億ション住まいでも……漫画家・柴田亜美のアウトな私生活にマツコも爆笑!

※番組に出演する柴田亜美さん(フジテレビ公式Twitter より)

 

4月25日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)では、累計発行部数600万部以上の漫画『南国少年パプワくん』の作者・柴田亜美が「パプア御殿」を公開し、やさぐれ感満載の柴田にマツコが大爆笑となった。

 

51歳独身柴田のアウト生活にマツコ爆笑!

 

東京・麻布十番にある柴田の自宅兼作業場は、10年前に1億6000万円で購入した3LDKの億ション。締め切り前に徹夜が続いていた柴田は「熟睡しないため」に20年以上使用している“こけし”を枕にし、購入の決め手となった「寝れる広さ」の廊下で10分間の仮眠を取っていた。

 

億ションに住みながらもやさぐれ感満載の柴田にマツコは爆笑の連続。スタジオの柴田は、かつて少女漫画雑誌『なかよし』でも描いていたと言い、編集者からの差し入れについて「少女漫画の編集さんは宝石箱かなと思うくらい綺麗な綺麗なスイーツなのに、少年漫画はドリンク剤しか持ってこない」と愚痴り、そうかと思いきや描き下ろしの多い少女漫画について「付録にトランプついてた時は大変ですよ。トランプ全部描き下ろさないと。バカじゃないの?『なかよし』!みたいな」と愚痴った。

 

また、そうやって頑張っても「廊下で寝てたらアシスタントさんがボソボソ言う声が聞こえてきたんだけど『あんなにお金稼いで廊下で寝てんだもんね』って言われてて。そん時は3分長く寝た。13分寝てやったわ!」とやさぐれる柴田。

 

そんな柴田のストレス発散法のひとつが、月数回プロレスラーを招きホームパーティーを開くこと。VTRでも柴田は、NOAHのプロレスラーらに自慢の手料理を振る舞い、そしてお酒が進むと「私、夢叶わなくて漫画家になったんですよ。本当は専業主婦になりたかったの。でもその時付き合ってた男が年上の女に寝取られて、婚約が流れて漫画家になったの」と屈辱エピソードを披露。

 

そしてパーティー開始から5時間後、廊下で爆睡している柴田の姿が。柴田は「ダメだな~廊下で寝るのがクセになってて。あそこ寝室だと思ってんな」と自分の醜態にダメだし。そんな柴田に大爆笑のマツコだった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ