【プロが教える】札幌観光で楽しめるスポット・イベント・グルメなどまとめ!

じゃらんnews

2019/4/29 10:10


札幌市時計台

札幌の観光情報を地元ライターが紹介!
「初めての北海道旅行だけど、グルメも、観光スポットも外したくない!」という方、必見です。

ジンギスカンやスープカレーの評判店、時計台やホッキョクグマに会える動物園、グルメイベントや雪まつり、大自然を遊ぶアクティビティからお土産情報まで、「定番だけど満足度も高い」情報をお届けします♪

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■札幌観光の見どころ
■札幌観光におすすめのスポット
■札幌のおすすめのイベント
■札幌のおすすめのアクティビティ
■札幌のおすすめの食べ物
■札幌のおすすめのお土産

札幌観光の見どころ

人口約200万人の札幌市は、言わずと知れた北海道一の大都市です。
北海道中の味覚が集まるのはもちろんですが、札幌ならではのグルメも、ラーメンやスープカレー、近年定番となりつつある夜のシメパフェなど多彩。

初夏のYOSAKOIソーラン祭りや秋のさっぽろオータムフェストなど、一年を通して札幌の街を彩るイベントも見逃せません。

もちろん、観光スポットも充実しています。街中にも開拓期の歴史薫る建物が残り独特の都市景観を作り出しています。そして、少し足を延ばすと豊かな自然が広がり、手軽にアクティビティも体験できます。

旅の思い出には、メイド・イン・札幌のお土産を。定番お菓子から、さりげないセンスが光る商品まで目移りしちゃうほどですよ。

札幌観光におすすめのスポット
札幌市時計台
鐘が鳴り響き時を告げる、札幌の街のシンボル
札幌市時計台写夏には札幌の花・ライラックが時計台を彩ります
札幌駅から歩いて10分ほど。札幌の中心部に位置する「札幌市時計台」。「少年よ、大志を抱け!」の言葉で有名なクラーク博士の構想にもとづき、北海道大学の前身である札幌農学校の演武場として、明治時代の1878年に建設されました。

ここは、生徒の兵士訓練や心身を鍛える体育の授業を行う場所として、また入学式や卒業式を行うための中央講堂としても使われていました。

開拓期のアメリカで流行した木造建築様式が用いられ、札幌の青空にもよく映える赤い屋根と白い壁が印象的な時計台。撮影の時は、できるだけ低い位置にカメラを構え、見上げるようにして人物と建物を一緒に撮るのがコツです。
札幌市時計台2階ホールに展示している塔時計と同じハワード社製の機械
時計台は中に入ることもできます。1階には演武場が建設された当時の様子や塔時計がつけられたいきさつ、農学校生徒の学習の様子など、いろいろな角度から時計台を知ることができます。

2階には時計台で動いている塔時計と同じ型の機械が展示されています。塔時計の仕組みが良くわかり、毎日9:15から10分ほどこの機械の説明も行われています。

塔時計は、毎正時に時を告げる鐘を鳴らしているので、時計台の見学は鐘のなる時間がおすすめ!特に鐘の数が多い時は、なんともいえない心地よい気分になりますよ。

札幌市時計台
住所/北海道札幌市中央区北1条西2丁目
営業時間/8:45~17:10(最終入館17:00)
定休日/なし ※1月1日~3日
アクセス/地下鉄東豊線「大通り駅」より徒歩5分
駐車場/なし
料金/入館料大人200円、高校生以下無料
「札幌市時計台」の詳細はこちら
さっぽろ羊ヶ丘展望台
クラーク博士像が立ち、羊たちが草を食む牧歌的な風景
さっぽろ羊ヶ丘展望台展望台のシンボルともいえるクラーク博士像
札幌農学校の初代教頭だったクラーク博士像。「少年よ、大志を抱け!」という言葉で有名な人物、といった方がピンとくる方も多いかもしれません。

そのクラーク博士の立像とヒツジが草を食むのどかな景色が広がるのが、札幌市郊外にある「さっぽろ羊ヶ丘展望台」です。

もともとは国の研究施設でヒツジを飼育していた場所ですが、見物客が多く訪れるようになったため、1959年(昭和34年)に、敷地の一部を展望台として開放しました。

この展望台からは、札幌の市街地を広く望むことができます。天候に恵まれた時には、石狩平野越しにそびえる、増毛町の暑寒別岳(しょかんべつだけ)も。
さっぽろ羊ヶ丘展望台ヒツジが遊ぶ牧草地の後ろには、北海道一の大都市の街並み。札幌ならではの景観です
一年を通して見せてくれる、色とりどりの景観も楽しみのひとつ。
春の桜、初夏のラベンダー、紅葉に白銀の雪景色…。この場所をウェディングフォトのスポットに選ぶカップルも多いそうですよ。

敷地内には、ジンギスカンが食べられるレストハウスや雪まつりの資料館、足湯も。もちろんお土産も買えますよ。広大な景色を眺めながら食べるソフトクリームは、また格別!

4月下旬~5月上旬にはヒツジの毛刈り、7月のラベンダーの刈り取り体験、秋のグルメイベントなど、四季折々に催し物が予定されているので、HPをチェックしてみてくださいね。
さっぽろ羊ヶ丘展望台
住所/北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
営業時間/5月・6月は8:30~18:00、7月・8月は8:30~19:00、9月は8:30~18:00、10月~4月は9:00~17:00※施設営業時間は異なります
定休日/なし
アクセス/地下鉄東豊線「福住駅」より路線バスで10分、道央道北広島ICより車で20分
駐車場/あり(無料)
料金/入場料大人520円、小・中学生300円、未就学児無料
「さっぽろ羊ヶ丘展望台」の詳細はこちら
札幌市円山動物園
個性豊かな動物たちのキュートな仕草に目が釘付け
札幌市円山動物園大きな体で水の中へダイブ!周囲からは自然と歓声があがります
1951年に北海道で初めて誕生した動物園です。
特に春はおでかけしやすい陽気と、桜の開花に合わせて週末になると地元の人を中心に大勢の人で賑わいます。

園には約170種900点もの動物が暮らしていますが、特に人気なのはホッキョクグマ。
2018年3月にオープンしたホッキョクグマ館には、国内最長となる約18mの「水中トンネル」があります。その中に入るとなんと頭の上には、大きな体で毛をなびかせながら泳ぐホッキョクグマの姿が!
迫力とかわいらしさが同居するしぐさに、人気者たるゆえんを感じます。
札幌市円山動物園お母さんゾウのシュティン(左)と子どものニャイン(右)
そして、2019年のトピックスといえばゾウ舎の誕生です。
実は円山動物園には、長い間ゾウがいませんでしたが、この春4頭のアジアゾウが公開されることになりました。
ミャンマーからはるばるやってきたゾウたちには、シュティン、ニャイン、パール、シーシュというかわいい愛称もつきました。

目の前でゾウが泳ぐ姿を見ることができるプールがある屋内放飼場や、様々な角度から観察できるように設計された屋外放飼場など、国内でも最大級のゾウ舎は、ゾウたちの生態や愛くるしさを存分に感じることができます。

ゾウたちが観察できるのは、11:00~15:30です。
ほかの動物たちも体調などにより展示時間が変更になる場合もあるので、詳細はHPなどで事前に確認してくださいね。
札幌市円山動物園
住所/北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1
営業時間/9:30~16:30(最終入園16:00)、11月~2月は9:30~16:00(最終入園15:30)
定休日/第2・第4水曜日(祝日の場合は翌日) ※4月・11月は第2水曜日を含むその週の月曜日~金曜日、12月29日~31日
アクセス/地下鉄東西線「円山公園駅」より徒歩15分
駐車場/あり(普通車1回700円)
料金/大人600円、中学生以下無料
「札幌市円山動物園」の詳細はこちら
札幌市中央卸売市場 場外市場
北海道の「おいしい」が集まる市場。食べて買って大満足
札幌市中央卸売市場 場外市場道路沿いにズラリと店が並び、ひっきりなしに人が訪れます
旅先の文化に触れるなら、土地の食を知るのが一番!
その土地の食が集まる市場なら、地元の「飾らない普段の顔」も感じることできオススメです。

「札幌市中央卸売市場 場外市場」は、一般の人も買い物や食事ができる市場。その名前の通り、札幌中央卸売市場に隣接して、150mもの道の約60の店が軒を連ねています。

活きの良い海の幸、北海道各地で収穫される旬の野菜や地元ならではの加工品など、店先には北海道の食の豊かさを感じる顔ぶれがズラリ!近年では地元の人だけでなくたくさんの観光客も訪れる注目のスポットになっています。
札幌市中央卸売市場 場外市場隣には卸売市場があり、新鮮さはお墨付き!
市場には約20軒の食事処もあります。
隣の卸売市場から仕入れる新鮮なネタが自慢の寿司や、鮮度抜群・ボリュームも満点の海鮮丼はもちろん、浜焼きを楽しむカキ小屋に定食、ラーメン、中華、うなぎのお店まで、バラエティに富んだ顔ぶれです。
お店の多くは7時から開いているので、市場で朝ごはんを食べる、という滞在スタイルを楽しむ観光客も増えています。

市場で購入したものは、もちろん発送することもできます。
お店は15時を過ぎると、閉め始めるところもあるので早目に訪れたいところ。各店舗によって定休日や営業時間は違うので、事前にご確認くださいね。
札幌市中央卸売市場 場外市場
住所/北海道札幌市中央区北11条西21丁目2-3
営業時間/6:00~17:00、飲食店は7:00~ ※店舗により異なります
定休日/市場全体はなし。そのほか店舗により異なります
アクセス/地下鉄東西線「二十四軒駅」より徒歩7分
駐車場/あり
白い恋人パーク
季節の花もキレイ!おいしいお菓子のテーマパーク
白い恋人パークレンガが敷き詰められた英国調の中庭。クラッシクローズや噴水がお出迎え
「白い恋人パーク」は、北海道を代表する銘菓「白い恋人」の工場見学やお菓子作り体験、オリジナルスイーツが味わえるほか、商品の購入もできるチョコレートエンターテインメント施設です。

パーク内に入ると、中庭にローズガーデンが広がります。6月頃からクラッシクローズをはじめとする様々な種類のバラが咲きはじめ、6月下旬~7月上旬には満開に。甘く濃厚な香りが園内を包みます。
また、冬はイルミネーションで煌びやかに彩られるため、一年中楽しむことができるのも魅力です。
白い恋人パーク中庭の撮影ポイントでは、写真を撮る人が後を絶えません
そして見逃せないのは、銘菓「白い恋人」が生まれる瞬間。
ガラス越しに白い恋人の製造ラインが見学できるのですが、残念ながら現在はリニューアル工事のため休止中。2019年7月12日からは新しくなった姿が見学できます。

「白い恋人」に絵を描くことができるスイーツワークショップも、同じタイミングでリニューアルオープンするので詳細はHPで確認してくださいね。

ほかにもキュートなキャンディが作られるキャンディ・アート専門店「キャンディ・ラボ」やオリジナルスイーツが味わえるカフェなど、楽しみどころは盛りだくさん!

パーク内はどこを切り取っても絵になる風景なので、SNS映えのする写真が撮れるのも嬉しいポイントです。
おとぎ話の世界のようなメルヘンチックな空間が広がる「白い恋人パーク」。季節を変えて二度三度と訪れたくなること間違いなしですよ!
白い恋人パーク
住所/北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
営業時間/9:00~18:00(一部施設は~19:00)
定休日/なし
アクセス/地下鉄東西線「宮の沢」駅より徒歩7分
駐車場/あり
料金/入場無料(一部施設は有料)
※2019年7月11日までの期間はリニューアル工事のため、白い恋人製造ライン、お菓子作り体験工房、チョコレートラウンジ、チケットカウンター(入館受付)は、営業休止中。ショップ・ピカデリーは仮設売店での営業です。
「白い恋人パーク」の詳細はこちら
藻岩山・札幌もいわ山ロープウェイ
日本新三大夜景の街明かりを、ぐるり360度で見渡す
藻岩山・札幌もいわ山ロープウェイ山頂からは360度の展望で、大都市の街明かりが広がる
札幌市のほぼ中央にある標高531メートルの藻岩山(もいわやま)。
2015年と2018年に日本新三大夜景都市に認定された、札幌の夜景を満喫できる絶景スポットです。

山頂への行き方は3つの方法があります。
ひとつはロープウェイと「もーりすカー」というミニケーブルを乗り継いで利用する方法、二つ目は観光自動車道を中腹駅まで車で登り、「もーりすカー」を利用する方法、そして季節の植物や野鳥のさえずりを楽しみながら歩く登山。

観光で訪れるなら手軽なロープウェイともーりすカーがオススメ。札幌市の景観色を使ったロープウェイからは、眼下に原始林や札幌の街並み、遠く石狩湾を望みます。

中腹駅から山頂駅へは、2両のキャビンが連結したもーりすカーで。森の中を駆け抜ける爽快感が味わえます。

山頂の展望台にあるのは「幸せの鐘」。その周りの手すりには愛の南京錠が取り付けられるようになっていて、訪れるカップルたちが永遠の幸せを願います。
藻岩山・札幌もいわ山ロープウェイ約5分間で1200mもの距離をのぼる空中散歩です
時間が許すなら、あたりが暗くなりきる前の「マジックアワー」に立ち会うのがオススメです。オレンジからブルーへと変わるグラデーションは、思わずため息が出る美しさです。
藻岩山・札幌もいわ山ロープウェイ
住所/北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
営業時間/[ロープウェイ]夏季(4月~11月)は10:30~22:00(上り最終21:30)、冬季(12月~3月)は11:00~22:00(上り最終21:30)※年末年始は特別営業(要問合せ) ※予告なく変更する場合があります
[藻岩山観光自動車道]10:30~22:00(最終入場21:30)※4月26日~11月中旬(予定)
定休日/ロープウェイ:4月11日~25日 藻岩山観光自動車道は冬季通行止め
アクセス/市電「ロープウェイ入口」より徒歩10分、また15分間隔で無料シャトルバスも運行
駐車場/120台(山麓駅駐車場)
料金/ロープウェイ+もーりすカー(展望台までの往復料金)は大人1,700円 小学生850円 ※未就学児は大人1人につき2人まで無料、それ以外は850円
藻岩山観光自動車道は乗用車660円
「藻岩山・札幌もいわ山ロープウェイ」の詳細はこちら


札幌のおすすめのイベント
【2019年5月15日~6月2日】第61回さっぽろライラックまつり
心地よい陽気の中で薄紫の花景色と一緒に、グルメや音楽を満喫
さっぽろライラックまつり爽やかなライラック色に彩られる大通公園。白い色のライラックもありますよ
「札幌市の木であるライラックの花が咲きそろう頃に、文化の香り高い行事を行おう」、という呼びかけのもとにはじまったイベント。

会場となるのは2カ所で、それぞれに期間が異なります。
市内中心部の大通会場は5月15日~26日、白石区の川下公園は6月1・2日の開催。

約400本のライラックが咲く大通会場では、さまざまなイベントプログラムが予定されています。
5丁目会場では、手づくりマーケットや、クリエーターズによる雑貨販売のほか、アート塗り絵体験や、野外でお茶を楽しむ「野だて」など、体験型のプログラムが充実。

6丁目では音楽などのステージと飲食が楽しめる「6丁目カフェめしコート」が、7丁目は北海道産のワインと食を体験できる「ライラックワインガーデン2019」に注目です。
さっぽろライラックまつり近年注目を集めている北海道産ワイン。フードとの食べ合わせを楽しんで
川下会場は、豊かな自然を感じることができるプログラムが満載。
ライラックの花が咲く森をめぐるガイドツアーや、クイズスタンプラリーは、お散歩気分で参加するのもオススメです。ほかにも花の香りが漂う中で演奏されるコンサートやアートワークショップなど、札幌の初夏を花景色と一緒に楽しめますよ。

イベントプログラムや出店は、日にちが限定されているものもあるので、詳細はHPなどで確認してくださいね。
第61回さっぽろライラックまつり
住所/大通会場:大通西5丁目~7丁目 川下会場:札幌市白石区川下2651-3外
開催日時/大通会場:2019年5月15日~26日 川下会場:2019年6月1日、6月2日
定休日/なし
アクセス/大通会場:地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」より徒歩すぐ 川下会場:中央バス「川下公園前」より徒歩1分
駐車場/なし
「第61回さっぽろライラックまつり」の詳細はこちら
【2019年6月5日~9日】2019年第28回YOSAKOIソーラン祭り
市街地が舞台!エネルギッシュな演舞は迫力満点
写真提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会札幌のメインストリートを舞台に躍動感ある舞を披露。夏の始まりを告げる熱い5日間です 写真提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会
高知県の「よさいこい祭り」を参考に、北海道ならではの民謡「ソーラン節」をミックスした演舞を披露する祭りです。YOSAKOIが始まると北海道にも「夏が来たなぁ」と感じる風物詩でもあります。

演舞の形式はステージ型とパレード型があり、各チームはあいさつや前口上、前準備などを含めて制限時間内に演武を披露します。
ルールは「手に鳴子を持って踊ること」「曲にソーラン節を入れること」の二つだけ。衣装や曲、振り付けなどは、チームの自由になっています。

ひとつとして同じ演舞がないので見飽きることもなく、思わず引きずり込まれてしまうような圧巻のパフォーマンスが魅力です。
写真提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会最終日にファイナルステージの舞台にもなる大通公園8丁目会場 写真提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会
演舞の舞台となるのは、札幌市内19カ所。
中でもメインとなるのは大通公園を中心としたパレード会場と、8丁目ステージです。「せっかく来たのだから、迫力の演舞を目の前でしっかり見たい!」という人は、有料観覧席を事前に申し込むのがオススメです。

YOSAKOIソーランは演舞に参加することもできます。
当日練習だけで、札幌の大通パレード会場を踊る「体験参加チーム」があり、札幌の目抜き通りを踊る快感と感動を体験できます。衣装や鳴子が無くても手ぶらでOK!
申し込みなど詳細はHPを確認してくださいね。
2019年第28回YOSAKOIソーラン祭り
住所/大通公園(北海道札幌市中央区大通西)、道庁赤れんが庁舎前(北海道札幌市中央区北3条西6丁目)、ほか市内各所
開催日時/2019年6月5日~9日 ※演舞時間は会場により異なります
定休日/なし
アクセス/大通西8丁目会場へは地下鉄「大通駅」より徒歩5分
駐車場/なし
「2019年第28回YOSAKOIソーラン祭り」の詳細はこちら
【2019年7月19日~8月14日】第66回さっぽろ夏まつり福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン
短い夏を満喫しよう!日本国内最大級のビアガーデン
さっぽろ夏まつり福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン北海道の短い夏を謳歌しようと、多くの人がこのイベントを楽しみにしています
「福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」は、「さっぽろ夏まつり」の一環として、毎年7月中旬~8月中旬に札幌の中心部・大通公園を舞台に開かれます。5丁目~11丁目の約1kmに、約1万3000席が用意され、ビールを楽しむ人々で賑わいます。

このビアガーデンでは、各丁目ごとに飲めるビールが違います。
例えば、5丁目~8丁目会場はサントリー、アサヒ、キリン、サッポロと国内の有名なビールメーカーが、ビールにぴったりの美味しいグルメとともに、自慢の味をふるまいます。

楽しめるのは国内の味だけではありません。10丁目は世界のビール会場となり、ギネスビールやレーベンブロイなど世界各地のビールが並びます。フードの種類もさまざまで、ちょっとした世界ビール旅行の気分。

また11丁目には札幌の姉妹都市であるドイツのビールが登場。ジャーマンポテトやアイスバインと本場の味に酔いしれましょう!
さっぽろ夏まつり福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン各丁目ごとに異なるビールを飲み比べるのも、楽しいですよ!
ビールやフードの購入はチケット制。窓口や会場内をまわるスタッフからチケットを購入して、商品を注文しましょう。
狙い目は人の少ない平日の昼間ですが、夜に行くなら服装は上に一枚羽織れるものを持って行きましょう。そして、荷物はなるべく少なく身軽にするのがビアガーデンを満喫するコツですよ!
第66回さっぽろ夏まつり福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン
住所/大通公園5丁目~11丁目:北海道札幌市中央区大通西5丁目~11丁目
開催日時/2019年7月19日~8月14日 12:00~21:00(一部平日17:00~、土日16:00~)
定休日/なし
アクセス/地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 より徒歩すぐ、地下鉄東西線「西11丁目」より徒歩すぐ
駐車場/なし
料金/入場無料
「第66回さっぽろ夏まつり福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」の詳細はこちら
【2019年9月6日~29日】さっぽろオータムフェスト2019
道内最大級のグルメイベントで、北海道の味覚を食べつくそう!
さっぽろオータムフェスト会場では、北海道の100を超える市町村の「おいしいもの」がひしめき合います
毎年9月に大通公園で行われる食のお祭り。農産物・畜産物、加工品、ワイン、日本酒…北海道の各地から集まる特産物のほか、ラーメンやご当地グルメなどのブースや地元食材を使った飲食店なども大集合!

オータムフェストは各丁目会場ごとに、様々なテーマが設けられています。会期も1ヶ月近くと長いので、その間にお店が入れ替わることもあり、何度訪れても新しいおいしさに出会えるのが何よりの魅力です。
さっぽろオータムフェストラーメンはチケット制。発券所でチケットを購入してお目当ての店へ向かいましょう
毎年、その顔ぶれに注目が集まるのが5丁目会場の「HOKKAIDOラーメン祭り&喰い倒れ広場」。地産地消をテーマに、北海道各地から味自慢のラーメン店が集結します。

ご当地ラーメンだけでなく、この祭りのために新しく開発した新メニューも登場。店主たちが腕によりをかけて渾身の一杯を提供します。

この5丁目会場は、オータムフェストの期間中に店が入れ替わるのも、注目のポイントです。6日ごと計4期に分けて、楽しめる味もガラリとチェンジ。食べ比べの楽しみは、尽きることがありません。

「さっぽろオータムフェスト」の始まりは、2008年とまだ若いイベント。
それでも大都会の真ん中でピクニック気分も楽しみながら、全道各地の味めぐりができるとあって今や北海道を代表する秋の風物詩となっています。

さっぽろオータムフェスト2019
住所/大通公園西1、5~8、10、11丁目:北海道札幌市中央区大通西1、5~8、10、11丁目
開催日時/2019年9月6日~29日 平日12:00~19:30 土日祝10:00~20:30
定休日/なし
アクセス/地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 より徒歩すぐ
駐車場/なし
料金/入場無料
「さっぽろオータムフェスト2019」の詳細はこちら
【2019年11月中旬~3月下旬】第39回さっぽろホワイトイルミネーション
幻想的なイルミネーションで、冬の白い街がキラキラと輝く
さっぽろホワイトイルミネーション「さっぽろテレビ塔」にのぼって、ライトアップされた街を見下ろすのもオススメです
「さっぽろのホワイトイルミネーション」の始まりは1981年。 シンボルオブジェに取り付けられた、わずか1048個の電球で始まったイベントでした。

このイベントは「年明けの雪まつりにつながる初冬の新しいイベントを!」という想いから、ニューヨークのクリスマスツリーのイルミネーションをヒントに誕生。

以来、冬の始まりを告げる風物として札幌市民はもちろん、北海道民に幻想的な冬の景観を届けています。

会場は大通や駅前通、南1条通、北3条広場(通称アカプラ)、札幌駅南口など、市内のメインストリートや広場。街路樹が無数の灯りで飾られて、街全体がキラキラと輝いてみえます。
さっぽろホワイトイルミネーション「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」では、週末を中心にゴスペルなども披露されます
会場ごとに、雰囲気はさまざま。
大通会場の2丁目では、毎年「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が開催されています。クリスマスのオーナメントが売られていたり、ステージイベントが行われたりと、クリスマスムードをより一層高めてくれます。
寒さを和らげてくれるホットワインを片手に、ゆっくりとどうぞ。もしかしたら、サンタクロースに会えるかもしれませんよ。
第39回さっぽろホワイトイルミネーション
住所/大通公園(北海道札幌市中央区西1丁目~6丁目) 札幌駅前通(北海道札幌市中央区北4条~南4条) 南1条通(北海道札幌市中央区南1条西1丁目~3丁目)ほか
開催日時/大通公園:2019年11月中旬~12月下旬 札幌駅前通:2019年11月中旬~2020年2月中旬 南1条通:2019年11月中旬~2020年3月下旬
定休日/なし
アクセス/各会場により異なります
駐車場/なし
「第39回さっぽろホワイトイルミネーション」の詳細はこちら
【2020年2月4日~11日】第71回さっぽろ雪まつり※つどーむ会場は2020年1月31日~2月11日
北海道の冬を代表する雪と氷のビックイベント
(C)北海道新聞社大通会場では、大雪像やプロジェックションマッピングと融合した雪像などが並びます (C)北海道新聞社
1950年に地元の中学生・高校生が、6つの雪像を大通公園に作ったことから始まった「さっぽろ雪まつり」。今では国内はもとより、海外からものべ約250万人の観光客が訪れる、北海道を代表する冬のビッグイベントとなりました。「大通会場」、「すすきの会場」、「つどーむ会場」の3カ所で開催され、それぞれに趣の違った冬のまつりが楽しめます。

札幌駅からも近い大通公園を舞台にする「大通会場」では、迫力のある大雪氷像の数々が登場します。約1.5kmにわたって大雪像や市民雪像、国際色豊かな雪像などバラエティに富んだ氷雪の芸術作品のほか、北海道の食が楽しめるブースや、イベントなども盛りだくさん!
さっぽろ雪まつりすすきのエリアのメインストリートが舞台です
札幌の繁華街を中心とする「すすきの会場」のテーマは「氷を楽しむ」。幻想的な氷像が立ち並び、氷にふれたり乗れたりする「ふれあい広場」や、撮影スポットとしてもおすすめのイルミネーションロードが出現します。アイスバーでは温かい飲み物もいただけますよ。

ファミリーにおすすめなのが「つどーむ会場」。すべり台やスノーラフトなど、子どもから大人まで自然の中で雪とふれあうことができる遊び場です。屋内施設では休憩場所や飲食ブース、子どもが安心して遊べるアトラクションも用意されています。

第71回さっぽろ雪まつり
住所/大通会場:札幌市中央区大通西1丁目~西12丁目 すすきの会場:札幌市中央区南4条通~南7条通駅前通 つどーむ会場:札幌市東区栄町
開催日時/大通・すすきの会場:2020年2月4日~11日、見学自由、ライトアップは日没~22:00つどーむ会場:2020年1月31日~2月11日9:00~17:00
定休日/なし
アクセス/大通会場:地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 より徒歩すぐ すすきの会場:地下鉄南北線「すすきの駅」よりすぐ つどーむ会場:地下鉄東豊線「栄町駅」より徒歩10分※シャトルバスあり
駐車場/なし
料金/見学無料
「第71回さっぽろ雪まつり」の詳細はこちら


札幌のおすすめのアクティビティ
Blue marble(ブルー マーブル)
札幌市郊外で水辺の冒険!ラフティングで非日常体験を
Blue marble岩の感覚が狭くなり、流れが急なポイントも!スリリング!
北海道一の大都市でありながら、気軽に自然のアクティビティが楽しめるのも札幌の魅力のひとつです。札幌市郊外の定山渓エリアなら、車で1時間弱。

ここでは、札幌の広大な扇状地をつくった一級河川・豊平川(とよひらがわ)で、ラフティングを楽しむことができます。
Blue marble秋になると、両側から張り出すように広がる紅葉の中をボートで進みます
ラフティングエリアの豊平川上流は、深い淵を水が流れるエリアなので、国道からもその姿を見ることはほとんどできません。手つかずの自然にすっぽりと覆われて、気分はちょっとした冒険家。

水に濡れてもよい服装に着がえたら、レクチャーを受けていざ出発!パドルを操りながら、川面を進みます。
豊平川でのラフティングの魅力は、なんといってもその渓谷美。
四季の色を鮮やかにまとった渓谷の岩々は、表情も豊かで、水の流れとの競演も楽しい風景です。

コースの途中には、開拓期の名残である北海道で初めて作られた水力発電所の跡や、定山渓の温泉街も登場。目に飛び込む風景にも変化があり、あっという間にゴール地点に到着です。
Blue marble(ブルー マーブル)
住所/北海道札幌市南区定山渓933
営業時間/8:00~20:00
定休日/なし
アクセス/札幌市街地より車で1時間
駐車場/あり
料金/ラフティングツアー:大人6,000円、高校生5,000円、中学生4,000円、小学生3,000円、2歳~未就学児保護者同伴無料。 ※すべて税込 ※小学生、未就学児は7~9月のみ体験可能
「Blue marble(ブルー マーブル)」の詳細はこちら
AMUSE SPORTS(アミューズ スポーツ)
ペットもキッズもOK!みんな一緒に自然を楽しむ川遊び
AMUSE SPORTS爽やかな風が気持ちよい初夏。カヌーシーズンの始まりです!
一年を通して北海道の大自然と遊べるプランが豊富と評判なのが、「AMUSE SPORTS(アミューズ スポーツ)」。初夏から秋にかけては、定山渓エリアの豊平川を舞台にしたカヌー体験ができますよ。

豊平川上流のコースでは、夏は深い緑が、秋はキレイな紅葉が360度の大パノラマで広がります。思いっきり深呼吸すれば、カラダの中まで季節の色が入ってきそうな大自然!

息を合わせてパドルを漕ぎ、体全体を使いながら水の流れに呼吸を合わせて滑るカヌーは、その心地よい一体感も魅力。コースの中では、カヌーから降りて浅瀬を歩いたり、岩場の上からジャンプして水に飛び込んだりと水遊びも楽しめます。飛び込みをしたい方は着替えをお忘れなく!
AMUSE SPORTS豊平川上流は、紅葉の名所でもあります。例年の見頃は10月上旬~中旬
10月に入ると、あたりは秋色に変わります。
定山渓の紅葉は、赤や黄色が混じったカラフルな景観で紅葉の名所としても有名。カヌーから見上げる錦秋絵巻は、地上からの眺めとは違う風情があります。

このカヌー体験の嬉しいポイントは、大人だけでなく愛犬や3歳以上なら小さなキッズも乗ることができること。カヌーだけでなく、周辺のアクティビティとセットになったプランもあります。定山渓で1日遊びたいという方は、そちらもチェックしてみてくださいね。
AMUSE SPORTS(アミューズ スポーツ)
住所/北海道札幌市南区定山渓
営業時間/9:30~18:00
定休日/なし ※定山渓豊平川カヌーは6月下旬~11月4日営業
アクセス/札幌市街地より車で1時間
駐車場/あり
料金/定山渓豊平川カヌー:大人4,000円、小学生3,000円、3歳~未就学児1,000円(すべて税込)
「AMUSE SPORTS(アミューズ スポーツ)」の詳細はこちら
定山渓ファーム
ドキドキ!ワクワク♪ツリートレッキングに挑戦
定山渓ファーム初級コース ツリー トレッキング1回1,200円。上級者コースもあります
札幌市街地から車で50分ほどの場所にある定山渓エリア。温泉が湧き、自然豊かな森に囲まれたこのエリアでは、一年を通じてアクティビティが楽しめます。
観光のついでに気軽に自然の中で遊びたい、という方は、定山渓ファームでツリーアドベンチャーはいかがですか?

山の傾斜を利用したツリーアドベンチャーエリアでは、最高地点10mの高さにある障害をいくつもクリアしながらゴールを目指すツリートレッキングと、最長100mのワイヤーを滑り降りるZIPラインで遊ぶことができます。
ハラハラドキドキがたまらない、爽快なアドベンチャー。おもいっきり深呼吸したくなるような、澄んだ空気の森の中で、いつもとは違う景色に出合えるおすすめのアトラクションです。

各コースによって、身長・体重制限が異なるので、参加条件詳細は事前に確認にしてくださいね。
定山渓ファームさまざまな種類のくだもの狩り体験も楽しめます
広大な敷地の定山渓ファームには、釣り堀もあります。手竿やルアーは用意されているので、手ぶらで大丈夫ですよ。

実は、定山渓ファームは様々なくだもの狩り体験ができる新感覚のフルーツテーマパーク。6月のイチゴを皮切りにさくらんぼやぶどうなど季節のくだもの狩りができ、料理やものづくり体験教室も開催しています。
くだものをテーマにしたオーチャードガーデンも園内を表情豊かに彩ります。
定山渓ファーム
住所/札幌市南区定山渓832
営業時間/9:00~17:00
定休日/期間中なし
アクセス/札幌市街地から車50分
駐車場/200台
料金/アクティビティ料金はコースにより違いますので詳細はHPでご確認ください
「定山渓ファーム」の詳細はこちら
WILD MUSTANG’S(ワイルド ムスタングス)
季節の野山をフィールドに、初心者OKの乗馬体験を
WILD MUSTANG’Sひとりで馬に乗るワイルドライドは小学生以上が対象です
札幌の市街地からわずか車で約40分。八剣山(はっけんざん)の麓にある乗馬施設「ワイルドムスタングス」は、初心者でも満足度の高い乗馬体験ができると評判のスポットです。

特徴は何と言っても、広がる風景と本格的な乗馬スタイル。
乗馬のフィールドとなるのは季節の色が美しい野山。春から夏にかけては、果樹園の花々を横目に、夏には風にそよぐとうもろこし畑を、秋には落ち葉を踏みしめる馬の足音も心地よく、冬になれば一面の銀世界の中を、馬に乗って歩きます。

もちろん、体験する人のレベルに応じて馬場内で練習もします。保安官と呼ばれるスタッフの説明を受けて、馬を歩かせる、止める、曲げるといった基本練習。

そして、体験コースによっては、速歩や跳ねない乗り方(軽速歩)も教わり、保安官と一緒に自然の中へ!ひとりで手綱を引くので、自分と馬が一体になった充足感がたまりません。
WILD MUSTANG’S「引き馬」はフラットコースとアップダウンコースの2種類があります
「ひとりで馬にのるのは不安」という方には、引き馬コースもありますよ。
保安官が馬の手綱を握っていてくれるので、ゆっくりと馬の揺れに体を預けながら季節の風景が楽しめます。小さいお子さんなら、大人と2人で乗ることもできます。特にアップダウンコースなら、引き馬でも十分に爽快感が得られますよ。
WILD MUSTANG’S(ワイルド ムスタングス)
住所/北海道札幌市南区砥山114
営業時間/9:00~18:00
定休日/なし
アクセス/札幌市街地より車で40分
駐車場/あり
料金/WAILD RIDE 60分 10,000円、引き馬(フラットコース)1,000円ほか ※すべて税込
「WILD MUSTANG’S(ワイルド ムスタングス)」の詳細はこちら
さっぽろばんけいスキー場
札幌中心部から20分。春夏秋冬、自然と遊ぼう!
さっぽろばんけいスキー場清々しい森の空気を吸い込む森林浴で、リフレッシュ&リラックス
「さっぽろばんけいスキー場」は、札幌駅から車で20分!冬のスキーやボードはもちろん、ツリーアドベンチャーやジップライン、マウンテンバイクにパークゴルフなど、グリーンシーズンもいろいろな自然遊びができる充実のスポットです。

必要な用具もレンタルできるので、動きやすい服装さえ準備していけば、手ぶらでOK。旅行のワンシーンで、気軽に寄ることができますよ。

中でも近年注目を集めているトレイルランのコースも充実。
サロモンプロデュースのトレイルランニング&トレッキングコースの中に、森を舞台とした2つのコースがあり、旅行先で楽しむ「旅ラン」愛好者にとっても、嬉しいスポットとなっています。
営業時間/10:00~16:00、定休日/木※コンディションの悪い日はクローズする場合があります
さっぽろばんけいスキー場「長沼産新鮮野菜のランチバイキング」は5/18スタート。11:00~15:00(LO14:00)、中学生以上1,500円、小学生900円、4歳以上600円(すべて税込)
お腹が空いたら、野菜バイキングをどうぞ。
センターロッヂ内の「ベルクヒュッテ」では、夏季の間、野菜バイキングを開催。甘みがあると評判の長沼町産・朝採れ野菜をふんだんに取り入れたメニューは、味も見た目もおいしい旬の味わいです。

例年12月からは、冬シーズンがオープン!用具やウェアなどレンタルできる内容が充実しているので、手ぶらでOK!旅行途中でも利用しやすいですね。子どもや観光客向けの遊び場「スノーパーク」もありますよ。
気軽に雪とたわむれて、北海道ならではの思い出を刻んでくださいね。
さっぽろばんけいスキー場
住所/北海道札幌市中央区盤渓410
営業時間/施設により異なる
定休日/施設により異なる
アクセス/札幌駅より車で20分
駐車場/あり
料金/トレイルランニング&トレッキング、ノルディックウォーキングはコース利用料無料(要受付)ほか
※施設詳細はHPでご確認ください
「さっぽろばんけいスキー場」の詳細はこちら
ポロクル
乗り降り自由なシェアサイクルで、札幌の街を探検!
ポロクル「赤れんが庁舎」の近くにもポート(専用駐輪場)があります
札幌の街をゆっくりと自分のペースで観光散策したい人は、「シェアサイクル」を利用するというのもひとつの方法です。

札幌市内にはポートと呼ばれる専用の駐輪場が約40カ所あり、カードキーをタッチすることで停めてある自転車が借りられるシステム。乗りたい時に借りて、降りたい場所で返すことができるので、地元目線で街を楽しむ新しい観光スタイルとしても注目を集めています。

例えば、札幌市内中心部の主要観光スポットを巡るのにも便利。

さっぽろテレビ塔を起点にした場合、北には「札幌市時計台」や国の重要文化財「赤れんが庁舎」が、南に向かうと札幌市民の台所「二条市場」や「中島公園」があります。

東には「サッポロファクトリー」や「千歳鶴酒ミュージアム」、西へ走ると「円山公園」やパワースポットとしても有名な「北海道神宮」に行くこともできます。
ポロクルポートからポートへ、自由に乗り降りして街を散策しましょう
ポロクルの今シーズンの営業は2019年4月26日から。約350台ある自転車はすべてブリヂストン社製の電動アシスト車なので、坂道や長距離もラクラクです。
観光客に便利な1日パスは、観光案内所や提携ホテルのほか、全国のコンビニエンスストアでいつでも購入可能です。

気の向くままに自転車を走らせれば、札幌の街の隠れた素顔にきっと出会えるはずですよ。
ポロクル
住所/ポート(専用駐輪場)は札幌市内約40カ所
営業時間/貸出は7:00~21:30、返却は7:00~22:00
定休日/なし ※営業期間は2019年4月26日~10月31日
駐車場/なし
料金/1日パス1,500円(税抜)ほか
「ポロクル」の詳細はこちら


札幌のおすすめの食べ物
サッポロビール園
新鮮な生ラムを味わうジンギスカンは、生ビールと一緒に!
サッポロビール園食べ飲み放題4212円(税込)。リンゴやレモンの風味をいかした、特製のタレもこだわりの味
札幌グルメで絶対にハズせないジンギスカン!ここ「サッポロビール園」では、柔らかな生のラム肉と、できたての生ビール、そして北海道開拓の歴史を感じる建物が一度に楽しめるスポットです。

敷地内には雰囲気や味わいの違う5つのレストランがあります。中でもケッセルホールは、大正元年に製造された巨大なビールの仕込み釜(ケッセル)が印象的。ビアホールの開放的な雰囲気も楽しめます。

工場直送の新鮮な生ビールやジンギスカンは、食べ・飲み放題プランが賢い選択。ここで提供するのは、くさみやクセの少ない生後1年未満のラム肉だけ。カラダに嬉しい成分もたくさん含まれ、牛肉や豚肉よりもヘルシーと、嬉しいことずくめです。
サッポロビール園明治23年に建てられた赤レンガの開拓使館は、サッポロビール園の顔
ビール園のお隣には、「サッポロビール博物館」もあり、サッポロビールの歴史を知ることができます。明治時代の面影を残す赤レンガの建物や、『麦とホップを製すればビールという酒になる』という言葉が刻まれた大樽も印象的。SNS映えもバッチリな撮影スポットです。
サッポロビール園
住所/北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10
営業時間/ケッセルホールは11:30~22:00(LO21:30)、ほかは施設により異なる
定休日/なし ※12月31日
アクセス/地下鉄東豊線「東区役所前」駅より徒歩10分
駐車場/あり
「サッポロビール園」の詳細はこちら
スープカレーTREASURE
コク旨の和風だしスープとホロリと崩れるチキンが美味!
スープカレーTREASURE「定番煮込みチキンレッグ」1,100円(税込)
札幌を代表するスープカレーの行列店「GARAKU(ガラク)」の姉妹店がこちら。
「スープカレーと和風ダシの融合」をテーマにしたスープに鉄板焼きをミックスした、ワンランク上のスープカレーが堪能できます。

「定番煮込みチキンレッグ」は、姉妹店「GARAKU」から受け継いだ一番人気のメニュー。
コクと旨みがあるのに、後味はスッキリした印象のスープ。そして、大ぶりのチキンレグはスプーンを入れるだけで、ほろりと崩れるやわらかさです。食べるメニューに迷ったら、まずはこの一品をどうぞ。
スープカレーTREASURE「1日分のたっぷり野菜」1,180円(税込)
野菜どっさり!おいしさも健康バランスも満たす一皿を
お店の人気No.2が「1日分のたっぷり野菜」。
お皿にぎっしりと盛りつけられた野菜たちは、カラフルでビジュアルの楽しさも食欲をそそります。それぞれの野菜のおいしさを最大限引き出すように、調理法にもひと工夫。成人の1日に必要とされる350gの野菜がおいしくいただけます。

こちらのお店ではスープを、ブイヤベース風の「海の幸スープ」、ゴマや豆乳などにハーブをきかせた「山の幸スープ」、そしてGARAKUのスープを受け継ぎ進化させたコク旨の「オリジナルスープ」の3種から選べます。
ライスの量やもちろん辛さも自分好みにできるのが嬉しいポイント。オリジナルの一皿を完成させる楽しみも広がります。
スープカレーTREASURE(トレジャー)
住所/北海道札幌市中央区南2条西2丁目10 地下1F
営業時間/平日11:30~22:30(LO22:00) 日曜日・祝日11:30~22:00(LO21:30)
定休日/不定休
アクセス/地下鉄「大通駅」36番出口より徒歩4分
駐車場/提携立体駐車場あり。2600円以上利用で1時間無料
「スープカレーTREASURE(トレジャー) 」の詳細はこちら
麺屋 彩未(さいみ)
おろしショウガがアクセント!札幌有数の行列店
麺屋 彩未まず、最初の一杯で味わうべきはコチラ!「味噌ラーメン」780円(税込)出典:じゃらん 観光ガイド麺屋 彩未(さいみ)
札幌の有名店「すみれ」で修行を積んだご主人が、のれん分けを許され開いた店。平日、週末と行列が絶えることはなく、ランチ時には数十人が並んでいる光景も珍しくありません。

店の顔となる代表メニューは、やはり味噌。
豚骨や煮干し、野菜などをベースにして丁寧に煮込んだスープは、まろやかな味噌の甘みとマッチし、しっかりとコクがあるのに上品な余韻が残ります。

このラーメンの最大の特徴が、チャーシューの上にのるおろしショウガです。
このショウガを溶かすと、旨みの層がさらにアップ!このお店では最後の一滴までスープを飲み干してしまう人が多いのですが、その秘密はここにもあるのかもしれません。

スープに合わせるのは、札幌ではスタンダードな中太のちぢれ麺です。つるりとしたのど越しと、香り、そして適度な弾力を感じる歯触りがしっかりとスープの味をキャッチ。まさに絶妙の相性です。

具材はチャーシュー、長ネギ、炒めたもやし、といたってシンプルな構成。ですが、とろとろの肩ロースのお肉は、それだけでも通用する十分なおいしさだったり、麺の幅と同じに切りそろえられた自家製チャーシューだったりと、ひとつひとつに丁寧な仕事が施されています。

実は、お米も美味。赤井川村で作られたレアな品種を使っているのですが、ぜひラーメンと一緒に注文することをオススメします。
麺屋 彩未
住所/北海道札幌市豊平区美園十条5丁目3-3
営業時間/火曜日・水曜日は11:00~15:15、木曜日~日曜日は11:00~15:15、17:00~19:30
定休日/月曜日、その他不定休あり
アクセス/地下鉄東豊線「美園駅」より徒歩5分
駐車場/12台
「麺屋 彩未」の詳細はこちら
海味はちきょう 本店
溢れんばかりの真っ赤なルビーを目当てに行こう!
海味はちきょう 本店「つっこ飯」大4,990円、中2,490円、小1,990円
札幌市の繁華街・すすきのエリアにある「海味はちきょう」。
北海道各地で水揚げされた魚を中心に、全国からよりすぐった旬の味が存分に楽しめます。

このお店の看板メニューが「つっこ飯」。
丼のサイズを選んでオーダーすると、大きなボールにたっぷりのイクラを携えたお店の人が登場。
「オイサー!オイサー!」の掛け声とともに、目の前でイクラがのせられて行き、「あぁ!もうこぼれそう!」というギリギリのところでストップするのは、悩ましいけれどもお店の方の熟練の技です。

イクラを口に頬張れば、プチプチッと弾ける食感とともに、磯の香りが口の中いっぱいに広がります。このイクラも厳選し、質の良いものだけを自家製のしょう油漬けにしているそうです。

丼のサイズは、全部で3種類あるので、シーンに合わせて選んでくださいね。
海味はちきょう 本店漁船に載っているような気分で、北海道の美味が堪能できます
漁旗や浮き玉があしらわれ番屋のような佇まいの店がまえは、今にも磯の香りや海カモメのなき声が聞こえてきそう。都会の真ん中にあることを忘れてしまいそうな空間で、心ゆくまで旬魚鮮魚を堪能しましょう。

お店に行く際は、予約が必須です。
営業時間中は混雑のため電話がつながりにくいので、15:00~18:00の間で連絡をするとよいですよ。
海味はちきょう 本店
住所/北海道札幌市中央区南三条西3丁目 都ビル1F
営業時間/月曜日~土曜日は18:00~24:00(LO23:30) 日曜日・祝日は17:00~23:00(LO22:00)
定休日/なし
アクセス/地下鉄南北線「すすきの駅」より徒歩1分
駐車場/なし
「海味はちきょう 本店」の詳細はこちら
なごやか亭 福住店
釧路港から直送のネタが自慢!本格握りの回転寿司
なごやか亭 福住店「こぼれいくら」590円(税別)
道東・釧路市に本社を構え、札幌エリアにも9店舗を展開する評判の回転寿司が「なごやか亭」です。

釧路港にあがった旬の魚を中心に、道東から直送される新鮮なネタは、まずは一度お試しあれ。

ネタの新鮮さ、握りとの相性など、本格的な寿司屋に一歩も引けを取らない味のよさと、創作メニューも含め常時130種以上が楽しめる、回転寿司らしいバラエティ感。この二つが寿司の激戦区・札幌で、絶えず行列ができる店の理由です。

最近では、九州や四国など全国各地からの珍しい魚介もメニューに登場しています。
なごやか亭 福住店「日高産 時しらず(サーモン)」は280円(税別)。臭みがなく、素材の味がよいと評判です
なごやか亭はサーモン系のメニューも充実しています。
生サーモンや炙り、サーモンとイクラの軍艦、ネギサーモンなど、定番メニューでも10種類ほどがラインアップ。目移りが止まりません。

そして、「おいしさ」と「おもてなし」が一度に楽しめるのが「こぼれいくら」。
実演ありと実演なしが選ぶことができ、実演ありを注文すると、スタッフの方が叩く太鼓の音とかけ声に合わせて、いくらがどんどんと軍艦の上に盛られて行きます。

できあがりは、いくらがこぼれんばかり…いえ、軍艦からこぼれ落ち、お皿の上にも赤いキラキラが!口の中で弾ける食感はもちろん、お店の心意気にも感激の一皿です。
なごやか亭 福住店
住所/北海道札幌市豊平区福住3条4丁目1-45
営業時間/11:00~22:00
定休日/1月1日・2日 ※12月31日はテイクアウトのみ
アクセス/地下鉄東豊線「福住駅」より徒歩10分
駐車場/あり
「なごやか亭 福住店」の詳細はこちら
幸せのレシピ スイート 大通店/幸せのレシピ~なないろパンケーキ~
札幌の夜のシメは、旬のフルーツたっぷりのパフェで
幸せのレシピ スイート 大通店/幸せのレシピ~なないろパンケーキ~「季節の果実 舞踏会のパフェ」1880円(税込) ※果物の種類は季節によって変わります
札幌では夜の食事や飲み会の後、1日の終わりをパフェで締める「札幌シメパフェ」が夜の定番になりつつあります。夜まで営業しているカフェやレストランで、味にも見た目にもこだわったあま~いスイーツ、いかがですか?

「幸せのレシピ スイート 大通店/幸せのレシピ~なないろパンケーキ~」は、訪れた人をワクワクさせてくれる個性的なパフェが豊富。「季節の果実 舞踏会のパフェ」は、メロンやイチゴ、ラズベリーやドラゴンフルーツなど、ジューシーな果物ふんだんにあしらわれた贅沢なパフェです。

皿の中に物語が詰まったフォトジェニックなパンケーキ
幸せのレシピ スイート 大通店/幸せのレシピ~なないろパンケーキ~「なないろパンケーキ~皿の上のワンダーランド~」1380円(税込)
「幸せのレシピ スイート 大通店」には、もうひとつのお楽しみがあります。それは、日中に限定して提供しているパンケーキ。
看板メニューの「なないろパンケーキ~皿の上のワンダーランド~」は、プレーン、イチゴ、抹茶の3種のパンケーキとフルーツやアイスで七色を表現。スフレタイプのふわふわっとしたパンケーキは、口の中でスーッと溶けていくか軽やかな味わいです。
不思議の国のアリスをイメージしたデコレーションもキュート!

カラフルなパフェやパンケーキ、そしてお店の中も写真を撮らずにはいられない、かわいいビジュアルに溢れています。札幌の夜のシメに、ぜひ足を運んでみてくださいね。
幸せのレシピ スイート 大通店/幸せのレシピ~なないろパンケーキ~
住所/北海道札幌市中央区南2条西4丁目 第2コンタクトオフビル1F
営業時間/[パフェ]16:00~24:30(LO24:00)、土日祝は13:00~24:30(LO24:00)
[パンケーキ]10:00~17:00(LO16:30)
定休日/[パフェ]火曜日、[パンケーキ]月曜日
アクセス/地下鉄東西線「大通駅」より徒歩1分
駐車場/なし
「幸せのレシピ スイート 大通店/幸せのレシピ~なないろパンケーキ~」の詳細はこちら


札幌のおすすめのお土産
白い恋人
40年以上愛され続ける、北海道土産の大定番!
白い恋人「白い恋人36枚缶入」2,535円(税込)。ホワイト27枚・ブラック9枚入りです
白い恋人は発売から40 年以上愛され続ける、全国的にも有名な北海道を代表するお菓子。1947年に札幌市で創業した「ISHIYA」のロングセラー商品です。

キレイな焼き色をつけたサクサクのラング・ド・シャに、白い恋人専用にブレンドしたなめらかなチョコレートをサンド。ホワイトチョコレートのものが有名ですが、ミルクチョコレートが挟まったタイプもあり、そちらも人気があります。

札幌大通西4ビルISHIYA SHOP限定の3枚入り(200円)のほか、9枚入り(576円)から54枚入り(3,805円)まで、幅広く商品展開されているので、自分へのご褒美に、職場のお土産用にと、シーンに合わせて選べるのが嬉しいポイントです。
白い恋人
買える場所/札幌大通西4ビル ISHIYA SHOP
住所/北海道幌市中央区大通西4丁目6-1 札幌大通西4ビル1階
営業時間/10:00~19:00
定休日/なし ※1月1日
アクセス/地下鉄南北線「大通」駅北改札より徒歩すぐ
駐車場/なし
「白い恋人」の詳細はこちら
オリジナルアソートギフト
好きなお菓子を詰め合わせ。白い恋人も1枚から買えます
オリジナルアソートギフト「オリジナルアソートギフト」なら、いろんな味にもチャレンジできそう!
予算や用途に合わせて、好きなお菓子をラッピングした「オリジナルアソートギフト」は「札幌大通西4ビル ISHIYAショップ」限定のサービススタイル。

看板商品の白い恋人や、サクサクのパイとフィリング、チョコレートのハーモニーが楽しい「美冬(みふゆ)」、ギフトにもオススメの焼き菓子「i・ガトー(アイ・ガトー)」などを、ひとつから選ぶことができます。
どれにしようか悩む時間も、幸せな旅の思い出になりますね。

ショップの地下には「イシヤカフェ」もあります。英国調の雰囲気の中で、オリジナルのパフェやチョコレートドリンクなどのスイーツが楽しめ、コーヒーメニューを注文すると「白い恋人」が一枚もらえます。8:00~22:00と長い時間営業しているも嬉しいポイント。
オリジナルアソートギフト
買える場所/札幌大通西4ビル ISHIYA SHOP
住所/北海道幌市中央区大通西4丁目6-1 札幌大通西4ビル1階
営業時間/10:00~19:00
定休日/なし ※1月1日
アクセス/地下鉄南北線「大通」駅北改札より徒歩すぐ
駐車場/なし
「オリジナルアソートギフト」の詳細はこちら
生チョコレート[オーレ]
ミルクの優しい風味が魅力。シリーズ人気No.1
生チョコレート[オーレ]季節限定の商品を含め、10種類以上を展開する生チョコレートシリーズ
1983年に札幌市東区で創業したチョコレートメーカー・ロイズ。全国的に有名なチョコレートブランドですが、直営店は北海道にしかないのをご存知でしたか?

看板商品の生チョコレートは、シルクのようななめらかさが魅力。フォークでさせるやわらかさは、北海道の上質な生クリームをふんだんに使っているから。生チョコレートと相性のよい洋酒を世界中から厳選し、風味付けに使用し、時には商品のテーマにもなっています。

1995年に通信販売を開始したころは、冷蔵が必要な商品のため取り扱ってくれるお店もほとんどなく、空港の1店舗の小さな冷蔵ケースに置かれ、販売していたそうです。
ですが、各地のおいしいものに敏感なキャビンアテンダントのクチコミから徐々に評判が広がり、ロイズの看板商品となりました。

「生チョコレート[オーレ]」は、やさしい味わいに仕上げた正統派。ロイズの生チョコレートの代表作でもあります。口の中で甘さがまろやかにとけていきます。
生チョコレート[オーレ]「生チョコレート[オーレ]」778円(税込) 生チョコレート[オーレ]
買える場所/ロイズあいの里公園店
住所/札幌市北区あいの里3条9丁目21-50
営業時間/9:00~19:00
定休日/なし(年末年始は要確認)
アクセス/JRあいの里公園駅より徒歩約8分
駐車場/あり
「生チョコレート[オーレ]」の詳細はこちら
生チョコクロワッサン[オーレ]
生チョコレートとクロワッサンの嬉しい競演♪
生チョコクロワッサン[オーレ]「生チョコクロワッサン[オーレ]」195円(税込)
ベーカリーが併設されたお店では、焼きたてのパンを買うこともできます。

「生チョコクロワッサン[オーレ]」は、ココアを混ぜ込んだサックサクのクロワッサンの中に、「生チョコレート[オーレ]」のガナッシュを閉じ込めました。

クレームダマンドが生チョコを受け止め、全体をクロワッサンがまとめ上げる3種のハーモニーが口の中で楽しい一品。実は知らない人も多い、隠れた名品です。
生チョコクロワッサン[オーレ]
買える場所/ロイズあいの里公園店
住所/札幌市北区あいの里3条9丁目21-50
営業時間/9:00~19:00
定休日/なし(年末年始は要確認)
アクセス/JRあいの里公園駅より徒歩約8分
駐車場/あり
「生チョコクロワッサン[オーレ]」の詳細はこちら
かおるいえシリーズ
香るたびに蘇る、軟石に閉じ込めた北の大地の思い出
かおるいえシリーズ2012年に生まれた「かおるいえシリーズ」。牛乳でできた塗料でペイントしています。864円~(税込)
北海道各地で産出する「軟石」というやわらかい性質をもった石があります。

中でも札幌で産出するものは「札幌軟石」と呼ばれ、昔、支笏湖の火山活動で札幌周辺に流れ出た火砕流が固まったものだそう。

この石を使って作られたのが、この「かおるいえシリーズ」。吸水性にすぐれた札幌軟石の性質をいかしたアロマストーンです。

お気に入りのアロマオイルをしみこませると、ふわりとやさしく香りが立ち上り2、3日ほど楽しめます。香りが消えたらまた別のアロマにチェンジ。
かおるいえシリーズ煙突のある家、小鳥の住む家や教会など、デザインもさまざま
この「かおるいえシリーズ」はその外見にもちゃんと理由があります。

明治時代には札幌軟石の採掘も盛んに行われ多くの建物に使われていましたが、時代の流れとともに衰退し、今、札幌ではひとつの採掘場を残すだけとなりました。

味わい深い当時の建物は、おしゃれやカフェやショップに活用され愛されていますが、このシリーズは「街に残っている石造りの建物の存在を知ってもらいたい」、という軟石好きの店主の願いが込められています。

無機質なはずの石なのに、なんだかほっこりしてしまう「かおるいえ」。
北海道の旅のお土産にいかがですか?
かおるいえシリーズ
買える場所/軟石や
住所/北海道札幌市南区石山2条3丁目1-26 ぽすとかん内
営業時間/ 10:00~18:00
定休日/月曜日、第2・第4火曜日
アクセス/札幌市街地より車で30分
駐車場/あり
「かおるいえシリーズ」の詳細はこちら
MAブレンド
店舗限定ブレンドは、調和のとれた豊かな味わい
MAブレンド「MAブレンド」200g 1,512円(税込)。深い苦みの中にも甘みがあります
北海道を代表するコーヒー専門店「MORIHICO.」。1996年に円山裏参道近くで古民家をリノベーションした本店に始まり、今では北海道内に13店舗を展開しています。

北の大地ならではのコーヒーロースターが作りだすオリジナルブレンドのコーヒー豆は、お土産やさりげないセンスが光るギフトにもオススメです。

「MAブレンド」はMORIHICO.のコーヒー豆売り専門店「MORIHICO & THE ALTERNATIVE(モリヒコ アンド ジ オルタナティヴ)」」でしか買えない限定商品です。マンデリンをベースにグァテマラとコロンビアをブレンド。豆の個性が調和した、芳醇な香りと力強いボディが魅力です。
MAブレンド
買える場所/MORIHICO & THE ALTERNATIVE(モリヒコ アンド ジ オルタナティヴ)
住所/北海道札幌市中央区南1条西3丁目3
営業時間/10:00~20:00(土曜日は~20:30)
定休日/PARCO営業日に準ずる
アクセス/地下鉄「大通」より徒歩1分
駐車場/あり
「MAブレンド」の詳細はこちら
リキッドコーヒー ストレート 森の雫
ギフトにもぴったりなボトル入りのリキッドコーヒー
リキッドコーヒー ストレート 森の雫「リキッドコーヒー ストレート 森の雫」 720ml 1,620円(税込)
円山の「森彦本店」限定ブレンド豆「森の雫」を、北海道の名水百選の「羊蹄のふきだし湧水」でネルドリップ。
ギリギリまで深入りした豆の濃厚で力強い味が楽しめる、リキッドタイプの珈琲です。

濃厚な味わいと深みのあるコク、そして十分な甘みがあり、ホットでもアイスでもおいしさが変わりません。ミルクと合わせたカフェオレにもどうぞ。

ビジュアルも美しい瓶入りで、長時間美味しさをキープ。いつでも最高の状態で味わうことができます。
箱に入った高級感のある仕上がりは、特別な日の贈り物にもぴったりです。
リキッドコーヒー ストレート 森の雫
買える場所/MORIHICO & THE ALTERNATIVE(モリヒコ アンド ジ オルタナティヴ)
住所/北海道札幌市中央区南1条西3丁目3
営業時間/10:00~20:00(土曜日は~20:30)
定休日/PARCO営業日に準ずる
アクセス/地下鉄「大通」より徒歩1分
駐車場/あり
「リキッドコーヒー ストレート 森の雫」の詳細はこちら
あずき石鹸
十勝あずきで汚れを落とし、つるつるの艶肌へ
あずき石鹸「あずき石鹸」1200円(税別)。ほこほことした泡立ちです
「毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る」をコンセプトに、自然素材で作る肌にやさしいスキンケアブランド「SAVON de SIESTA(サボン デ シエスタ)」。
直営店の「Siesta Labo.(シエスタ ラボ)」には店の奥に工房があり、1000年以上昔から伝わるコールドプロセス製法で石鹸を作る様子が見学できます。

定番商品のひとつ「あずき石鹸」には、十勝産のあずきの粉末を配合しています。昔から美肌素材として重宝されてきたあずきが、毛穴の汚れを落としお肌を磨きあげ、さっぱりするのに、洗いあがりはしっとり混合肌やくすみ肌の方にオススメです。
あずき石鹸
買える場所/Siesta Labo.
住所/北海道札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F
営業時間/11:00~19:00
定休日/火曜日
アクセス/地下鉄東西線「西11丁目」駅より徒歩3分
駐車場/4台
「あずき石鹸」の詳細はこちら
雪肌石鹸
酒粕を配合。泡立てるたびに和の香りが広がります
雪肌石鹸「雪肌石鹸」1200円(税別)。部屋に飾っておきたくなる美しいパッケージ
お肌が乾燥気味の方には、「雪肌石鹸」が評判です。
小樽で酒造りを行う「田中酒造」の酒粕を加えた石鹸は、きめ細やかでもっちりとした泡。ほんのりと甘みを含んだ和の香りは、落ち着いた檜、華やかなラベンダーにサンダルウッド(白檀)をブレンドしたもの。
思わず深呼吸したくなる香りは、「日々の暮らしの中でホッとひといき」の時間を運んでくれるはずです。

「あずき石鹸」も「雪肌石鹸」も、女性の手のひらに納まる80gの定番サイズのほかに、プチサイズの10gがあります。お試しに使うのはもちろん、何種類かを組み合わせてプレゼントにもオススメです。
雪肌石鹸
買える場所/Siesta Labo.
住所/北海道札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F
営業時間/11:00~19:00
定休日/火曜日
アクセス/地下鉄東西線「西11丁目」駅より徒歩3分
駐車場/4台
「雪肌石鹸」の詳細はこちら
ショコラブラウニー
キュートな見た目と軽い食感がクセになります
ショコラブラウニー「ショコラブラウニー」115g 1,080円(税込)。デザイン性の高いプリント柄もステキです
「ショコラ専門店」が全国的にもまだ、なじみが薄かった1988年。ショコラティエ マサールは、パリの街角でショコラの味に魅了された創業者の古谷氏が、「札幌からもおいしいショコラを届けたい」という思いから始まりました。

北海道の素材の世界中からよりすぐったカカオで、ひとつひとつて手作りされるショコラは、創業から30年たった今も、地元札幌で愛され続けている味です。

お店の看板商品のひとつが、「ショコラブラウニー」。
香ばしいクルミがたっぷりと入ったブラウニーをカリッと焼き上げ、スイートチョコレートにくぐらせてコーティング。軽やかな食感と控えめな甘さはもちろん、模様がプリントされたキューブ型のフォルムもかわいいショコラです。
ショコラブラウニー
買える場所/ショコラティエ マサール 本店
住所/北海道札幌市中央区南11条西18丁目1-30
営業時間/ 10:00~19:00
定休日/火曜日
アクセス/札幌市電「西線11条」より徒歩8分
駐車場/11台
「ショコラブラウニー」の詳細はこちら
パレットサブレ
色鮮やかで華やかなデザインは、贈り物にもピッタリ!
パレットサブレ「パレットサブレ」6枚入り 1,426円(税込)。期間や店舗限定の柄もあります
食べるのがもったいないような、思わず見とれてしまう美しさの「パレットサブレ」。サクサクのクッキーがたっぷりのチョコレートに挟まれていて、ショコラブラウニーと同様にリピーターの多い一品です。

味は、しっとりとしたチョコレート感とビター感を味わえる「スイート」と、濃厚なミルクの余韻とスッキリとした甘みが楽しい「ミルク」の2種類があります。

味はもちろん、目でもおいしいチョコレートは贈り物にも、自分へのご褒美プレゼントにもオススメですよ。
パレットサブレ
買える場所/ショコラティエ マサール 本店
住所/北海道札幌市中央区南11条西18丁目1-30
営業時間/ 10:00~19:00
定休日/火曜日
アクセス/札幌市電「西線11条」より徒歩8分
駐車場/11台
「パレットサブレ」の詳細はこちら

※この記事は2018年4月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ