『ぺ二オク事件』を神妙に語る小森純に“同罪芸能人”ども冷や汗たらり…

まいじつ

2019/4/30 11:02

小森純
(C)まいじつ

かつてテレビのバラエティー番組などでブレークしたモデルでタレントの小森純が、4月22日放送の『ヒロミーティング』(日本テレビ系)に出演。ブログの不適切記事を巡り活動自粛に追い込まれた経緯を振り返ったことが話題になっている。

小森は2003年にギャルメークが話題となり、売れっ子モデルとして活躍。その後、バラエティー番組でブレークし、10年には年間出演番組数が213本に上るほどの売れっ子になった。

翌年には結婚。順調な芸能活動を送っていたが12年、詐欺容疑で運営者らが逮捕されたネットオークション『ペニオク』で、落札していない商品を落札したように小森がブログに書き込んだことが問題になり、活動自粛に追い込まれ、復帰後も仕事は激減した。

この件について小森は「あのときは本当に調子に乗っていて、いただけるお仕事は何でもOKだった。ブログでこういうふうに記載してくれ、ってことで書いたんですけど、大問題に発展した。謝っても許されないし、出たら出たで袋だたき。何が正解か分からなかった」と振り返った。

現在はネイルサロンを2店舗経営するオーナー兼ネイリストだが、経営状況は厳しいようで、テレビ出演に関して「出たいです。オファーいただけるんであれば、そこは全力で」と意気込みを見せていた。

数多の芸能人がペニオク詐欺に加担していた


小森の久々のテレビ出演に、ネット上では、

《この人ばかり責められて、熊田曜子がしれっと出てるのは何故?》
《こいつが干されたのはまぁ当然だとして、 何で同じようなことしてた熊田曜子とかはシレッと芸能界に残り続けてたの?》
《熊田曜子のメンタルとバックの強さをしみじみと感じた案件だったね》
《私はペニオクでは東原亜希が一番ふてぶてしかったと思う》
《詐欺サイトのペニオクを宣伝してた芸能人は、 ピース綾部、ほしのあき、熊田曜子、東原亜希、永井大、菜々緒など。なぜか小森が一番バッシング受けたよね》

などと、他にブログでぺ二オクを宣伝していた芸能人の名前が上がった。

確かに当時、ブログでペニオクを宣伝していた芸能人は複数いる。ほしのあきは10万円の紹介料を受け取り、空気清浄機を1080円で落札したと、『ピース』綾部祐二は5万円の紹介料でDVDプレーヤーを落札したと、熊田曜子はウオーターオーブンを5220円で落札したと、それぞれブログに掲載をした。他には東原亜希、永井大、菜々緒など枚挙にいとまがない。

このとき、小森の他にほしのがブログで謝罪をしてテレビから消えていったが、知らんぷりをした芸能人は何事もなかったかのように芸能活動を続けている。

〝謝罪をしたら負け〟という風潮が芸能界にはあるのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ