BugLug 新曲MVの主演はamazonの“ライオン犬”、感動ストーリーで名演技

SPICE


BugLugが3月にリリースしたシングル「しこたま / 泡沫に咲く柔な花」の収録曲、「泡沫に咲く柔な花」のミュージッククリップを公開した。

「泡沫に咲く柔な花」は、切ないラブストーリーが描かれた、泣きのギターフレーズが印象的なバラード曲。ミュージッククリップは、BugLugメンバーの演奏シーンなどを排し、“病”という運命に翻弄される一組のカップルを追ったショートムービーとなっている。

そのカップルを演じるのは2頭のゴールデンレトリバー。擬人化された犬が主演を務めているという違和感も、作品が進むにつれて、主演が犬であることにより俳優への先入観なく主人公の心の動きにのみ集中してストーリーを追える感覚になっている事に気づく。

そして、そんな不思議で感動的な映像作品となる為に大きな役割を果たしているのが、ストーリーを見事に表現しているゴールデンレトリバーたちの表情や演技力。実は主演のゼウス君は、amazonのCMでライオンを演じた演技が話題となった天才犬だ。


BugLugは、6月16日(日)に『BugLug presents 秘密基地~Secret base at HIBIYA YAGAI DAIONGAKUDO~』と題し、通算4度目となる日比谷野外大音楽堂ワンマンライブを開催する。客席を「レギュラー席」「すっぴん限定席」「ロリータファッション限定席」「制服限定席」「男限定席」「男装限定席」「カップル席」、さらにはプロレスマスクの着用を義務付けた「マスクマン限定席」、白いヘルメットの着用を義務付けた「ヘルメット限定席」チケット代が大幅に割引された「新人さんいらっしゃ~いAREA」という様々なブロック割りを発表して既に話題となっているが、この公演のチケット一般先行受付が5月1日よりスタートする。


当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ