソンとビビ・ニューワースによって発表された。

★最多ノミネートは『ハデスタウン』


ギリシャ神話のオルフェウスとエウリディケの物語を現代化し、フォークオペラとして綴ったカントリーミュージシャン、アナイス・ミッチェルのコンセプトアルバムから発展したミュージカル『ハデスタウン』が圧倒的な強さを見せミュージカル作品賞を含む13部門14ノミネート。演出は2017年のトニー賞で最多12部門にノミネートされた『ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のレイチェル・チャヴキン。ちなみに「生中継!第73回トニー賞授賞式」のナビゲーター井上芳雄は今年1月にこの『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』の日本版で主演を務めた。

★80年代の大ヒット映画のミュージカル化がノミネート―『トッツィー』『ビートルジュース』


ダスティン・ホフマン主演の1982年の同名コメディ映画に基づき現代風にアレンジした『トッツィー』がミュージカル作品賞など11ノミネート。また、ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の1988年公開、同名ホラー・コメディ映画をミュージカル化した『ビートルジュース』がミュージカル作品賞など8部門ノミネート。
『トッツィー』  (C)Getty Images
『トッツィー』  (C)Getty Images
『ビートルジュース』  (C)Getty Images
『ビートルジュース』  (C)Getty Images

★演劇主演男優賞にアダム・ドライヴァーとブライアン・クライストンがノミネート


スター・ウォーズ」のアダム・ドライヴァーが80年代のニューヨーク、ダウンタウンを舞台にした演劇リバイバル作品賞にもノミネートされた『BURN THIS 焼却処分』で、『ブレイキング・バッド』のブライアン・クライストンは鬼才イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出の『ネットワーク』でニュースキャスターを演じ演劇主演男優賞にノミネートされた。
アダム・ドライヴァー  (C)Getty Images
アダム・ドライヴァー  (C)Getty Images

★2度目の受賞なるか!?ミュージカル主演女優賞にケリー・オハラ、演劇主演女優賞にアネット・ベニングがノミネート


2015年に渡辺謙と共演した『王様と私』でミュージカル主演女優賞を初受賞したケリー・オハラがミュージカル・リバイバル作品賞にもノミネートされている『キス・ミー・ケイト』でノミネート。2度目の受賞に期待がかかる。演劇主演女優賞にはベテラン女優のアネット・ベニングが演劇リバイバル作品賞にもノミネートされている『みんな我が子』でノミネート。
ケリー・オハラ  (C)Getty Images
ケリー・オハラ  (C)Getty Images

★「007」シリーズのサム・メンデス作品が演劇部門で最多ノミネート


『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞の監督賞を受賞し『007 スカイフォール』など映画監督としても知られるサム・メンデスが北アイルランド問題を描いた『ザ・フェリーマン』が作品賞など演劇部門最多の9部門にノミネート。

なお、注目の授賞式は、6月10日(日本時間)、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて行われる。授賞式当日の舞台上では、豪華スターの競演による圧巻のパフォーマンスが展開され、授賞式自体がクオリティーの高いショーとなっている。日本のスタジオからは、ミュージカル界のトップスター井上芳雄がナビゲート。さらにスペシャル・ゲストとして『Endless SHOCK』でミュージカルの単独主演最多記録1700回公演を達成し、自らも演出を手がける堂本光一の出演が決定している。


<主な注目作品のノミネーション>

ミュージカル部門

●『ハデスタウン』:13部門/14ノミネート
ミュージカル作品賞・主演女優賞・助演男優賞(2)・助演女優賞・演出賞・脚本賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・オリジナル楽曲賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

●『エイント・トゥー・プラウド』:11部門/12ノミネート
ミュージカル作品賞・主演男優賞・助演男優賞(2)・演出賞・脚本賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

●『トッツィー』:10部門/11ノミネート
ミュージカル作品賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞(2)・演出賞・脚本賞・衣装デザイン賞・オリジナル楽曲賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

演劇部門

●『ザ・フェリーマン』:9ノミネート
演劇作品賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞・演出賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞

●『アラバマ物語』: 9ノミネート
演劇主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・演出賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・オリジナル楽曲賞
トニー賞2019ノミネーション一覧(公式は、https://www.tonyawards.com/nominees/
<ミュージカル部門>
■ミュージカル作品賞
『エイント・トゥー・プラウド』
『ビートルジュース』
『ハデスタウン』
『ザ・プロム』
『トッツィー』
■ミュージカルリバイバル作品賞
『キス・ミー・ケイト』
『オクラホマ!』
■ミュージカル主演男優賞
ブルックス・アシュマンスカス(『ザ・プロム』)
デリック・バスキン(『エイント・トゥー・プラウド』)
アレックス・ブライトマン(『ビートルジュース』)
デイモン・ドーノ(『オクラホマ!』)
サンティーノ・フォンタナ(『トッツィー』)
■ミュージカル主演女優賞
ステファ二ー・J・ブロック(『ザ・シェール・ショー』)
ケイトリン・キナナン(『ザ・プロム』)
ベル・リーヴェル(『ザ・プロム』)
エヴァ・ノブルザダ(『ハデスタウン』)
ケリー・オハラ(『キス・ミー・ケイト』)
■ミュージカル助演男優賞
アンドレ・デ・シールズ(『ハデスタウン』)
アンディ・グロテルーション(『トッツィー』)
パトリック・ペイジ(『ハデスタウン』)
ジェレミー・ポープ(『エイント・トゥー・プラウド』)
イフライム・サイクス(『エイント・トゥー・プラウド』)
■ミュージカル助演女優賞
リリー・クーパー(『トッツィー』)
アンバー・グレイ(『ハデスタウン』)
サラ・スタイルズ(『トッツィー』)
アリ・ストローカー(『オクラホマ!』)
メアリー・テスタ(『オクラホマ!』)
■ミュージカル演出賞
レイチェル・チャフキン(『ハデスタウン』)
スコット・エリス(『トッツィー』)
ダニエル・フィッシュ(『オクラホマ!』)
デス・マカナフ(『エイント・トゥー・プラウド』)
ケイシー・ニコロウ(『ザ・プロム』)
■ミュージカル脚本賞
ドミニク・モリッソー(『エイント・トゥー・プラウド』)
スコット・ブラウン、アンソニー・キング(『ビートルジュース』)
アナイス・ミッチェル(『ハデスタウン』)
ボブ・マーティン、チャド・ベグリン(『ザ・プロム』)
ロバート・ホーン(『トッツィー』)
■ミュージカル装置デザイン賞
ロバート・ブリル、ピーター・ニグリーニ(『エイント・トゥー・プラウド』)
ピーター・イングランド(『キング・コング』)
レイチェル・ホーク(『ハデスタウン』)
ローラ・ジェリネック(『オクラホマ!』)
デヴィッド・コリンズ(『ビートルジュース』)
■ミュージカル衣装デザイン賞
マイケル・クラス(『ハデスタウン』)
ウィリアム・アイヴィ・ロング(『ビートルジュース』)
ウィリアム・アイヴィ・ロング(『トッツィー』)
ボブ・マッキー(『ザ・シェール・ショー』)
ポール・タズウェル(『エイント・トゥー・プラウド』)
■ミュージカル照明デザイン賞
ケヴィン・アダムズ(『ザ・シェール・ショー』)
ハウエル・ビンクリー(『エイント・トゥー・プラウド』)
ブラッドリー・キング(『ハデスタウン』)
ピーター・マムフォード(『キング・コング』)
ケネス・ポズナー、ピーター・ニグリーニ(『ビートルジュース』)
■ミュージカル音響デザイン賞
ピーター・ハイレンスキ(『ビートルジュース』)
ピーター・ハイレンスキ(『キング・コング』)
スティーヴ・キャニオン・ケネディ(『エイント・トゥー・プラウド』)
ドリュー・レヴィ(『オクラホマ!』)
ネヴィン・スタインバーグ、ジェシカ・パズ(『ハデスタウン』)
<演劇部門>
■演劇作品賞
『クワイヤ・ボーイ』
『ザ・フェリーマン』
『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』
『インク』
『ホワット・ザ・コンスティテューション・ミーンズ・トゥ・ミー』
■演劇リバイバル作品賞
『みんな我が子』
『真夜中のパーティー』
『BURN THIS 焼却処分』
『トーチソング』
『ザ・ウェイヴァリー・ギャラリー』
■演劇主演男優賞
ジェレミー・ポープ(『クワイヤ・ボーイ』)
パディ・コンシダイン(『ザ・フェリーマン』)
ジェフ・ダニエルズ(『アラバマ物語』)
アダム・ドライヴァー(『BURN THIS 焼却処分』)
ブライアン・クランストン(『ネットワーク』)
■演劇主演女優賞
エレイン・メイ(『ザ・ウェイヴァリー・ギャラリー』)
ローリー・メトカーフ(『ヒラリー・アンド・クリントン』)
アネット・べニング(『みんな我が子』)
ハイジ・シュレック(『ホワット・ザ・コンスティテューション・ミーンズ・トゥ・ミー』)
ジャネット・マクティア(『ベルナール/ハムレット』)
■演劇助演男優賞
ブランドン・ウラノヴィッツ(『BURN THIS 焼却処分』)
バーティ・カーヴェル(『インク』)
ベンジャミン・ウォーカー(『みんな我が子』)
ロビン・デ・ヘスース(『真夜中のパーティー』)
ギデオン・グリック(『アラバマ物語』)
■演劇助演女優賞
フィオヌラ・フラナガン(『ザ・フェリーマン』)
シーリア・キーナン・ボルジャー(『アラバマ物語』)
ルース・ウィルソン(『リア王』)
クリスティン・ニールセン(『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』)
ジュリー・ホワイト(『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』)
■演劇演出賞
ルパート・グールド(『インク』)
サム・メンデス(『ザ・フェリーマン』)
ジョージ・C・ウルフ(『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』)
イヴォ・ヴァン・ホーヴェ(『ネットワーク』)
バートレット・シャー(『アラバマ物語』)
■演劇装置デザイン賞
ミリアム・ビューサー(『アラバマ物語』)
バニー・クリスティー(『インク』)
ロブ・ハウエル(『ザ・フェリーマン』)
サント・ロカスト(『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』)
ヤン・ファーシュウェイフェルド(『ネットワーク』)
■演劇衣装デザイン賞
ロブ・ハウエル(『ザ・フェリーマン』)
トニ=レスリー・ジェームズ(『ベルナール/ハムレット』)
クリント・ラモス(『トーチソング』)
アン・ロス(『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』)
アン・ロス(『アラバマ物語』)
■演劇照明デザイン賞
ニール・オースティン(『インク』)
ジュールス・フィッシャー + ペギー・アイゼンハワー(『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』)
ピーター・マムフォード(『ザ・フェリーマン』)
ジェニファー・ティプトン(『アラバマ物語』)
ヤン・ファーシュウェイフェルド、タル・ヤーデン(『ネットワーク)
■演劇音響デザイン賞
アダム・コーク(『インク』)
スコット・レーラー(『アラバマ物語』)
フィッツ・パットン(『クワイヤ・ボーイ』)
ニック・パウエル(『ザ・フェリーマン』)
エリック・スレイヒム(『ネットワーク』)
<ミュージカル・演劇 共通部門>
■オリジナル楽曲賞
作詞作曲:ジョー・アイコニス(『ビー・モア・チル』)
作詞作曲:エディ・パーフェクト(『ビートルジュース』)
作詞作曲:アナイス・ミッチェル(『ハデスタウン』
作詞:チャド・べグリン、作曲:マシュー・スクラー(『ザ・プロム』)
作曲:アダム・ゲッテル(『アラバマ物語』)
作詞作曲:デヴィッド・ヤズベック(『トッツィー』)
■振付賞
カミール・A・ブラウン(『クワイヤ・ボーイ』)
ウォーレン・カーライル(『キス・ミー・ケイト』)
デニス・ジョーンズ(『トッツィー』)
デヴィッド・ニューマン(『ハデスタウン』)
セルジオ・トルヒーヨ(『エイント・トゥー・プラウド』)
■オーケストラ編曲賞
マイケル・チャオニー、トッド・シッカフース(『ハデスタウン』)
サイモン・ヘイル(『トッツィー』)
ラリー・ホックマン(『キス・ミー・ケイト』)
ダニエル・クルーガー(『オクラホマ!』)
ハロルド・ウィーラー(『エイント・トゥー・プラウド』)
<事前発表>
■功労賞
ローズマリー・ハリス
テレンス・マクナリー
ハロルド・ホイーラー
■特別賞
マリン・メージー
ソニー・ティルダース&クリーチャー・テクノロジー・カンパニー
ジェイソン・マイケル・ウェッブ
■地方劇場賞
シアターワークス・シリコンバレー
■イザベル・スティーヴンソン賞
ジュディス・ライト
■名誉賞
ブロードウェイ・インスピレーショナル・ボイス- マイケル・マッケルロイ(創設者)
ピーター・エンティン
ニューヨーク市消防局 第54消火班/第4はしご車班/第9大隊 ※ブロードウェイが所轄の消防署
ジョゼフ・ブレイクリー・フォーブス

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ