注目の若手女優・山田杏奈、二階堂ふみと緊迫の心理戦!『ストロベリーナイト・サーガ』第4話

山田杏奈が、5月2日に放送される二階堂ふみと亀梨和也(KAT-TUN)がW主演を務める木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話「右手では殴らない」に出演する。

本作は、累計400万部を突破した誉田哲也の大ベストセラー警察小説「姫川玲子シリーズ」を原作に、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子が、部下である巡査部長・菊田和男(亀梨)ら姫川班メンバーとともに数々の難事件に立ち向かっていく本格派警察ドラマ。

山田は、映画『ミスミソウ』(2018年)では陰惨なイジメを受け復讐鬼と化す主人公を、主演ドラマ『幸色のワンルーム』(ABC、2018年)では生きる希望を無くした少女を演じるなど、透明感漂う清楚なルックスとは裏腹に数々の難役を演じてきた若手実力派女優。今後、5月24日公開の映画『小さな恋のうた』でのヒロイン役をはじめ公開待機作品が多数控えている中、今作では、連続殺人事件に関与している可能性があるとして取り調べを受ける女子高生を演じ、姫川と全面対決する。

山田演じる女子高生・下坂美樹(しもさか・みき)は、いかにも優等生らしい見た目だが、心の中では大人をばかにし、相手が警察官だろうと挑発してかかる屈折した少女。2人の女性の緊迫した心理戦が、異様な緊張感が走る取調室で繰り広げられる。山田は「現場は和やかな雰囲気の中に良い意味での緊張感がありました。レギュラー陣の皆様に話しかけていただいたおかげでとてもリラックスして撮影に臨むことができましたし、私自身、今までにないような刺激的な役ですごく貴重な時間を過ごすことができました。“ストロベリーナイト・サーガ”の世界観をぜひ楽しんでご覧いただけたらうれしいです」とコメント。表の顔と裏の顔……大きなギャップを感じさせる女子高生の二面性を、山田がどのように表現するのかに、期待が集まる。

<第4話あらすじ>
「不審死を遂げた男がいる」と、監察医の國奥定之助(伊武雅刀)に呼び出された姫川玲子(二階堂)。男の死因は劇症肝炎と判断され、体内からは覚せい剤も検出されていた。時を同じくして、劇症肝炎で死亡した別の男がいることが判明。死体からは同じ成分の覚せい剤が検出され、姫川は連続殺人事件の可能性があるとして捜査を開始する。すると、死亡した2人の男の携帯電話から共通の番号が見つかる。持ち主として浮上したのは意外にも、黒髪で清楚、いかにも優等生らしい女子高生、下坂美樹だった。見かけによらず反抗的かつ挑発的な態度を取る下坂。下坂はなぜ成人男性と連絡を取っていたのか? そして彼らを殺したのは下坂なのか? 姫川と下坂の緊迫した心理戦が繰り広げられる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ