「平成元年ってどんな年だったっけ?」平成最初の甲子園優勝校や、『あの2人』の婚約も!

grape

2019年4月30日に生前退位される天皇陛下。翌5月1日に皇太子さまが即位され、「令和(れいわ)」という次の元号がスタートします。

30年と4か月弱続いた「平成(へいせい)」。日本では、さまざまな出来事がありました。

たとえば、皇太子さまと現在の皇太子妃である小和田雅子さんとの結婚の儀を取り行われたのは、平成5(1993)年のこと。愛子さまが誕生されたのは平成13(2001)年です。

また、平成は日本人アスリートが活躍する時代でもありました。プロ野球の野茂英雄投手が、周囲の反対を押し切ってアメリカのメジャーリーグに移籍し、大活躍したのは平成7(1995)年。現在では、当たり前になっているサッカーのワールドカップに、日本代表が初出場したのは平成10(1998)年です。

ほかにも女性の社会進出が顕著な時代で、芸能界はもちろん、政界やビジネスの世界でも活躍する姿が話題になりました。

一方で、平成7(1995)年の阪神・淡路大震災や平成23(2011)年の東日本大震災など、災害の多い時代だったのも事実。世界的に見ても、平成13(2001)年に起こったアメリカ同時多発テロをはじめ、テロ事件が多かったという悲しい印象もあります。

いろいろな出来事があった平成。その元年である1989年を振り返ると、忘れていたさまざまなことに気付かされます…。

大相撲本場所の初日が史上初めて延期されたほか、あの『おふたり』がご婚約も!

平成元(1989年)年1月

※写真はイメージ

1989年1月7日、昭和天皇が崩御され、現在の天皇陛下が即位されたのは翌1月8日。その日から平成元年が始まりました。

本来であれば、平成元年1月8日に初日を迎える予定だった大相撲初場所。しかし、昭和天皇の崩御を受けて、初日が翌1月9日の月曜日に順延されます。

ちなみに本場所が15日制になって以降、初日が日曜以外に行われたのは初めて。これ以外にも大相撲にとっては時代を象徴する力士が関取としての第一歩を踏み出した年でもあったのですが、それはまたのちほど…。

平成元(1989年)年2月

漫画の神様と呼ばれ、数々の名作を世に送り出してきた手塚治虫さんが亡くなったのは平成元年2月9日

『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』などは、平成が終わろうとしている現在も、多くの人を魅了し続ける名作です。

「仕事場には、未完成の作品や新作のアイディアが残されていた」といわれ、それらの作品の完成を待たずして亡くなった手塚先生の早すぎる死を多くの人が悼みました。

平成元(1989年)年3月

※写真はイメージ

現在では、各駅の特徴の1つとなっている電車発車時のメロディ(通称、発車メロディ)。

実は初めて導入されたのは、平成元年3月11日で、場所はJR東日本の新宿駅渋谷駅でした。

以前から「発車時のベルの音が不快だ」という乗降客の苦情があり、楽器メーカーのヤマハに開発を依頼。人の心を落ち着かせるようなメロディが採用されたといいます。

平成元(1989年)年4月

平成元年4月1日に導入された消費税。当初の税率は3%でしたが、平成9(1997)年に5%、平成26(2014)年に8%になりました。

当時の首相は故・竹下登さんで、タレントのDAIGOさんの祖父。消費税が導入された時、11歳だったDAIGOさんは「超バッシングされた」と、同級生に責められた過去を語っていました。

そういったバッシングを竹下総理も肌で感じていたのでしょう。消費税導入初日に、妻と日本橋・三越を訪れ、ネクタイを購入していました。

3月26日に開幕した第61回選抜高等学校野球大会(通称、センバツ)。4月5日の決勝戦で、延長の末に勝利したのは愛知県代表の東邦高校…平成最初の甲子園で優勝を果たしました。

また、平成最初の甲子園で東邦と決勝を戦ったのは、大阪府代表の上宮高校。種田仁選手や元木大介選手は決勝で敗れたものの、その後プロ野球入りし、スター選手に。

特に元木選手は、平成16年の2005年シーズン終了後に現役を引退し、タレントとしてさまざまなバラエティ番組に出演。2019年シーズンから読売ジャイアンツ(以下、巨人)の一軍内野守備兼打撃コーチに就任したため、新しい時代を野球界に身を置いて迎えることになります。

ちなみに、平成最後の『甲子園』となった第91回選抜高等学校野球大会で優勝したのも、平成最初の甲子園王者である東邦高校。平成の『甲子園』は「東邦に始まり、東邦に終わった」といえるのではないでしょうか。

平成元(1989年)年5月

マサカリ投法というダイナミックな投球フォームで活躍した、プロ野球の村田兆治投手が平成元年5月13日に200勝を達成しました。

翌1990年シーズン終了後に引退した村田投手の通算成績は215勝。引退後も、衰えを知らぬ投球で、さまざまなイベントに出演するなど活躍しています。

ちなみに、村田さんが持つ現在も破られていないプロ野球記録は暴投数。通算148暴投は断トツの1位で、ダイナミックな村田さんらしい記録です。

平成元(1989年)年6月

昭和を代表する歌手、美空ひばりさんがこの世を去ったのは平成元年6月24日、52歳でした。

戦後の日本を、歌で元気づけたといわれるひばりさんは、幼少期から歌手として活躍。国民的な人気を獲得後も精力的に歌い続け、死の前年(1988年4月)にもオープンしたばかりの東京ドームでコンサートを行いました。

同1月11日にリリースされた『川の流れのように』は、現在も歌い継がれる名曲で、ひばりさんの遺作でもあります。また、同7月には女性として初の国民栄誉賞を受賞しました。

ちなみに『川の流れのように』の作詞を担当したのは、のちにAKBグループをプロデュースするなど、さまざまな分野で活躍している秋元康さん。当時と変わらず、第一線で活躍する姿を見て、ひばりさんも喜んでいる…かもしれません。

平成の大横綱が関取としての第一歩を踏み出した平成元年

平成元(1989年)年7月

平成元年7月に公開された、宮崎駿監督の映画『魔女の宅急便』

スタジオジブリの知名度を一気に高めたともいわれる作品で、その後地上波でも数十回放送される人気作です。

2018年1月8日に行われた14回目の放送でも平均視聴率が12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に達するなど、平成が終わろうとしている現在でも多くのファンを魅了しています。

平成元(1989年)年8月

平成元年8月9日に開幕した第71回全国高等学校野球選手権大会(通称、夏の甲子園)。

8月22日に行われた決勝戦で、平成最初の『夏の王者』に輝いたのは、のちにプロ野球で活躍する吉岡雄二選手擁する帝京高校(東東京)でした。全5試合に先発し、3完封、1失点という圧巻のピッチングで優勝した吉岡選手は同年に行われたドラフトで巨人に指名され、入団。

国内のみならず、メキシコにも活躍の場を求めるなど、さまざまな経験を積んだ吉岡選手は現役引退後、指導者の道へ進みました。独立リーグなどを経て、2017年シーズンからは北海道日本ハムファイターズの2軍打撃コーチとして活躍しています。

平成元(1989年)年9月

平成元年8月26日に、礼宮殿下との婚約内定が報じられた川嶋紀子さん。9月12日に開かれた皇室会議で可決され、同日おふたりで記者会見を行いました。

多くの国民から祝福されたおふたりは、昭和天皇の喪が明けた翌平成2(1990)年1月の納采の儀を経て、同6月29日にご結婚されます。

その後、眞子さま(平成3年10月23日)、佳子さま(平成6年12月29日)が誕生され、平成18(2006)年9月6日には悠仁さまがお生まれになりました。

『平成の大横綱』と呼ばれた、花田光司さんが当時の四股名である貴花田として十両に昇進を決めたのが9月26日。17歳2か月での十両昇進は史上最速で、現在も破られていない記録です。

その後の活躍はいうまでもありませんが、20歳5か月の若さで大関に昇進し、貴ノ花に改名。大関で若干足踏みをするも、貴乃花に再改名後に横綱に昇進しました。

ライバルとしてしのぎを削った曙や武蔵丸との死闘は現在も語り継がれる名勝負ばかりで、記録はもちろん記憶にも残る力士として多くの人から愛されました。

特に平成13(2001)年5月場所の優勝決定戦で見せた鬼気迫る上手投げは印象的。表彰式で当時の首相・小泉純一郎さんが贈った「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!」というセリフと共に、人々の心に刻み込まれていることでしょう。

平成15年(2003)年に現役を引退すると、親方として後進の指導に当たりますが、さまざまな理由から2018年9月に相撲協会退職。平成の終わりを待たずして、相撲界から身を引きました。

平成元(1989年)年10月

平成元年10月21日に開幕したプロ野球の日本シリーズ。巨人と近鉄バッファローズ(以下、近鉄)による戦いは第7戦にまでもつれ込みました。

第1戦から3連勝したのは近鉄。「あと1勝すれば日本一」という圧倒的有利な状態だったにも関わらず、そこから巨人に4連勝を許し、日本一を逃してしまいます

大逆転劇の理由について、一説には「第3戦終了後のインタビューで近鉄の選手が相手を侮辱するような発言をして、巨人の選手が奮起したから」とも語られますが、真相は不明。

「当時、巨人の主力選手として出場していた原辰徳選手が第5戦で放った満塁ホームランが雰囲気を変えた」と語る人もいます。

その後、時は流れ、2019年シーズンから原さんが巨人の監督に就任(3度目)。新しい元号で、最初の日本一に輝く…そんなストーリーを巨人ファンの多くが期待しています。

平成元(1989年)年11月

旧東ドイツが、自国の体制を守るために突如、ベルリン市内に壁を造り上げたのが昭和36(1961)年8月。

東西ベルリン間の往来が遮断され、西ベルリンの周囲は有刺鉄線で隔離されました。その後、コンクリートの壁が建設され、東西冷戦の象徴ともいうべきベルリンの壁ができ上がったのです。

それから約28年…東欧革命に伴い、東ドイツ国内が混乱。東ドイツ政府の不用意な発表が引き金となって、平成元年11月10日にベルリンの壁が崩壊しました。

日本の出来事ではないものの、多くの人がニュースに釘付けに。新しい時代の幕開けを象徴する出来事でした。

平成元(1989年)年12月

※写真はイメージ

『ジャンボ宝くじ』が始まったのは1979年。当選金額は少しずつ上がっていき、平成元年12月31日に抽選が行われた第270回全国自治宝くじで初めて1億円を突破(1等前後賞合わせて)しました。

その後、2015年年末には1等前後賞合わせて10億円の大台を突破。「よく当たる」といわれる販売所には、夢を求めて多くの人が行列をつくるなど、年末の風物詩ともいうべき存在になっています。

平成から次の元号へ

政治からスポーツ、訃報からおめでたい話まで、さまざまな出来事があった平成元(1989)年。もちろん、人によっては「こらちのほうが印象に残っている」という出来事もあるでしょう。

それでも、平成元年の出来事を振り返ってみると、その後、平成という時代に大きな影響を与えた人たちの熱気が感じられます。

「令和」はどのような時代になるのでしょうか。もちろん、それがどんな時代であっても動かしていくのは昭和・平成生まれの人たちです。

そして、その元年には、令和を象徴するような人物の熱気を感じられるような出来事が起こるに違いありません。

改元特集のほかの記事はこちら!


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ