長渕剛、20年ぶり映画主演作で男泣き「ヤバイ! と思うくらい出てくる」

クランクイン!

2019/4/25 15:42

 シンガーソングライターの長渕剛が25日、都内で行われた映画『太陽の家』のキャスト発表記者会見に飯島直子、山口まゆ、潤浩、広末涼子瑛太、権野元監督と出席した。自身の主演映画についてたっぷりと語った。

【写真】長渕剛、飯島直子、広末涼子、瑛太ら豪華キャスト陣

長渕にとって約20年ぶりとなる映画主演作。主人公の棟梁・川崎信吾を長渕、信吾の妻・美沙希を飯島、信吾の娘・柑奈を山口、信吾と関わっていくシングルマザーの池田芽衣を広末、芽衣の愛息子・龍生を潤、信吾の愛弟子・河井高史を瑛太が演じる。今月1日にクランクインし、来年公開を目指す。

20年ぶりの主演映画に長渕は「僕ね、20年ぶりと言われるのが嫌でね、まるでこれまで遊んでいたみたいだから」と微笑しつつ、「この現場に携わることができて最高ですね! まさにファミリーです。笑顔の絶えない毎日で、きれいな方にも囲まれて、映画界のカリスマ・瑛太もいて、かわいい孫ができたようなものです」と気色満面。撮影現場では「俺の実人生にこういうことがあるのかなぁ? と涙が出たり、父や母、妻や娘のことを思い起こしたり。この映画には『いいなぁ』という響きがある。涙が、ヤバイ! と思うくらい出てくる」と振り返った。

長渕とプライベートでも親交のある瑛太は、亡くなった自身の父親と同郷の長渕に父性を感じているようで、今回の共演に「今にも涙が溢れそう」とウルウル。それに長渕は「どこからどこまでが本気かわからない」とおどけつつ「瑛太はかわいくてしょうがない。普段の瑛太も芝居をしてる瑛太も、不可思議な男でね。風のように現れて風のように去っていく。もうかわいくてしょうがない」と破顔。普段から電話するような仲で「瑛太という青年にはお父さん的な気持ちになるときもあるけれど…かわいくてしょうがない」と固い絆に思いを寄せた。

妻役の飯島に長渕は「飯島さんが来られた瞬間にフラフラ~と寄って行っちゃった。人生がもう一度あったらなぁと思たり」とゾッコンも、「早朝から僕の顔をひっぱたくシーンがあって、3度ひっぱたかれました。3発目は思い切りヒット!」とニヤリ。まだ完成前だが、長渕はストーリーを細かく説明しだし、権野監督から「長渕さん、そろそろネタバレ部分に…」とストップをかけられるほど終始饒舌だった。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ