NHKはSMAPのアーカイブ映像を流せるか?『総決算!平成紅白歌合戦』

wezzy

2019/4/30 10:05


 4月29日、NHKで『総決算!平成紅白歌合戦』が放送される(第1部は19時30分から、第2部は22時から)。ニュース中断を挟みつつ4時間にわたる長丁場の放送だ。

『総決算!平成紅白歌合戦』はタイトル通り、平成時代の『NHK紅白歌合戦』をアーカイブ映像も交えながら振り返る趣旨の番組だが、ここでインターネット上を賑わせているトピックがある。「NHKはSMAPの存在をどう扱うのか?」という問題だ。

昨年11月19日に放送された『歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-』(TBS系)で、2003年のナンバー1ヒット「世界に一つだけの花」が不自然なかたちでカットされるなど、SMAPに関してはアーカイブ映像であっても存在を抹消される実例があったことから、動向が注目されている。
NHK 上層部は「新しい地図」より
 『総決算!平成紅白歌合戦』は視聴者からのリクエストを募る形式の番組。ホームページ上では<「総決算!平成紅白歌合戦」では平成30年間の紅白の名歌唱名場面を振り返ります。あなたの好きな名シーンを理由と一緒にお送りください>とリクエストを募集していた。

ツイッター上ではSMAPへの投票を呼びかける流れがあった一方で、悲観的な声もあった。というのも、『総決算!平成紅白歌合戦』第1部の司会は嵐の櫻井翔なのだ(第2部は内村光良が司会を務める)。

NHKといえば、新しい地図の3人の冠番組が決まりかけていたが、東京オリンピックをテーマにした特番に嵐を起用したがっているNHK 上層部がジャニーズ事務所に忖度して番組企画が握りつぶされたと「週刊文春」(文藝春秋)2019年1月31日号で報じられたのも記憶に新しい。
「世界に一つだけの花」は平成時代に最も愛された曲
 『NHK紅白歌合戦』はSMAP解散後もSMAPの存在を抹消しているわけではない。2018年大晦日放送『第69回NHK紅白歌合戦』のオープニングVTRでは、SMAPが「世界に一つだけの花」を歌っているアーカイブ映像が一瞬映し出されて話題となった。

とはいえ、平成時代の『NHK紅白歌合戦』を振り返るのであれば、「一瞬映し出された」程度の扱いでは違和感が残るだろう。というのも、SMAPは平成時代に最も愛された楽曲をもつグループといえるからだ。

4月17日、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、平成元年から平成31年までの著作物使用料分配額上位100作品を発表した。

このランキングはCDの売上だけではなく、カラオケで歌われた回数や、テレビ・ラジオなどで放送された数といった総合的な要素がすべて加味されているので、「国民に聴かれた数」という点では、かなり現実に即したものといえる。そのなかで堂々の1位に輝いたのは「世界に一つだけの花」だったのだ。

ちなみに、「世界に一つだけの花」がリリースされた2003年にSMAPは初めて『NHK 紅白歌合戦』の大トリを務めている。しかも、このときの歌手別視聴率は57.1%という非常に高い数字を記録した。

SMAP は1991年(平成3年)の初出場以降、2015年(平成27年)まで、実に23回にもわたって出演し、大トリの大役を6回務めた。また、中居正広は6回も司会を担当している。こんなにも『NHK紅白歌合戦』に貢献をした歌手は他にいないし、SMAPと『NHK紅白歌合戦』は共に平成を歩んできたと言っても過言ではないだろう。

『総決算!平成紅白歌合戦』ははSMAPとどう向き合うのか。NHKは色々な意味で「総決算」を迫られているといえる。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ