GLAY×ゴールデンボンバーで「女々しくて」コラボ生披露! 20曲以上のパフォーマンスに47万9千人超が熱狂した『超音楽祭2019』

SPICE

2019/4/29 01:00


4月27日(土)、千葉・幕張メッセの『ニコニコ超会議2019』にて、『超プレミアムライブ GLAY×ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019』が開催された。

『ニコニコ超会議2019』の初日に開催された『超プレミアムライブ GLAY×ゴールデンボンバー in 超音楽祭2019』。幕張メッセを訪れた超会議の来場者の誰もがGLAYとゴールデンボンバーのライブを観覧可能、というフリーライブの形式で開催されたこともあり、会場にはライブ開演前から多くのファンが集結していた。


ゴールデンボンバーのメンバー・鬼龍院翔 、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二が舞台に登場し、最初に歌ったのはGLAYの「誘惑」。この時点でファンたちのテンションはマックス状態で、鬼龍院がギターの喜矢武に対して、「ギターソロだけは生で弾いてもらおう」と言うと、バンドではエアギターの担当である喜矢武が、ステージ中央で見事な生演奏のギターソロを披露した。続いてGLAYの「彼女の“Modern…”」なども熱唱。まさにGLAY尽くしのセットリストでのスタートに、「GLAYさんの歌を聴いて育ってきた」とボーカルの鬼龍院も感慨深く語る。










さらに、「抱きしめてシュヴァルツ」では、樽美酒がTAKUROの「T」の字を自ら履いたTバックで表現。「早くGLAYさん(のライブ)を見たい」と言っていた喜矢武は、曲中に“GLAYチョップ”の特訓をスタート。喜矢武は両手を前に差し出す、“GLAYチョップ”による瓦割りまで披露した。そんなGLAYに対するリスペクトが伝わってくるような演出だけでなく、「TAKUROさんの夏」の披露や、「まさし」の歌詞を「HISASHI」に替えて歌ったりと、セットリストまでGLAY一色。










ライブ後半の「GLORY LOVE」では、会場が一体になって大盛り上がりし、このパフォーマンスにniconicoユーザーも大喜び。さらに4月10日にリリースしたばかりの新元号ソング「令和」も熱唱。バックモニターには生放送中の映像とコメントが同時に流れ、ネット視聴者たちの心は鷲掴みに。超音楽祭らしいライブパフォーマンスが繰り広げられた。ラストソングには、同バンドの代表曲「女々しくて」を歌い上げてGLAYにバトン。






ゴールデンボンバーのパフォーマンスで熱気渦巻く会場内。GLAYメンバーの登場を心待ちにしている観客の前に、ほどなくしてTERU、JIRO、TAKURO、HISASHIが登場。「ニコニコ超会議にお邪魔してます!GLAYです!ゴールデンボンバーには結構、やられましたけど、こちらは正統派ロックでいきたいと思います!!オッケー!カモン!!」と叫ぶTERUの声を皮切りに、“平成のレジェンド”バンドの一曲目はゴールデンボンバーの「女々しくて」からスタートした。これぞ対バンという形式に、会場の熱気は再び最高潮に。ライブはゴールデンボンバーも歌った「誘惑」に続き、「サバイバル」などヒット曲メドレーのオンパレードにファンたちは大興奮。










実はniconicoでは、これまでもGLAYのライブを生中継をしているほか、2015年からメンバーのHISASHIがギターテクニックを披露した“演奏してみた”動画を9回にわたり投稿している。中でも「ようこそジャパリパーク」の演奏動画は50万回再生にのぼるなど、niconicoとも縁が深いバンド。「今回、平成最後に何かいい思い出を作りたいと思って参加させていただきました」とTERUが言うと、大きな拍手が巻き起こり、「ゴールデンボンバーのみんなにも愛あるイジり方をしていただきまして、すごくうれしかったです」と続け、「Winter,again」を熱唱。一部の曲は、「超歌ってみた」ブースで生中継され、ライブにあわせて同ステージ上で様々な「〇〇してみた」ジャンルのニコニコユーザーが集合して盛り上がった。






さらに、4月26日に配信開始されたばかりの新曲「元号」も本ライブで初披露。その後迎えたラストソングは「彼女の“Modern…”」で飾り、「愛してるぜ!」と叫び舞台を後にした。








GLAY退場の後、会場では大歓声のアンコールがまき起こる。バックモニターにも「もっともっともっと!」「アンコールゥゥゥ!」などのニコ生コメントが止むことなく流れることに。すると、会場にライトが再び灯り、GLAYと、さらに対バンの前半で出演したゴールデンボンバーが改めてステージに登場。GLAYメンバーを前にして、ちょっと恐縮気味なゴールデンボンバーのメンバーたちだったが、最後には2組でコラボ特別バージョンの「女々しくて」を披露。ニコニコ超会議でしか実現しなかった一夜限りのスペシャル対バン&パフォーマンスに、会場もニコ生視聴者も一体となって熱狂。まさに”平成最後”に相応しい両雄の”伝説ライブ”は幕を閉じた。






当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ