三四郎・小宮浩信が「午前中でバイトをクビになった理由」が悲しすぎる

しらべぇ

2019/4/30 15:00




29日深夜放送『中居くん決めて!』(TBS系)に三四郎・小宮浩信が登場。「午前中でバイトをクビになった」過去を明かし、その悲しすぎる理由を熱弁した。

■クビの原因は「笑顔」


アルバイトの話題から、小宮は「焼肉店でバイトをしていた」と告白。そこから、「午前中でクビになりました」と衝撃の事実を語りはじめる。

注文が入ったさい、店員は「喜んで」と返事をして注文を受けるのだが、笑顔が歪だった小宮は「『喜んで』が喜んでない」と客からクレームを受ける。まさかの「笑顔」が理由でクビになったと明かした。

■居酒屋のバイトでは…


さらに居酒屋のホールでも接客のバイト経験がある小宮。目付きが悪いのを緩和させるためにメガネを掛けているのだが、客から「目つきの悪い男がいる」とのクレームが入る。

「気をつけて」と店長から注意された小宮は、目つきの鋭さをごまかそうと、目を見開いて接客するように。しかし今度は「様子がおかしい男がいる」とクレームが入ったと振り返った。

普通にしていれば目つきが悪い、目を見開けば様子がおかしいと、どうやってもクレームが入ってしまう小宮は「じゃあ、どうすりゃいいんだ」と当時を思い返りながら嘆いた。

■視聴者からは温かい言葉


笑顔や目つきといった、悲しすぎる理由でバイトをクビになった小宮。今や人気ものになった小宮に視聴者からは温かい言葉が投げかけられている。









■6割は「クレームを言う人に寛容」


しらべぇ編集部で全国20代~60代の男女1,349名を対象に調査したところ、全体の62.2%が「クレームを言う人に寛容」と判明した。



客側が正しく店側が間違っている場合もあるだけに、まっとうなクレームならば「言ってもおかしくない」と考えるのが多くの人の本音のようだ。

とはいえ、小宮の場合は本人ではどうしようもない理不尽なクレームとも言える。クビになるなど、クレームひとつで人生が狂う可能性もあるだけに、客側も冷静な判断が必要だろう。

・合わせて読みたい→「叫びすぎて救助された」 三四郎・小宮がトイレで叫んだ理由が独特すぎる

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ